なんちゃって業界人

                     なんちゃって業界人
                 色々とあるでしょうが、広い心で見てやって下さい。


ただいま連載中の【S&B】は、広告代理店に勤めている男性が主人公です。

しかも、仕事は出来る男! の設定なので、ビジネスシーンは欠かすことが出来ません。


まぁ、恋愛ものを書くとしたら、学生か、社会人のどちらかを描かないとならないわけで……。


時々、『ももんたさんはこの業界に勤めていたんですか?』と質問をいただくこともありますが、

実は、自分のいた業界のお話は、まだ、一度も書いたことがありません。


今までに書いたのだと、旅行代理店、劇団員、不動産関係、スーパーなどがあるのですが、

そのどれも空想、妄想の世界と、現実に働いている方達のブログなどから、引っ張り出して、

コネコネとこねまわしております。


想像するのは楽しいんですけど、リアル感が出ているかどうかが心配。


一番リアルに書けるのは、もちろん、自分がいた業界なんでしょうけど、

そうなるとね、リアル過ぎて、楽しくなさそうな気がするんだよなぁ……(笑)

書いてみたい業界もあるんですけどね、なかなか資料がなくて、イメージが膨らまないんです。


ストーリー展開は、呆れるほど浮かぶんですけど、この辺で手詰まりになりそうな気がして、

ちょっと怖いこのごろです。





広告代理店営業部主任&店員さんカップル……【S&B】 44話まで…… 【S&B】

文房具メーカー事務&映画会社社員さんカップル……【サイダー】 14話まで…… 【サイダー】

コメント

非公開コメント

同感・・・

ももちゃん おはよー^^

お仕事モードの話
はずせないよね~・・・恋愛だけじゃ生活できないもん(笑)

>『ももんたさんはこの業界に勤めていたんですか?』と・・・

それだけリアルに描かれているということでしょう!
自分が知っている世界は、書きやすいけれど、読んでもらう人に理解してもらっているか難しいところ・・・
書きすぎたり、逆に「これくらい常識」と自分の物差しで判断して端折ったりしそうだものね。

ももちゃんの知識と探究心で、彼らのお仕事が生き生きと描かれているのよね!

>ストーリー展開は、呆れるほど浮かぶんですけど、この辺で手詰まりになりそうな気がして、
ちょっと怖いこのごろです。

すごい・・・ももちゃんの頭の中を覗いてみたい・・・
(今度じっくり見せて 笑)

職業、俳優

こんばんはももちゃん^^

仕事とか、環境とか、やはりストーリーの重要な部分を占めますよね。それによって随分変わってくると思う。

ヘぇ~~まだももちゃんの働いて職業は書いて無いんだ。
スーパーのパートさんは凄くリアルでしたよ。働いていたのかと・・・(爆)
旅行代理店もよく知ってるな、と感心しましたもの。

芸能関係などもこれからは出てくるかな?
又作品の新たな見方が出来る。楽しみだわ♪

確かに・・・

現実を知ってしまうと暗い面が表に出てしまう。
イメージで知っているとそのイメージを文字に転化しやすいと
私は思います。
あまり業界のことに詳しくなりすぎマイナになってしまうと
説明文になっちゃいますもんね・・・。
私の場合は日常の小さな出来事で、これを事件に発展させると面白いかも!という発想なので犠牲者が回りの人間だったりするので、時折、申し訳ないかしら・・・と悩むこともしばしば(汗)

っていうのも、ありか?

なでしこちゃん、こんばんは!


>お仕事モードの話
 はずせないよね~・・・恋愛だけじゃ生活できないもん(笑)

でもさ、そういう話し、書いてみたい気がするよ。
この人たち、どうやって生活しているのさっていう……
あ、両方ともとってもお金持ちで、銀行の利子だけで食べて行ければいいんだ!


>自分が知っている世界は、書きやすいけれど、
 読んでもらう人に理解してもらっているか難しいところ

そうだよね。知っていると知識だけが先走りしそうな気もするし、
でも、あまりにも上っ面だけだと、説得力ないしね。


>ももちゃんの頭の中を覗いてみたい・・・

頭の中? それは無理だよ(笑)

職業、空想屋

yonyonさん、こんばんは!


>ヘぇ~~まだももちゃんの働いて職業は書いて無いんだ。
 スーパーのパートさんは凄くリアルでしたよ。
 働いていたのかと・・・(爆)

あはは……。【again】のでしょ?
あれはさ、その変のドラマでも、いるじゃないですか。
噂好きの賑やかしみたいなの。
そう、ドラマの配役が出てくる時、4人くらい名前が
並んで出ちゃうくらいの役者さん達(笑)


>芸能関係などもこれからは出てくるかな?
 又作品の新たな見方が出来る。楽しみだわ♪

あはは……どんなところへいこうかねぇ……

日常がヒント

ヒカルさん、こんばんは!


>現実を知ってしまうと暗い面が表に出てしまう。

あぁ、そうかもね。表から見ていると、見えないところも見えるしね。


>私の場合は日常の小さな出来事で、これを事件に発展させると
 面白いかも!という発想なので犠牲者が回りの人間だったりするので、
 時折、申し訳ないかしら・・・と悩むこともしばしば(汗)

あはは……、ヒカルさんにかかると、事件になっちゃうからね。
でも、発想は似てますよ。ふらりと買い物に出かけて見たシーンとかから、
創作が始まることもあるし、この間まで読んでもらっていた【again】も、
近所の市営住宅で、壁あてをしている男の子の姿を見かけて、ふわりと浮かんだ話だったので。

ただし、名前は気をつけるけど。ヒカルさんはそういうところは、気にしないの?

名前・・・は考えますよね・・・

名前は、とても気になりますよね。
なるだけ、登場人物に名前を付けたくなくて
無名にして代名詞で表しているのですが
どうしても名前を付けなければならないときは
適当に一般的な佐藤さん鈴木さんを選んで
それ以外だと、柿 桃 栗 とか・・・ 全部に野をつけたかな
下の名前は、花から取ってみたり
物語の構成上どうしても、その名前じゃないと!!というときは
ごめんっ!って思いつつ使ってます。
やっぱり殺されても犯人でも同じ名前の方が見ていたら気分悪いだろうなと・・・と思って(汗)

追伸:
最近小説を読めなくてごめんなさい。
仕事から帰ってきてぐーったり・・・(季節の変わり目は苦手)
(更に、公募用の企画が間に合わない・・・かたまらない・・・)
6月は落ち着くのでその時に拝読します♪

気にしないで

ヒカルさん、ふたたびコメントありがとう。


>どうしても名前を付けなければならないときは
 適当に一般的な佐藤さん鈴木さんを選んで
 それ以外だと、柿 桃 栗 とか・・・ 全部に野をつけたかな

ごめん、ちょっと笑ってしまった。柿、桃、栗かぁ。


>やっぱり殺されても犯人でも同じ名前の方が見ていたら
 気分悪いだろうなと・・・と思って(汗)

あぁ、わかる。悪役に回る方の名前にしてしまったら、
きっと嫌だろうなとは、私も常に思っちゃいます。
だからこそ、周りにいるような名前はあんまり使わない。
特に名前。名字はある程度、仕方ないもんね。


追伸のお返事

読めないからって、ごめんなさいなんてしなくていいんですよ。
私も、そちらにうかがえてないし。
忙しい時はあるんですから。気にしないで。
夜逃げしない限り、ずっとここにありますので、
気が向いたら……

しかも、拝読だなんて……めっそうもございません。
読んじゃった! でいいんですよ。