新チャレンジ!

          新チャレンジ!

         ベルサイユ宮殿が出来た頃、日本では『将軍綱吉』が誕生していました……うん……



まずは、『はーとふる・ぷち』(わがまま)にお付き合いありがとうございました。

前作からの続きになっていますので、

史香と淳平はすれ違いながらも、また寄り添って……の繰り返しです(笑)


この作品が大好きと言ってくれる方の声が多く、そのままさらに……といきたいところなのですが、

ここは『発芽室』、何か少しひねりがないとおもしろくありません。


なぜしっかりとした連載ではなく『ぷち』という形で、途切れ途切れなのか……というお話と、

新作って何? のお話をさせていただきます。



みなさん、学生時代『世界史』を習ったことはありますか? 

その時、年表を見た記憶があると思うのですが、

たとえばフランスで革命が起きたとき、日本ではこんな時代だったとか……

全く違う事柄が、実は同じ時を進んでいた……ってことがあるんですよね。


私、そんなふうに話を進めてみたくて、今回『はーとふる』の続きを『ぷち』にし、

同じ時期に別の世界で動いているお話を、連載してみようと考えました。


タイトルは『ケ・セラ・セラ』(Whatever Will Be, Will Be)です。

ヒッチコック監督の『知りすぎていた男』という映画に使われた曲で、

少し前に、綾瀬はるかさんが出演したCMでも使われていた曲ですが、

まぁ、『なるようになるんだよ』みたいな意味ですね。


主人公はとある地方で『月刊きのこ』という業界誌を作っている女性、

『飯島和(のどか)』24才です。

そして、和にとって運命の朝は、そう……淳平が史香との交際を宣言した翌日に始まります。


覚えていてくれているかなあ……ワイドショーの記者の質問に、

『大切な人』だと答えてしまった淳平のこと。

それから史香は先輩若村の裏切りを知り、仕事をやめ……と追い込まれていったわけですが。

史香とは全く関係のない場所で、そう……和も人生の転機を迎えます。



『はーとふる』が芸能界の話ならば、『ケ・セラ・セラ』は出版界の話です。

話が進むうちに、なじみの名前も登場し、

どこかでご本人達も絡み合う……なんてことがあるかもしれない(笑)


そんな間接的なコラボを考えてみました。


よく意味がわからないなという方、大丈夫です。

あくまでも二つの話は別の話ですし、『ケ・セラ・セラ』を読んでいるうちに、

『そういうことか……』と理解出来るはずですから。


『ケ・セラ・セラ』も短めの更新です。基本的には週に3話、(月・水・金)更新を予定しています。

その途中で『はーとふる・ぷち』の別のお話が入ってくることになりますが、

今ここで説明すると、ごちゃ混ぜになりそうなので、またそれはそれでお話しします。


まず第1話は明日の水曜日スタートです。

何話かためて読むもよし、1話ずつ毎日の日課として読んでくれてもOKです。

結構個性的な登場人物と、和の愚痴まじりのつぶやきで進みますので、

『クスッ……』と笑いながら、時には涙しながらお付き合いください。


では、では……

みなさんの出来る範囲で、応援(コメント、ランクポチ、拍手)をお願いします。

これからも『ももんたの発芽室』が、楽しい場所でありますように……









普通の女の子史香と、人気俳優淳平の恋のお話
『はーとふる・ぷち』は 『わがまま【13】』 まで更新しました。




小さな幸せ、大きな喜び!
1日に1回、励ましの拍手とランキングポチ、よろしくお願いします。

コメント

非公開コメント

懐かしの

世界史と日本史を連想してしまう

学生時代を思い出す画像からスタートで

ベルサイユ宮殿、将軍綱吉とは

懐かしいです。

次回作はケ・セラ・セラですか!

楽しみが増えます。

ファイティン!

ももちゃんの新チャレンジ、いつでも応援してますyon♪

今地方紙って結構熱い。
ある地方というのがどの辺りなのか気になるところ。

今日から?まだUPされて無いな~

懐かしいですか

天川さん、こんばんは

>学生時代を思い出す画像からスタートで

遠く離れた場所で、同じ時期に起こっていた出来事ということで、
二つを選びました。
『はーとふる』と似たような時期に動き始めた『ケ・セラ・セラ』も
よろしくお願いします。

また、始まります。

yonyonさん、こんばんは

>ももちゃんの新チャレンジ、いつでも応援してますyon♪

ありがとう。
もう、何年そう言ってもらっているのかな。
また、お世話になります。

『ある地方』で始まるお話なんですけど、
実はそこから……動きます。