2つ目の足音

                    2つ目の足音
                こんな贈り物が、他にも届いているところ、きっとあるよね


サイダーの番外編を書きました。

タイトルは『幸せの足音』なのですが……

タイトルを読んで、『あれ?』と思った方、あなたは私の作品を、相当読んでくださっている方ですね、

ありがとうございます(笑)


そうなんですよ。リミットの番外編と同じタイトルです。

いや、同じ内容です(笑)


日本の人口は1億2000万人以上いますからね、全く別なところに生きていても、

同じようなことが起こることもあるんじゃないかと、思ったんです。


『この話を、あの二人で書いたら……どうなる?』


そんな単純な思いから、出来上がりました。


サークルはね、他の方の作品も並ぶから、あんまり実験は出来ないけれど、

ここは私のしかないので、多少のわがまま、冒険は許していただこうと(笑)


リミットの二人は、元々上司と部下

サイダーの二人は、幼なじみ


本編の言葉遣い、口調も、それぞれのカップルで異なりますし、

亮介の表現方法と、ブンの表現方法は、また全然違います。

そう、キャラクターが違いますからね。

今回はそんなところを楽しんでもらえたら……と、思っています。


どこのお部屋に置こうかなと考えたのですが、こうなったら、『実験室』を作ろうと、

また、一部屋増えました。

(もちろん、リミット、サイダー、それぞれの部屋にも置いてありますよ)

『実験室』には、これからスタートする『ジョイント・ストーリー』も加わる予定です。


咲と亮介、ユンとブン、二組の 『幸せの足音』 はこちらから
                                      【ももんたの実験室】

コメント

非公開コメント

あぁ、それ面白そう・・・

と、直感的に思いました。
節々にあるイベントは同じで結果も同じ、最後のエンディングまで。
でも、キャラクターが変わったら印象も違う。
そういう物語も面白そうですね。

ジョイントストーリー楽しみにしております!

本は知らないけど、友人同士で小説リレーしてましたね。
あれは苦戦した・・・設定も何もない状態で、相手が書いたものを読み
その続きを書くというのを何人かでぐるぐる回す。
最後出来上がると、びっくり仰天名話になって大笑いした記憶があります。

いろいろと出来るよね

ヒカルさん、こんばんは!

面白そう! と直感的に思ってもらえたら、嬉しいなぁ。
そう、同じことが起こるとわかっていても、キャラが違えば印象も変わるはずなんですよ。


>本は知らないけど、友人同士で小説リレーしてましたね。

リレーかぁ……。私は他の人と組むのは、小心者なので、無理です(笑)。自分のことだったら、
どんなことをやっても、自己責任だからいいや! と割り切れちゃうんだけど、
人がからむと、とたんに自信がないの。

あぁ……どうしましょう

になるので。

びっくり仰天話、どんなお話だったのかなぁ……気になります。