22 【期待】……のマメ話

                      22 【期待】……のマメ話

        いらっしゃいませ……の気持ちを持っていると、お客様も笑ってくれます



本日、国の未来にはあまりにも関係なさそうな『総選挙日』でしたね(笑)。

我が息子は、全く興味がないそうです……

さて、マメ話22回目。


「お客様、105円です」

「あ……はい、すみません」


悠菜は、うわの空でのど飴を前に出し、

値段を言われたいことで焦りながら財布をのぞく。

小銭は1円硬貨が3枚しかなく、慌てて札を出そうとしたが、

レシートが邪魔をして、うまく引き出せない。

(22 Expectation 【期待】……本文より)



このシーンは、私がレジを担当している中で、実際によくあるパターンです。

悠菜は、昴の噂話のことを考えていて、動きが遅れるのですが、

レジ前でドタバタする人の一番多くは、ギリギリまで携帯をいじっていて、

『会計をしている』ことが、頭から抜けているみたいで。


レジに並ぶところまでは頭にあったのでしょうが、並んでいる時、レジを打っているとき、

片手は常にスマホを持ち、視線もそっちだけしか見ていない。

だから、値段を言われて初めて……


『あ、そうだった、私、お金払わないと……』


になるんでしょうね。すると、あたふたしてしまって、余計な時間がかかってしまうんですよ。


ながら操作している方、本当に危ないですから、気をつけて下さい。

スマホに手中しすぎて、他が何も入らないみたいですから。


あと、レジ前でドタバタする方の別パターン。

これは、年齢の高い方に多いのですが、小銭とお札を別の財布に入れている方、

『835円です』となると、まずは千円札だけ財布から取り出して、それをバッグに入れて、

次は小銭入れを出して、35円を探す……

混雑している時、後ろのお客さんの視線が怖いんですよ、レジ側からは見えるので(笑)。

気持ちはわかるけれど、そんなに急いだって、タイミングよく電車は来ないから……と、

『落ちついてね光線』を出しています。

以前、小銭財布を2つ持ち、『50円以上』と『10円以下』にわけているお爺さんがいましたが、

それはいささかそこまで必要? と正直思った私です。




ここであらためてみなさまにお願い……

『ももんたの発芽室』はFC2ブログのランキングに参加しています。

みなさんの『ポチ』で上位になると、訪問してくれる方が増え、新しい読者さんも増えてきます。

コメントがちょっと難しいという方は、ぜひ、ランキングポチにご参加下さい。

よろしくお願いします。




切り捨てたはずのものが、突然、大切なものだと気づく日が来る……
『Flow』は  22 Expectation 【期待】 まで更新しました。
ぜひ、お付き合いください



小さな幸せ、大きな喜び!
1日に1回、励ましの拍手とランキングポチ、よろしくお願いします。

コメント

非公開コメント