23 【約束】……のマメ話

                      23 【約束】……のマメ話

            勝って喜ぶこと、負けて悔しがること、どちらも大事な経験ですね


昨日は、うたた寝から起きると、ほぼ『丑三つ時』(午前2時過ぎ)でした。誰か起こしてよ!(笑)

さて、一日遅れのマメ話23話目。


「うわぁ……すごいじゃないの、住友さん」

「いえ……」


その頃、『salon』の社内では、営業成績の一覧がPC内で発表されていた。

トップを走る昴の位置はそのままだが、子会社から来て実績のなかった悠菜も、

着実に順位を上げ、女性では2番目の成績を取る。

男性社員全て含めても、『優秀』といえるグラフに、

悠菜は、社内で自分の位置を確保できた気がして、ほっと一息をついた。

(23 Promise 【約束】本文より……)


昴や悠菜は『営業部所属』なので、こういった競争もあるのかなと書きながら思いましたが、

実際、私が働く職場でも、社員達のランキングが堂々と貼り出されています。

グラフというよりも項目が色々あって、AからEランクまで。

もちろん、評価されたらやる気もでるのでしょうし、競わなければいいものも生まれないし、

成績は伸びないのでしょうが、『並べられる』というのは、まぁ、切ないものですね。


競争なしでは、生きていけない……


まぁ、それは現実ですからね。


しかし、私自身の頃と、今では学校って変わりましたよ。

私達の頃は、水泳帽に泳げたランクをつけているのが当たり前だったのですが、

今は、そういうランク付けは、しないそうです。

さらに……実は、ママ友さんから聞いた話なのですが、彼女のお子さんはスイミングに通っていて、

学校にその帽子を持って出かけたらしく……

後日、先生から『帽子は別のものを……』と電話をもらったそうです。

理由は、スイミングに通っているというのが、他の子にプレッシャーとなるから。


プレッシャーかぁ……


何でもかんでも、順位をつけるのがいいとは言わないけれど、

結局、世の中に出たら避けられないわけで……

そんなふうに子供を守ったような気がしていても、オリンピックは勝てないと残念がるでしょ?

どちらも見ている身としては、どっちつかずだなと思ったりもしています。


だったら受験もなくして、みんな入れてしまえばいいのに……と、話が脱線(笑)

うちは男の子ですからね、負けても諦めず、這い上がる気持ちは、育って欲しいなぁ……


明日は24話の予定。

うたた寝してしまわなければ……の話ですが(笑)




切り捨てたはずのものが、突然、大切なものだと気づく日が来る……
『Flow』は  23 Promise 【約束】 まで更新しました。
ぜひ、お付き合いください



小さな幸せ、大きな喜び!
1日に1回、励ましの拍手とランキングポチ、よろしくお願いします。

コメント

非公開コメント