あとがきのお時間です

あとがきのお時間です
『あずさと岳』 二人を結びつけた楽器、クラリネットです



『素顔のままで』に、長い間お付き合いありがとうございました。

毎回、どういうラストにしようかというのは、悩みどころでして。

今回は、一度目のプロポーズから、

『あずさと岳』のことを、登場人物が語りつないでいく構成にしてみました。


創作を一番最初に書いたとき(『リミット』)では、

二人が結婚するのが『ラスト』だと思い、書いていました。

『結婚』イコールお話し終了のようなイメージが、自分の中にあったからかもしれません。

しかし、さすがに発芽室も9年を迎えまして、創作の数も増えました。

ハッピーエンドを目指し、たどり着く場所はみんなそこでも、

同じ切り口ばかりではおもしろくないのではと色々考えまして、

せっかく、登場人物がたくさんいて、それぞれにエピソードもあったのだから、

その人たちの今も描きつつ、二人について語らせてみようと、こんな展開を作ってみました。



実は私、岳と敦の妹、『東子』がお気に入りなのです(笑)



自分と家との板ばさみになる兄二人と違い、東子は生まれながらにお嬢さんですから、

その行動も発言も、常にストレートにしています。

『欲しいものは、普通に望んでいると、当たり前に手に入るはず』と考えている

現代っ子な妹ですが、とにかく兄2人が自慢であり、本当に大好きな存在。


『あずさと相原家』


話しの上手なつなぎを、彼女に作ってもらったなと、そう思っています。


9周年のアンケートの時にも、その前後にいただいたコメントでも、

『素顔のままで』は、とにかく主人公たちがしっかりと意見を言うので、

読んでいても後味がいいと、そういう感想をいただきました。

密かに思い続けるという恋愛ものも、もちろんいいと思うのですが、

漫画と違い、イラストがないので、やはり言葉に出している方が、

読み手のみなさんにも伝わりやすいのかなと思いましたし、

また逆に、セリフではない描写で、上手に伝えられる力が自分につけばいいなとも、

考えました。

まぁ、いつも考えているだけで、たいした進歩がないのですけれど……


これからも、発芽室では私が色々とチャレンジしながら、

お気楽に発信を続けていこうと思っています。

みなさんからのコメント、拍手、ランクポチなどがあると、

こうして参考に出来ることもありますので、ぜひぜひ、ご協力をお願いします。

『無反応』というのは、やはりさみしいなと思ってしまうので。

読んでいただけるだけでと思いつつも、ついつい……すみません。


あずさと岳に自分なりの感謝の気持ちを込めて……

あとがきを終わりにしたいと思います。


それでは、今日はおやすみなさい。



昭和に芽生えた淡い恋。そして時代は平成を迎え……
素直になれない人たちの中に、心地よく吹く風は……『素顔のままで』はこちらから





コメント、拍手、ランクポチなど、お待ちしています。(@゚ー゚@)ノヨロシクネ♪

コメント

非公開コメント

毎日、楽しみに読ませていただきました
これからも応援しています
どんどん書いてくださいね

ありがとうございました

someさん、こんばんは
コメント、ありがとうございました。

>最後まで、楽しく読ませていただきました
 まだ、二人を追いたいなという気持ちはあります

楽しく読んでいただけたことが、何よりも嬉しいです。
なかなか、過去作を振り返って続きを書くことは少なくなっていますが、
ふわっと頭の中に話が浮かぶような、あずさと岳です。

こちらこそ、ありがとうございました。
これからも、お気楽にお越しください。

ありがとうございました

ぽこさん、こんばんは
コメント、ありがとうございました。

>毎日、楽しみに読ませていただきました
 これからも応援しています

楽しんでいただけて、よかったです。
こうした一言が、私の力になりますから。
コメントの回数など気にせずに、
『いいよ』くらいの短文でも、ぜひぜひ、書いてください。

これからもお気楽に、お越しくださいね。
ありがとうございました。