100になりました

                新たなスタート!

              色鉛筆で描く、少しぼけたような色合い、私、結構好きなんですよね。



いつも、訪問ありがとうございます。

今日も『えるすて・りーべ』の更新を終えました。

あちらはブログとは違う構造になっているので、なんと、今日で100ページを迎えてます。

(1ページずつが短いですけど……)


なかなか、みなさんの声を聞かせてもらうのは難しいのですが、

あちらに載せたからなのか、『初めて訪問』が、ブログに増えているようです。


初めての方、こちらはブログです。

ここにも同じように創作がありますし、私の日常生活のぼやきなどもあります。

どうぞ、ごゆっくり……

と、挨拶しておきます(笑)


まぁ、ちょっと向こうに感想は書きにくいかなとは、私自身も思うのですが、

これからでも大丈夫、つぶやきたくなったら、いつでもつぶやいてみてください。

それは絶対に無理です……も大丈夫。

カウントが上がるのは、楽しみにしてもらえている証拠だろう……と、思い込んでます(笑)



『えるすて・りーべ』



英語だと『First Love』となる『初恋』ですが、ドイツ語だと『Erste Liebe』となるんですね。

主人公結衣は、偶然15年前の初恋相手、葛西太郎と仕事をすることになり、

始めは戸惑いながらも、少しずつ息を合わせていきます。

太郎が『ドイツのサッカー』に憧れていたという設定があり、このタイトルをつけました。


二人が所属しているのは、中堅お菓子メーカーなのですが、

私、自慢じゃないですけれど、営業などしたことがありません。

ですので、以前テレビで見たドキュメンタリーの記憶から、色々なエピソードを生み出してます。

いつも思うのは、その仕事を実際にしている方から見て、

あまりにも違和感がないようにしたいということなのですが、どうなんだろう……。


社会人として働いている以上、仕事の場面を入れたいな……と、どの作品でも思うのですが、

職種が変わると、あれこれ考えるのも結構苦労します。

まぁ、それも含めて楽しいんですけど。


今回は、ちょっと大事なことが語られます。

今までよりも、もう少し深く、結衣の気持ちが見えてくるはず……


ちょこちょこの更新におつきあいも嬉しいですし、一つの章が終わってから読んでくれても結構です。

お時間のある方、よかったら、おつきあいしてみて下さいね。


あまりの暑さに、創作が前へ進まない……

『創作2兄弟』も蓄えが減ってきました。

突然、ブログ閉鎖とならないように、少しずつ進むように頑張ります。





本日更新! 『えるすて・りーべ』は、100Pまで更新中! (携帯の方は、左のリンクから) 


マネージャーたまご史香と、人気俳優淳平の恋
『はーとふる』は【42 大事なこと(11)】まで更新中



意地っ張りの友海、少しおせっかいの航。二人をつなぐのは?
『碧い海のように』は【45 水の流れに】まで更新中




小さな幸せ、大きな喜び!
励ましの1ポチ、よろしくお願いします。

コメント

非公開コメント

ごめんね

更新されるたび読んでます。
暑いのにちゃんと書いているな~と感心してます。何かと理由をつけて直ぐやめる私とは大違い。
でも私も今日漸く一つ書き終えました。
サークルのほうに載せるかどうかは???です。

『えるすて・・』
太郎君まだ気づかない。結衣はとうとう告白するか? でも彼女が居るって知っていてするかな?
仕事が順調なだけに寂しい気持ちになるよね。
そして風馬の存在・・・まさか?まさか?
太郎が焼きもちなんてことに?(超期待!)

私も読んでます♪

こんばんは^^
ちゃんと2日おきに読んでる結構律儀な読者ですが
コメントは残してません~><

寂しくなる一方のこのネット社会の中
毎日アップしてくれるももんたさんは
私にとっては、救いの神のよう存在です。
ので、どうぞよろしくお願いします~

どこに載せるのかな?

yonyonさん、こんばんは

>更新されるたび読んでます。
 暑いのにちゃんと書いているな~と感心してます。

いつもありがとう。
あ、でもね、今書いているわけじゃないのよ、
もう書き終えているから、ただ、載せているだけ(笑)
この季節に、書き進めるのは、難しいわ。

サークルに載せないの?
どうして? もしかしてブログでも開始する?

『えるすて』の方は、動き始めました。
『?』をたくさんつけながら、読んでみてください。

感謝です

れいもんさん、こんばんは

>寂しくなる一方のこのネット社会の中
 毎日アップしてくれるももんたさんは
 私にとっては、救いの神のよう存在です。

確かに、近頃、ネットの顔出しは
減ってしまいましたね。
サークルでも……

そんな中、色々と用事を済ませ、
遊びに来てくれて、嬉しいです。
こちらこそ、れいもんさんが読んでくれる……
これはとっても励みになってます!
ありがとう!