思い出深く……

思い出深く……

クスッと笑える、いいテンポと、いいキャラクター



『ちびまる子ちゃん』の作者、さくらももこさんが、亡くなりました。

私がこの作品に出会ったのは、学生時代で、友達に『おもしろいよ』と言われて、

読んだのが初めてだった気がします。

それまで、自分が漫画を読む話の中心は、やはり『恋愛物』だったのですが、

それとは全く違う世界がそこにあり、子供でありながら、大人のような発想と、

ちょっとひねった笑いなど、当時はとにかく新鮮でした。


さくらさんの出身、『静岡』は、私の母の田舎でもあり、

親近感もあったからかもしれませんが、とにかくショックでしたね。


年齢の近さもあるのかな。

ここのところの訃報で、一番ズシンと来た人かもしれません。


人って、亡くなるんですね……

まるちゃんは、永遠に3年生だけれど……

甲子園100回記念に盛り上がった夏の終わり、

ちょっぴりセンチメンタルになった私です。


『もものかんづめ』、また読んでみようかな。



あなただから、すべてを知りたい……
私だけを、見続けて欲しい……『プレラブ』はこちらから







コメント、拍手、ランクポチなど、みなさんの参加をお待ちしてます。 (。-_-)ノ☆・゚::゚ヨロシク♪

コメント

非公開コメント