過去作への旅 【6】

                   過去作への旅
    過去作を読んでみると、その当時、実生活で何をしていたかも思い出せるから不思議です。



あれ? このウサギのイラスト、なんだか見覚えがあるけれど、なんだったっけ? と思った方、

そうです、久し振りに『過去作への旅』でございます。


左のカテゴリに並んでいる過去の創作、

こんなものでしたが、どうでしょう……と私が勝手にお薦めするという、

とんでもなく身勝手な企画ですが、まぁ、お付き合いください(笑)


6回目の本日は、『いとしのLily』について。

創作をする中で、今まで『途中で辞めます!』ということを1度もしたことがない……というのは、

とりあえず私の小さな満足なのですが、

唯一、完結することなく浮いた状態になっているのが、この『いとしのLily』です。


主人公は、とある高校の体育教師『すぎっぺ』こと杉原。

なぜ下の名前を書かないかと言うと、作品内に公表されていないからです。

お相手は、同じ高校で音楽を教えている遠藤百合先生(百合……これがLilyの意味です)。

学校の同僚や、学生には内緒……の先生同士の恋。

ただ、これだけがテーマであり、全ての創作です。

話はつながっているものの、1話ずつ『起承転結』があるため、

実は、書いたもののオチまで作れずにボツとなった回が結構な数あります。


かっこいい男が、素敵な女性と恋に落ちる……という内容ではないため、

サークルへ出した時にも、『こんなタイプは受け入れてもらえるのか?』と

ものすごく緊張した思い出があります。

しかし、みなさんの反応はとってもよくて、

それがブログ内でも『ケ・セラ・セラ』のように、

個性的な脇役と、思い切った脱線話でもいける! と思えたことにつながっているのかもしれません。


このままフェイドアウトにするつもりはありませんので、

お気楽に、そして気長にお待ちくださると嬉しいです。

どちらかというと、現在進行形の話と逆パターンの話の方が、息抜きに書きやすいので、

ブログに連載するお話しが、『シビア』なものの時に、

『すぎっぺも進んでいるかな?』と思っていただけたら(笑)


……ちなみに、うちのパパさんの携帯着信、嫌いな人間はいまだに『ダースベーダー』です。

(これで笑える人は、いとしのLily読者の方ですね・笑)


もし、まだ読んだことがない……という方がいらっしゃったら、

お時間をちょいと見つけて、読んでみてください。

もう読みましたよ、懐かしいね……という方は、右下の拍手やランクポチで参加してくださると嬉しいです。





人生はなんとかなると思う、前向きな和(のどか)が主人公。
『ケ・セラ・セラ』は 【103 静けさの空】 まで更新しました。



小さな幸せ、大きな喜び!
1日に1回、励ましの拍手とランキングポチ、よろしくお願いします。

コメント

非公開コメント

ウエディングは?

ククク・・私が大好きな杉っぺ。

百合先生とその後は?
結婚していても可笑しくない位時間は経ったけど、
まだなんだろうな~(爆)

もう一押しが足りないから!

頑張れ杉っぺ!

長い眠り中

yonyonさん、こんばんは

>結婚していても可笑しくない位時間は経ったけど、
 まだなんだろうな~(爆)

まだなんだろうね……(笑)

でも、必ず復活させるからね。
ゴールが何になるかは、秘密です。