親として

                     親として

       人も動物も、子供は愛しい存在だよね……時々にくったらしくもあるけれど(笑)



今日、偶然チャンネルを合わせ、番組を見ていると、その中でペンギン親子の話が。

親ペンギンが子ペンギンに対して、ある日突然冷たく接するようになり、

そこから子離れ、親離れを開始します。


『ひとりだち』させないとならないですからね。


今まで、そばにピッタリ寄り添わせて、口からエサを与え続けてきたのに、

崖をのぼり損ねて落ちそうになっても、迷って鳴いても、慌てたり手を出したりもしないんですよ。

あくまでも、厳しく、根気よく、諦めず


いやぁ……それを見ながら、我が子育てを反省した私。

口では厳しいことを言ってみるものの、仕方がないと言いながら助け船を出したり、

ついつい甘く接してしまったり。人間だって、『ひとりだり』させていかないとならないのにね。


ペンギンだけではなくて、動物って本当に頑張っています。

『生きる』大変さを野生の中で目の当たりにしているからなのでしょうか。

人間って、実は一番子育てが甘いのかも……(って、私だけかしら)

よし、明日は目覚ましで起きてこなくても、心を鬼にして、無視しよう!




……って、出来るかなぁ(笑)




切り捨てたはずのものが、突然、大切なものだと気づく日が来る……
『Flow』は 4 Zeal 【熱意】 まで更新しました。
ぜひ、お付き合いください



小さな幸せ、大きな喜び!
1日に1回、励ましの拍手とランキングポチ、よろしくお願いします。

コメント

非公開コメント