ドキドキ

                        ドキドキ


いつまでも あると思うな 親と金


って、ことわざがありますよね。あれは親はいつまでも生きていてくれないし、

お金も使えばなくなるぞという意味なんでしょうけど、今日の私は、これの変形でした。

週末になるとお安いものが増える、大型スーパーへ行き、チラシで見てきたものを買って、買って……

さて、レジへ。

ピッ……っという音とともに、上がっていく合計金額。

サービスカードも提示して、福沢さんを取り出そうとしたら、な、な、なんと!




樋口さんしか……いない……


いやぁ、1万円札だと思っていたお金が、5千円札だったんです。

それからの何秒かは、恐怖の時間でした。レジの金額が一葉さんを越えてしまったら……

私はどうしたらいいのだろうか! と。

お会計の前に気付いたら、ある程度計算して、ぬかりないように買うけれど、

途中まで計算しているのに、ストップ! はかけられないし、足りなくなった時に、

いるものといらないものを選別したりすることになったら、この後ろにズラリと並んだ方達に、

どんな視線を浴びせられるか……と。



ドキドキ、ドキドキ……



結局、一葉さんの守備範囲に見事収まって、30円ちょっとのお釣りをいただきました。

あぁ……よかった。


いつまでもあると思うな……じゃなくて、いつもあると思うな……だな、と感じた私です。



あ、そうそう、余談!

昨日、夕方のニュースで、『あおやまゆうすけ』と名乗る男が、お金を貸して下さいと言って、

逃げてしまうというニュースを見ました。


『あおやまゆうすけ』って、【S&B】の主人公、青山祐作と、『リミット』の深見亮介が混じったような

名前じゃないか……と、またまたドキドキ。

たとえ、空想上、いや、妄想上の人物とはいえ、嫌なところで使われたくないな……

まぁ、余談ですけどね(笑)





青山祐作、買い物は会社帰り……【S&B】 22話まで…… 【S&B】

池村絵里、スーパーは社員割引……【again】 17話まで…… 【again】


コメント

非公開コメント