18 【謝罪】……のマメ話

                    18 【謝罪】……のマメ話

            『ごっつあんです』と言えばこの方、想像していたんですけどね



今年は、例年に比べて『梅雨入り』が早そうですね。

そう聞くだけで、じめっとしちゃうわ(笑)

さて、マメ話18話目。


「昴……」

「おはようございます」

「早いのね、ずいぶん」


子供たちの洗濯をしていた康江は、昴が早いことに驚きながらも、

すでに食事を終え、静かになった食堂へ入るように指示をした。

(18 Apology 【謝罪】……本文より)



みなさんは、創作を読むとき、登場人物を実際の人に当てはめて読むタイプですか?

私は、人の創作を読むときは、あまり考えないタイプです。

いや、自分のものにも、あまり当てはめないのですが、

今回、『小麦園』の園長先生であり、昴や綾音そして悠菜にとっては母とも言える近藤康江だけは、

ある女優さんが頭から浮かんで離れなくなっています。


人をまとめるのが上手そうで、いつもテキパキと仕事をする役柄を演じている方です。

でも、みなさんのイメージがあるでしょうから、誰とは書きませんが。


実際の生活でも、会ったことがないのに、こういう人じゃないのかな……と、

勝手な想像しちゃうことってありませんか?


私は、数年前に子供のことでお世話になった役所の職員さん、

その方の苗字には『玉』という字が入っていたのもあるんですけど、

電話越しの声が、ちょっとお相撲さんのようにかすれていたせいもあって、


『この人、きっと太めの方だろう……』


と、勝手な想像をしておりました。

受話器の向こうで、汗を拭き拭きしながら、私と話しているんだろうな……なんてね。


で、色々と手続きを終えた3ヶ月後、お会いしてみると、

それが身長が190センチもある、のっぽのメガネさんでした。

体型はごく普通、お相撲さんではなかったの(笑)


それでも聞こえてくる声は『ごっつあんです……』のようなかすれ声で、

笑ってはいけないのに、笑いそうになりました。


昴、悠菜、綾音とともに、その母……ともいえる康江にも、注目しながらお付き合いください。




ここであらためてみなさまにお願い……

『ももんたの発芽室』はFC2ブログのランキングに参加しています。

みなさんの『ポチ』で上位になると、訪問してくれる方が増え、新しい読者さんも増えてきます。

コメントがちょっと難しいという方は、ぜひ、ランキングポチにご参加下さい。

よろしくお願いします。




切り捨てたはずのものが、突然、大切なものだと気づく日が来る……
『Flow』は 18 Apology 【謝罪】 まで更新しました。
ぜひ、お付き合いください



小さな幸せ、大きな喜び!
1日に1回、励ましの拍手とランキングポチ、よろしくお願いします。

コメント

非公開コメント