26 【自立】……のマメ話

                 26 【自立】……のマメ話

        秘書とは……仕事がしやすいように、あれこれ動いてあげる人……らしい



前回と違い、今日はちょっとガッカリしたことがありました。

『人は忘れるもの』、あらためてそれを思い知らされた私。

いいのです、いいのです、意味など考えないでください。

と、ブツブツつぶやきながらマメ話は26回目。


本来なら休みを取るべき日であったが、

渡瀬勇は、社長室で普段通りの業務をこなしていた。

明日の最終契約を前に、細かい部分でもミスがあってはならない。

秘書の江口は書類を仕分け、勇に手渡していく。

(26 Independence 【自立】本文より……)



悠菜の父、渡瀬勇の秘書は、江口秀作という男性です。

大企業社長さんの秘書、実際には男性と女性、どちらが多いのかなぁ。

これがね、もし若社長だという設定なら、私は間違いなく女性を秘書にするでしょう。

だって、恋愛物、書けそうだもん(笑)

社内ではスケジュール帳を持ち、感情などあまり表にせずに、仕事をこなす女性が、

仕事を終え、スーツを脱ぎ捨てた時、社長と秘書ではない、二人の視線が……



……って、おいおい(笑)



冗談はさておき、男性だと恋愛路線ではいけないので、(いや、いける作品もあるだろうが)

私の役割としては『家老』のイメージで書いています。

社長のそばにつき、言いたいことはある程度言える立場。

片腕、参謀、番頭……?

まぁ、今回の江口もそういった位置にいる存在です。


社長は会社の顔、だからこそ汚れてはいけません。

そこは出来る秘書が、社長よりも先に動き、本来見えていないところをしっかり仕切る……

ある意味『影』かもしれませんね。


ちなみに、関係のない話ですが、私、学生時代に『秘書検定』という検定を取ったことがあります。

2級ですけど(笑)


……何か、人生の役に立ったかなぁ……




ここであらためてみなさまにお願い……

『ももんたの発芽室』はFC2ブログのランキングに参加しています。

みなさんの『ポチ』で上位になると、訪問してくれる方が増え、新しい読者さんも増えてきます。

コメントがちょっと難しいという方は、ぜひ、ランキングポチにご参加下さい。

よろしくお願いします。




切り捨てたはずのものが、突然、大切なものだと気づく日が来る……
『Flow』は  26 Independence 【自立】 まで更新しました。
ぜひ、お付き合いください



小さな幸せ、大きな喜び!
1日に1回、励ましの拍手とランキングポチ、よろしくお願いします。

コメント

非公開コメント