たくましい世界だね

                    たくましい世界だね

        大変は大変だよね。普通の人なら言わなくてもいいことを、言わなくちゃいけないし。



ちょっと前に、ありましたよね、ある俳優さんの『二股騒動』。

まぁ、恋愛は色々ですから、色々なことが起こるのでしょうけれど、

『二人にプロポーズ』はないだろうと思ってしまいました。


インタビューを聞きながら、未熟も何もないんじゃないの? と首を捻るだけの私。

こんな設定、創作アイデアにも、全く浮かばなかったわ。


それでも、芸能界っていうのはすごいところで、

それをバネなのかネタなのかなんなのか、今まであまり出てこなかったのに、

急に画面に出てくることが増えたりしてません?

女も男も、強くなるんだね、『恋愛』をするって。

うーん……たくましいなぁ。


さて、『はーとふる・ぷち』の主人公は、なんてことのない普通の女性、史香ですが、

その相手の淳平は、人気俳優という設定です。

私は芸能人じゃないので、こういった芸能ニュースなどもネタ作りには役に立つはずですが。


……今のところ、淳平には『二股』の予定は全くありません(笑)


『えるすて・りーべⅡ』もようやく書き終えました。

来週からはどちらも交互くらいに、UP出来そうです。

これからも『発芽室』と、変わらぬお付き合い、お願いします。


それにしても金曜の夜は眠たい。

お弁当作り疲れかなぁ。

もう寝ますね、おやすみなさい。






 『えるすて・りーべⅡ』 はこちらから (携帯の方は、左のリンクから)
                                                 


普通の女の子史香と、人気俳優淳平の恋のお話
『はーとふる・ぷち』は 『わがまま【3】』 まで更新しました。




ただ一人の人を、愛したいだけなのに……25年前から巡る、運命の糸は……
『Ripple of the love』は 最終話 【51 波紋の行方】 まで更新しました。




小さな幸せ、大きな喜び!
1日に1回、励ましの拍手とランキングポチ、よろしくお願いします。

コメント

非公開コメント

だよねぇ・・・

こんばんは^^

二股・・・私も 「ありえない!」 と思うわ!!
それにしても、芸能界って不思議なところだね。
過去の「二股男」まで引っ張り出してきちゃう
不名誉なことだと思うのに、出てくる彼らもすごいです^^;

「えるすて・・」 の説明、ありがとう!
私、以前登録してたのを忘れてました(笑)
さっそくログイン、「しおり機能」 便利です~♪
でも・・・もうすぐ終わり?
あらら・・・
副社長をなにげに応援しちゃう私だったりします^m^

やっぱり

やっぱり、淳平は史香一筋なんですね。
そんな所がいいです。

そういえば、二股かけられていた、畑山さん、ちょっと不憫でした。私は彼も好きなので、良い出会いがあったらな~とか妄想してしまいます。笑

なんかな~

なんでも有りの芸能界、『二股』を売りにしちゃうんだから凄いよね~怖いわ(ー_ー)!!

かけた男が泣く・・あり得ない!
泣きたいのは女性の方だろう!

そして女の方がサバサバして、すでに次!
って感じで過ごしてる。頑張れ!

結衣は図らずも二人の男性から想いを寄せられ、(超浦山!)
まあ、結衣のことだから気持ちはゆるが無いだろうけど・・・

だから誠一郎は私に、ね(#^.^#)

すごいよ、うん

なでしこちゃん、こんばんは

『二股』自体は、まぁ、よくある話だと思うけれど、
『ダブルプロポーズ』はねぇ……人としてどうよ。

>不名誉なことだと思うのに、出てくる彼らもすごいです^^;

そうそう、この話に限らず、
芸能界って、何でもきっかけにするからね。
恐ろしいし、たくましいし。

『えるすて……』の説明、通じてよかったです。
あと何話で終了なのかは秘密だけどね。
書き終えたら気分が楽だよ。

一瞬、わからなくて

天川さん、こんばんは

>そういえば、二股かけられていた、
 畑山さん、ちょっと不憫でした。

そう、このコメントを読んで、一瞬『?』になった私。
そうか、畑山さんは畑山宗也だね! と気づくのに、
何分もかかったわ(笑)

そういえば、書いたんだね、『二股話』。
宗也の出会いかぁ、
うん、また色々と。

出来ない女だけどね

yonyonさん、こんばんは

>なんでも有りの芸能界、
 『二股』を売りにしちゃうんだから凄いよね~怖いわ(ー_ー)!!

そうそう、怖いよね。
交際を利用して、売名行為をするタレントも、結構いるしね。
怖い、怖い……

>結衣は図らずも二人の男性から想いを寄せられ、(超浦山!)

あはは……そうだね、そういえば。
あんなに『のほほ~ん』なのに。
さて、結末はどうなるのか、
誠一郎を応援しながら、最後まで付き合ってね。