25 金まみれの愛情

25 金まみれの愛情


幸い、入院した父の容態は疲れがたまっているだけのようで、

深刻な病気を心配するものではなかった。

『陽香里』にいる沙織も、何度か手紙を書き、離婚して欲しいと訴えているが、

杉町は一向に首を振らないという。

さらに、井ノ口雅美との間に生まれた子供を、

沙織と自分の養子にして育てようとまで提案し、周囲を呆れさせていた。


「杉町翔の母親は後妻だ。長男は前妻の息子だから、母親にしてみると、
孫が『Takamiya』全てを相続したら大喜びだろう。
元々、父親が出入りしていた店の女性で、
まだ正妻が亡くなる前からの愛人だったそうだから、
同じような立場の井ノ口雅美へ偏見もない。
むしろ、この離婚に抵抗しているのは、杉町本人だけなはずだ」


父から杉町の話を聞きながら、なぜか全ての人間が、哀れな気がしてならなかった。

生まれた子供も、別の母親を括り付けられようとされ、

産んだ井ノ口雅美も、一人の女としては、杉町本人が存在を認めてくれていない。

そして、自分の欲が優先し、息子の意見も耳に入らない母親と、

そんな家族をまとめきれない父親の存在に、僕はなんとしても早く、

沙織を救い出してやりたいと、大きく息を吐く。


「沙織さんが離婚するのには、それなりのところに願い出ていくしかないだろうな。
話し合いだけじゃ、向こうも折れないだろう」

「はい……」


それは沙織の母親も感じていたらしく、以前、杉町家の家政婦をしていた女性に、

状況を語ってもらえるよう、すでに話を振っていた。

女性は沙織のことを心配し、自分の発言が役に立つのなら、

見たことは全て話すと言ってくれたらしい。

全ては、少しずつ動く時間が解決すると、そう思っていた。




しかし……




「『三宝製薬』?」

『話をしてくれると言った家政婦さんのご主人が、働いている会社だそうだけれど、
杉町さんが圧力をかけたらしくて。『Takamiya』との取引を全て停止したいと言ったって。
そんなバカな話があるもんなのかね』


あの時と同じだった。

僕への思いに、心を折らなかった沙織に、最後のとどめとばかりに杉町が放ったのは、

『Tosp』への揺さぶりだった。大手の店を経営している強みを武器にし、

とても考えられないことを、平気で行おうとする。

めぐみの母親は、いつものように何があっても戦うと威勢のいい言葉を口に出すが、

それは杉町の恐ろしさを知らないから、言えることだった。


「沙織は……」

『午後から、海を見に行きたいと言って、出て行ってますよ。
近頃、海を見に行くことが多くて。
潮風が気持ちいいんですなんて言っていたようだけど……。
どうしたらいいのか、沙織さんも悩んでいるんじゃないのかねぇ』


沙織のことだ。

家政婦として一生懸命働いてくれた女性に、迷惑がかかるくらいなら、

あの悪魔の棲む家へ、戻ろうとするかもしれない。

少しずつ時間をかけて回復してきた笑顔や優しさも、

また、閉ざされてしまうかと思うと、胸が張り裂けそうになる。

僕はすぐに手帳を取り出し、明日の予定をチェックした。

秘書室へ連絡を入れ、一つだけ入っている打ち合わせの日付を変えてもらおうとすると、

扉を叩き入ってきたのは葵だった。


「どうしてお前が来るんだ」

「どうしてってどういうこと? お兄ちゃん知らないの? 
私、お兄ちゃんのそばで仕事を覚えるようにって、叔父様たちから言われているのよ。
システム管理部で、細々したことをしているより、その方が全体像が見られるって」

「そんな必要はない。その仕事をしてくれる人は別にいる。
仕事の中身などまだ何もわかっていない葵に、何が出来るんだ。
お前にはお前の場所が用意されている、しっかりそこで働きなさい」


沙織のところに脅迫めいた手紙を送ったことも、わかっていてあえて黙っていた。

それを攻め立てると、また沙織に刃が向くはずだ。


「お兄ちゃんをちゃんと管理していないと、
仕事よりも、熱心に行動する趣味がどこかにあるみたいで……」


葵は、そんな言葉を吐きながら、机に置いた手帳を手に取ろうとした。

僕は、そうはさせまいと、すぐにポケットにしまう。


「とにかくそんな必要はない。ここを出て行きなさい」

「行かないわよ、このことについては、お母さんにもちゃんと話をしたんだから」

「……お母さん?」


高笑いをする大叔父と、葵の言いなりにしかなれない母の姿が目に浮かんだ。

『Tosp』を継ぎたいのなら葵と結婚することを望む二人の本音は、

僕を押し出したいのか、それともただ、葵がかわいいだけで振り回されているのか、

全くわからない。

僕は、これ以上葵と語っていても時間の無駄だと思い、かけてあった上着を取る。


「明日、『陽香里』へ行くのなら、私も行くから」

「来なくて……」


また……

どうして僕が『陽香里』へ向かおうとしているのが、葵にわかるのだろうか。


「杉町が、『陽香里』へ行くのか?」

「そうよ。杉町さんは、沙織さんを東京の病院に入れようとしているみたい。
精神科の有名な先生がいらして、事情を説明したら、ぜひ僕のところへって、
そう言ってくれたらしいの。よかったじゃない。あんな田舎にいるよりも、
専門家の治療を受ければ、あっという間に……」

「お前……杉町と会っているのか」

「先輩を通じて、迷惑だって話は常にしているわ。うちは杉町家の騒動に、
巻き込まれているだけだって」


妹だと思わなければ、葵を殴っていたかもしれない。

沙織への愛しさと反比例するように、葵への憎しみが心に広がり始める。

葵は頼みもしない紅茶のセットをテーブルに置き、

ティーポットの中にお湯を注ぎ始めた。

振り切って出て行こうとも思ったが、

杉町がどうして葵に声をかけたのか、聞き出したくなる。


「沙織の父親が、『陽香里』へ残ることを決めたはずだろ。
東京の病院に入る意味など……」

「沙織さんが何度も離婚のことを持ち出すから、
落ち着いた場所で話しがしたいんだそうよ。
『陽香里』の中にいたら、周りを気にして本音を語ることも出来ないって」


飲みたくもない紅茶が、湯気を上げながら僕の前に現れる。


「杉町さんは、沙織さんの本音を聞きたいの。
あくまでも夫婦の二人が、別々に暮らしていたら話し合いにもならないから、
だから一度東京に戻ってくれって、そう沙織さんに連絡したらしいけど……」


何が本音だ。東京に戻ったら、どうなるのかなんてすぐにわかる。

杉町は、あらゆる方法で沙織を縛りつけ、言葉など出ないようにするつもりだろう。


「沙織は……」





「沙織さんも了承したって」





信じられなかった。

僕ともう一度と誓っておきながら、

どうして沙織がそんな馬鹿げた話しに納得するのかと、

葵に言い返しても仕方がないと思いながら、言葉をぶつけてしまう。


「お兄ちゃんはわかっていないのよ。いつまでも恋愛ごっこしているつもり?
男と女は複雑なの。お兄ちゃんが思っているよりも、
二人はしっかり夫婦になっていたってこと……。
駄々をこねて、色々細工しても、本当は杉町さんが来ることを、
願っていたってことじゃないの?」


『愛情』という言葉に姿を変えた、『悪魔の声』がまた沙織に絡みつき始める。

葵は、杉町から僕が二人の話し合いを邪魔しないよう止めて欲しいと

頼まれたことを語り出した。

人は、どこまでも罪深く出来ているらしい。


「杉町さんと私の思いは……同じってこと」

「同じ?」

「いつまでも目を覚まさない二人に、現実を思い知らせるために……」


紅茶のカップを手に持ち、口角をあげて笑う葵を残し、

僕はそのまま部屋を出た。杉町がどんな理屈を並べても、葵が何をたくらんでも、

僕の思いは変わることがない。沙織は絶対に東京へは戻さない。

その気持ちを強く心に刻み、『陽香里』へ向かうための準備をした。





朝早くに目を覚まし、船へ飛び乗った。

葵を連れて来るつもりなどなかったので、もちろん声もかけなかったが、

あいつのことだ、本当に来る気持ちがあるのなら、

どんな状況になっても、追ってくるだろう。

杉町は、沙織のそばで僕が動いていることをすでに知っている。

どんな形であれ、沙織が東京へ戻ってしまっては、取り返しがつかない。

僕への憎しみが、沙織へ向くことを思うと、何があっても阻止してみせると、

手すりに触れる手に、自然と力が入った。


それにしても海の色は青く、そしてどこまでも続くような深さに、

僕は吸い込まれそうになる。





『近頃、海を見に行くことが多くて』





めぐみの母は、沙織が近頃、海ばかり見ているとそう話していた。

海を見ることは悪いことではないが、

この海の青さには、綺麗な裏側に恐ろしさが潜んでいる気がしてしまう。



『沙織さんも了承したそうよ』



沙織が、杉町との部屋に戻ることを受け入れたことが信じられなかった僕に、

この海がある可能性を教えてくれる。



もし……沙織が、杉町に最大限抵抗できるとしたら……





それは……





自らの命を、絶つことではないか……





僕は近くなる港を見ながら、杉町がまだ『陽香里』へ着いていないように、

願うことしか出来なかった。





『陽香里』へ向かうタクシーの中に、めぐみの母親から連絡があり、

杉町が少し前に到着したことが告げられた。僕はそちらに向かっているので、

なんとか沙織が連れて行かれるのを阻止して欲しいと話してみるが、

沙織はいつものように海へ向かっていて、杉町もそれを追うように出て行ったと、

めぐみの母は焦りの声を上げる。


「海へ? 杉町も追いかけたということですか?」

「そうなんだよ。沙織さん、朝食を済ませてからすぐに出て行ってしまったみたいで。
でもね、杉町さんが来ることもわかっていて、逃げたのかもしれないと思ったけれど、
そうではないみたいなんだよ」

「……なぜ、そう思うんですか?」

「杉町さん、一応『陽香里』へ立ち寄ったけれど、
降りることもなく走っていったからさぁ。中にいないことがわかっているみたいに……」


めぐみの母親が語る現実に、自分の心臓が大きく音を立て、

息が苦しくなり、嫌な汗がにじみ出る。

まさかと思った沙織の決意がわかり、僕は受話器を持つ手を、反対の手で必死に抑えた。


「大貴さんが来ると思っていたから、
車の窓を叩いてどこに行くのか聞いたけれど、何も教えてくれなくて。
どうしたらいいんだろうか」

「……わかりました」


僕はタクシーの運転手に声をかけ、行き先を『陽香里』から別の場所へ動かした。

沙織がもし、恐れていることをしようとしているのなら、場所はひとつしかない。

僕も何度かこの町を訪れ、釣りをすることもあったため、

だいたいの地形は理解出来ていた。





……間に合ってくれ





タクシーでその場所へ向かい、少し前の道で降りると、

思っていた通り杉町の黒塗りの車が、そこに止まっていて、

何度か見かけた体格のいい男たちが、ガードするように並んでいる。

僕は、その男たちの視線を無視したまま、細い道を奥へと向かう。

小さな松林を走っていると、明らかに大きな叫び声が聞こえ、

腰を抜かしたような杉町が、そこにいた。





沙織……





「沙織は……沙織はどこだ!」

「あ……あ……」


杉町は震える手を海へと伸ばし、真っ青な唇のまま四つんばいになっていた。

僕はすぐ海面を見る。

穏やかな海の中に、沙織が見につけていたピンク色のカーディガンが見える。

あの叫び声が杉町のものなら、まだ何秒も経っていないはずだ。


「さ……沙織……」

「邪魔だ、どけ!」


躊躇など、何もなかった。

おそらく沙織がこういう行動をとるだろうということも、わかっていた。

僕はすぐに上着を脱ぎ捨て、そのまま海へ飛び込んでいく。





沙織……

君はこんなふうに、消えたりしてはいけないんだ。

僕と、もう一度幸せになろうと、誓ったはずなのに。

必ず、君の手を……





この手に、捕まえてみせる。







神よ……

彼女を守ろうとすることが、人として咎められることならば、

この行為が許されないことだとあなたが思うのなら、

僕の体ごと、どうか海に沈めて欲しい。





沙織がいないこの世に……

僕は何ひとつの、未練もない……





沙織……

今、君のそばに行く。







26 愛の意味

『ももドラ』確立を目指し、奮闘中です。
励ましの1ポチ、よろしくお願いします *´∀`)ノ ヨロシクオネガイシマス♪

コメント

非公開コメント

まさかでした

こんばんは。
思い詰めてしまったということですよね。
前向きに進むように、見えたのですが。
驚きの展開です。

困った2人

yokanさん、こんばんは。

>葵のバカヤロー!!!杉町のバカヤロー!!!
 二人とも屈折してるわ(ーー;)

はい、完全に屈折し、暴走状態です。
巻き込まれた大貴と沙織は、ついに……

無事を念じていただきながら、さらに次回へ続きます。
いつも、コメントありがとう。

ついに……

あんころもちさん、こんばんは

>思い詰めてしまったということですよね。

沙織は、完全に回復しているわけではなく、
また、力でねじ伏せようとしている状況が見えてきたことに、
悲観したのだと。

>驚きの展開です。

どうなるんだろうとドキドキしながら、ぜひぜひ次をお待ちください。
コメント、ありがとう。

嫌な予感が・・

ウウーーーッ!!!葵!!!!
何処までも傲慢でいやらしい。
そんな事したって大貴の気持ちが無いのだから、
無い物強請りは子供の駄々と同じ。
次男も!気付けよ!

沙織がそうするだろうことは予想できた。

次男、どう出る?

諦めが悪いんだね

yonyonさん、こんばんは

>大貴の気持ちが無いのだから、
 無い物強請りは子供の駄々と同じ。

そうなんだろうけれど、どうにかなると思ってしまうのも
また、人間だと。
周りが微妙に押してくれるから、葵も諦めないのです。
えらい迷惑なのは大貴と沙織で。

>次男も!気付けよ!

……無理、無理、
無理だから、悪なんだもん(笑)
さて、どう出るのかは次回!