別れは突然に

                別れは突然に
         こういったシンプルなものの方が、『職人』っぽく感じるのです、私には



何事なの? 

もしかしたら、新しい創作?

と勘違いされそうなタイトルをつけてみた今日ですが、たいしたことではございません。

『別れ』が来たのは、爪切りのことです。


我が家には、

『どこから誰が仕入れたのかわからないけれど、とっても切れ味鋭い爪切り』がありまして、

家族全員でそれを使っています。

ここのところ、急に気温が上がって、靴下を履かずに素足で家の中をウロウロすることが増え、

ふと見ると、足の指の爪が結構伸びていたのです。


『あ、切らないとね』


なんて、深く考えずにいつもの爪切りを取り出し、切ってみたら……

別人のように、切れなくなっておりました。


爪切りって、寿命があるものなのですか?

それとも、切る部分をといだりする必要があるものなの?

あまりにも突然、切れなくなってしまったことに『?』が止まらない私。

見た目が錆びている訳でもないのに、でも、ダメでした。

もしや、私の爪が、『年齢』という壁で、石のように固くなってしまったのか?

などと、考えても見ましたが、次男坊のフレッシュな爪でも切れなかったので、そうではないようです。


いい爪切りってどこで出会えばいいのでしょう。

『ホームセンター』とかかしら。


爪切りを探しながら、明日は『Flow』の更新予定です。




切り捨てたはずのものが、突然、大切なものだと気づく日が来る……
『Flow』は 14 Intention 【意図】 まで更新しました。
ぜひ、お付き合いください



小さな幸せ、大きな喜び!
1日に1回、励ましの拍手とランキングポチ、よろしくお願いします。

コメント

非公開コメント