28 【決断】……のマメ話

                 28 【決断】……のマメ話
         今も昔も、公園では常に子供達のとりっこ……人気者遊具、ブランコさんです



今日は、1日雨でした。

梅雨なのはわかっているけれどねぇ……

グダグタ言いながら、今日もマメ話、28回目!



昴は先に公園に着くと、よく母が立った場所に向かう。

後からついてきた悠菜は、懐かしいと言いながらブランコへ向かった。

昴が、右側にあるブランコは、錆び付いていて嫌な音がすると言う前に、

悠菜はその右側にあるブランコに腰を下ろす。

(28 Decision 【決断】本文より……)



昴にとって、母との思い出があるこの公園。

私が幼い頃、よく遊んだ公園……が頭の中にあって、それをイメージしながら書いています。


昔は、『ここは公園です!』と記載されていなくて、

なんとなく広い場所に、遊具がポツンと一つ……なんて場所も、結構ありましたよね。

ドラえもんに出てくる、土管のある空き地のようなものに近かったのですが。


その公園も、ブランコがありまして、私、よく乗りました。

アルプスの少女ハイジのオープニングのように、高く、高く上がれば、空や雲の上に行ける!



……とは、いささか信じていたわけではないですけどね(笑)



でも、高台にあったので、ちょっと高くこぐと、その周りの景色が一瞬目に入るんですよ。

それが街を見下ろすような角度になっていたので、

『自分が高いところにいる』ということを意識出来て、好きでしたね。

今でも、しっかりと思い出せるくらいの景色でした。


昨日の献立、なんだっけ? と忘れてしまうのに、

30年以上も前の記憶が、ハッキリと残っているなんて、人の頭って不思議だわ。


母との場所に、悠菜と立った昴。

これからも、『Flow』をよろしくお願いします。




ここであらためてみなさまにお願い……

『ももんたの発芽室』はFC2ブログのランキングに参加しています。

みなさんの『ポチ』で上位になると、訪問してくれる方が増え、新しい読者さんも増えてきます。

コメントがちょっと難しいという方は、ぜひ、ランキングポチにご参加下さい。

よろしくお願いします。




切り捨てたはずのものが、突然、大切なものだと気づく日が来る……
『Flow』は  28 Decision 【決断】  まで更新しました。
ぜひ、お付き合いください



小さな幸せ、大きな喜び!
1日に1回、励ましの拍手とランキングポチ、よろしくお願いします。

コメント

非公開コメント