日本の魂

                日本の魂

            形は違っても、気持ちだけは『いさぎよく』生きたいものです。



とある情報番組で、『新幹線の7分間清掃』について話をしていました。

日本の新幹線の清掃は、終着駅に到着して、それが折り返される12分のうち、

乗車と降車の時間を抜いた7分間の中で、徹底的に行われるのだそうで……


忘れ物のチェック、床や物入れのゴミ、窓ふき、テーブル拭き、

そして、ただ掃除をするだけではなくて、礼をし礼で終わる姿勢、

『お待たせしました』とお客様に声をかけることも忘れずに……


こういった仕事ぶりを、外国の方はとても驚き、賞賛してくださるそうです。

そう言われてみて初めて『そうか……』と思った私。

日本にいると、どこでもこういったことを見るのが多いので、

丁寧な清掃も、しっかりとした挨拶も、なんだか当たり前のように受け取っていました。


そういえば、他の番組でも、『日本の接客』に関する声や、礼儀正しさに関する声は多いですね。

牛乳パックの『あけぐち』とは反対側を開くと『リサイクルありがとう』と書いてあるなんて話も、

外国の方が話しているのを聞いて、気づいたくらいです。

みなさんご存じでしたか? これってリサイクルをしようとした時、初めて気づくわけですよね、

細かいですよ、仕事が。


洋服は常に店員さんが手に取りやすいように畳んでくれたり、

世界中のどこを探しても、日本ほどの接客をうけることはないと聞きました。


『礼儀正しく、辛抱強い人達』


これこそが、いまだに『日本には武士がいる』と外国の方が思う理由なのかも知れません。


そんな日本人の隅っこにいる私。

褒められるのは嬉しくもあり、自分はどうかな……と反省もありです(笑)





人生はなんとかなると思う、前向きな和(のどか)が主人公。
『ケ・セラ・セラ』 98話『和のケンカ道』 まで連載中!



小さな幸せ、大きな喜び!
1日に1回、励ましの拍手とランキングポチ、よろしくお願いします。

コメント

非公開コメント

日本人

新幹線清掃の話、私も聞いたことが有ります。
実際目の当たりにすると感動すらします。

外国と比べた映像も観たりすると、差は歴然。
中國なんてお客様にやらせていたりしましたよ(・・)

『武士道とは死ぬこととみつけたり』
常に人の為に死をも覚悟している。

日本人で良かったと思えるように生きていきたい。
中々出来ないけどね~~(^^;)

見たら感動するね

yonyonさん、こんばんは

>実際目の当たりにすると感動すらします。

あぁ……そうでしょうね。
新幹線、近頃乗らないし、終点へ行くこともないしな。
でも、日本人らしいと、ニュースを聞きながら思いました。

>日本人で良かったと思えるように生きていきたい。

本当、本当そう思います。