MATCH

MATCHタイトル


  1 おかしいけれど、思ったのです!  【 1 】 【 2 】 【 3 】 【 4 】 【 5 】
  2 どうしてなのかな?        【 1 】 【 2 】 【 3 】 【 4 】 【 5 】
  3 みなさん、ご注目!        【 1 】 【 2 】 【 3 】 【 4 】 【 5 】
  4 この間って何?          【 1 】 【 2 】 【 3 】 【 4 】 【 5 】
  5 足りないところが多すぎる!    【 1 】 【 2 】

5 足りないところが多すぎる! 【5-2】

続きを読む

5 足りないところが多すぎる! 【5-1】

5 足りないところが多すぎる!

続きを読む

また、1つ先を目指します! (創作編)

また、1つ先を目指します

みなさん、1年に1度のご褒美、ありがとう!


10月23日に『発芽室』が11周年を迎え、先日、アンケートにご協力いただきました。

一気に内容をと思いましたが、自分が書き込むと長すぎるので、

内容を2回に分けて結果を書き込みます。

全体で、34名の答えをいただきました(一人1回なので)

今回は、『作品編』ということで。


Q4.『さあ、お気に入りを買いに行こう』
  (KISE百貨店の中で巻き起こる話……2018.12~)について


最後まで読みました     33
途中でやめてしまいました
読んでいません        1


Q5.『さあ、お気に入りを買いに行こう』に一言感想をつけるとしたら……

もっと先を読んでみたかった              13
ラストはこれで納得                  20
読んでいない、読み終えていないのでわからない    1


Q6.『cross road』
  (高校の同級生、10年間の歩み……2019.7~)について


最後まで読みました     32
途中でやめてしまいました    1
読んでいません        1


Q7.『cross road』に一言感想をつけるとしたら……

もっと先を読んでみたかった              22
ラストはこれで納得                 10
読んでいない、読み終えていないのでわからない     2


どちらも、最後まで読んでいただいた方がほとんどでよかったです。

(読めなかったという方にも、理由をいただけました。
いつでも大丈夫なので、みなさんのご都合で)

終わり方に関しても、それぞれ違いますが、納得ともう少し先……という感想は、

それぞれが私の思った感覚と同じだったので、よかったなと思っています。

『想像してもらいたいな』という部分もあるので、これからも色々考えながら。


Q8.『発芽室』11年分の長編創作(サークル時代のものは★マークです)
好きなもの、印象に残っているものを、4つあげてください


今回、楽しみにしていた問いなので、全作品に票をいただけたのは、すごく嬉しいです。

1票(2.9%)
Ripple of the love ・ Regret

どちらもテーマは『復讐』でしたので、読んでいる途中が結構辛かったかも。
でも、覚えていてくださって、嬉しいです。


2票(5.9%)
Angel's ladder

両親を事故で亡くした歩の話。『ダイアナ・ロス』の歌を、よく聴きながら書きました。
自分が犬が好きなので、『動物』を出そうとすると、犬になるんですよね。


3票(8.8%)
サイダー ・ 君に愛を語るとき ・ 君に奏でる愛の詩
同じような空の下で ・ Green Days ・ 星の降る夜に
プレラブ


『君に……』シリーズは、加害者と被害者が相手になるという共通点がありました。
『星の降る夜に』から、今のような1話を分けて連載の形を取っています。
全然色っぽくないものも、逆に大人のシーンを多くしたものも入ってますね。
みなさんの選ぶポイントは、そこじゃないと言うことですね(笑)


4票(11.8%)
ベルウッドへようこそ ・ Flow ・ Colors

『ベルウッド……』は、現在、ここではまだ読めないのに、覚えていてくださって、嬉しいです。
紋次郎の写真が揃ったら、必ずこちらにも出しますね。
『Flow』は歪みをテーマにしていて、
『Colors』はそれぞれの色があるように、『個』を意識しました。


5票(14.7%)
碧い海のように ・ ケ・セラ・セラ

どちらも『一つの会社』があり、兄弟や従兄弟という共通点があります。
あ、でも、女性のキャラは、全然違ったな、この2つ。


6票(17.6%)
cross road

一番最近の創作なので、イメージも残りやすかったと思いますが、
書き上げた時間は、この中のどれより短いです。一気に書きました。
2ヶ月くらいだったかも。


7票(20.6%)
TRUTH

最初、サークルにあげたものでしたが、途中でブログに変えた作品です。
一人の男の光と影。『一番印象に残っている』と感想もいただきました。


8票(23.5%)
Dressing

主人公の女性を包む男というより、互いにぶつかり合う相手を書きたくて、
職業は『主張するだろう』と勝手に思う(そう、私が勝手に思う・笑)
家具のデザイナーを選びました。
連載時にには、『もう少し優しくしてあげて』とか、
逆に『しっかりして』と意見をいただいたこと、思い出します。
だから印象に、残っているのかな……


9票(26.5%)
S&B ・ 素顔のままで

『S&B』、たくさん票をいただいて嬉しい。『発芽室』初めての長編連載でした。
サークルを飛び出したはいいけれど、みなさん読みに来てくれるかなと、いつも心配で。
私にとっても、印象深いものです。
『素顔のままで』は、先ほど(碧い海……のところに)も少し出てきた
『一つの会社、兄弟もの』です。
これを書こうと思った時、一つ上のランクにある作品からヒントを得て書きました。
あまりにも設定が同じではつまらないので、ヒロインや相手になる兄弟の性格や環境は、
もちろん、少し変えてますけどね。
実は同じ『不動産関係』なんです。うふふ……


10票(29.4%)
again ・ はーとふる

『again』は、サークルで連載した時、100以上のコメントをいただいたものでした。
『一つの会社、兄弟もの』、ヒロインは子持ちの女性だったので、
彼女の息子『大地』のセリフに、自分が泣けた記憶があります。(あはは……恥ずかしい)
『はーとふる』は人気俳優と、そのマネージャーが実は恋人同士という、
『妄想、空想フル回転』の創作です。(いや、全部そうなんですが……)
正直、この票数をいただけて、びっくりしているところもあります。


12票(35.3%)
さあ、お気に入りを買いに行こう

いや、ビックリと言えばこっちかな。
おそらく、連載終了から日が経っていないので、印象にあったのかなとも思いましたが、
私はこういう『会話もの』の創作、書いていて楽しいのですが、色っぽいシーン皆無なので、
驚いている方が強いかも。
あ、でも、広瀬のキャラが大好きだと、感想をくれた方が、確かにいらっしゃって。
そうか、そこか?(笑)


18票(52.9%)
リミット

『ももんた』として、初めて書いた創作がこの『リミット』です。
おそらく、1番だろうなと思ってはいましたが、ここが11年と言うことは、12年以上前でしょう。
ここからみなさんが付き合ってくれているのかというのも、驚きでもあり、
メチャクチャ嬉しくもあります。
『深見亮介』は私が自分の理想を、ペタペタ貼り付けて出来たキャラなので、
未だに思い入れは強いです。咲と亮介、いくつになったのかな……


今回、みなさんの票を見て、自分にも色々と発見がありました。

『リミット』も『さあ、お気に入りを……』も両方、『お仕事シーン』が多いものです。

これからも、そんな普通の人たちを書いていきたいですし、

『リミット』を越える! というものも、書けたらいいなとも思いました。


ブログ全般の質問と、みなさんのコメントに関するお返事は、
また、次のつぶやきに書かせていただきますね。
長くなってしまって、すみません。今日は、この辺で……




『悩み』も『挫折』もプラスになるなら、今の私も悪くない!  『MATCH』 はこちらから




コメント、拍手、ランクポチなど、みなさんの参加をお待ちしてます。 (。-_-)ノ☆・゚::゚ヨロシク♪

4 この間って何? 【4-5】

続きを読む

4 この間って何? 【4-4】

続きを読む

4 この間って何? 【4-3】

続きを読む