6 計画の溝 【6-2】

【6-2】


「東京の道は難しいですね、一方通行や細いところもたくさんあって」


清川さんは、車を走らせながら、こんな感想を述べる。


「清川さんは、東京にお勤めではないのですか」

「はい、今回、私も向こうから……」


清川さんは、蒼と一緒に神戸の本社から来ているのだと、そのときに初めてわかる。


「そうでしたか。トラックの出入りもあるため、
比較的うちは営業所を大通りに面するようにしてしますが。
その分、渋滞に巻き込まれることも多くて」

「あぁ、そうですよね」


清川さんは、口調がとても優しい人だ。

年齢も、私たちからすると、親世代に近いかもしれない。

バックミラーに映る蒼は、特にこちらの話を気にしているわけでもなく、

何やらファイルを見続ける。



『清川が下にいる』



蒼はあの時、こんなふうに言ったけれど、よく考えてみたら、

今日は『キタック』の営業所を巡る旅で、

社員の私がいるのだから、それほど慌てる必要もないはずだった。

私たちの話がまだ続いているから、5分くらい待って欲しいと言えば、

清川さんなら、『わかりました』と待ってくれそうな気がするのに。


清川さんが運転で、蒼が後部座席。


これが、二人の定位置と言うことだろうか。

となると、立場は蒼の方が上なの?


話に出した渋滞が名物の道路も、今日はそれほどでもなく、

私たちは『キタック』の各営業所を周り、雰囲気と特徴を話していく。

地図を見ながら、蒼は何か印をつけていた。





「美味しいね、これ」

「そうなのよ、新しいお店が出来てね」


今や『定期的』とも言えるようになった、女子会。

今日はみずなが、新しいお店を見つけたと言うことで、その料理を味わうことにする。


「エ、これ、業務用なの」

「そう。結構な量があるけれど、とにかく安いらしい」


みずなは未だにご両親と一緒に住んでいるため、

ご近所主婦達が連携し、こういった安売りのお店で食材を購入しているという恩恵を、

受けることが出来る。

そしてその恩恵をさらに受ける、私と藍子。


「どうなの? みんな、入社2年目を迎えるところですが。
何か楽しいことあった?」


藍子はみずなを私を交互に見ながら、『どうなの』を繰り返す。


「あった人から話せば?」


明らかにありましたという顔をする藍子に、まず話を振る。


「エ……やだ、気付いた?」


藍子は嬉しそうに、私とみずなを交互に見ると、

顔を赤くしながら彼氏が出来たことを報告してくれる。

年齢は1つ年上で、『今川』に出入りをしている業者の人だという。


「11月のはじめ頃だったかな。とにかく事務所の空調……その調子が悪くて、
変な音がしたり、急に冷えてきたり」

「壊れたの?」

「うーん、よくわからないけれど、彼の会社はメンテナンスをするところで。
まぁ、私が説明を聞いたり、逆に症状を話したりしていたの。
試しに動かしますから、しばらく待っていてくださいねなんて言われると、
つい、何か話さないとと思うでしょう」


藍子は、世の中で一番苦しいのは、『話したらいいのか、話さない方がいいのか』と、

オロオロする時間だと笑い出す。


「で、偶然、同じテレビを楽しみにしているって、そんな話をしていたら、
これがまぁ、意気投合してきて……」


藍子は、彼は別に見た目がかっこいいとかではないが、

一緒にいるととても安心できると、嬉しそうに話してくれた。

彼とは、お互いの会社で起こる出来事を話したり、上司の不満を話したり……


「『今川』なんてさ、昔から名のある特に変化しない寝具メーカーでしょ。
毎日、同じようなことばかりだなと思っていたのに、急に世界が変わったような……
そんな感じ」


藍子は、自分だけが浮かれて話していることに気付き、

急に二人はどうなのよと、真顔で方向転換する。


「いいよ、もっと話して」

「うん……」


私たちはもっと話しなさいよと藍子に声をかけるが、

藍子は、いいから次の話題だと照れはじめる。


「何照れているのよ、いいって言っているのに、ねぇ」

「そうそう、お話ししなさい」


みずなと私の言葉に、藍子は口をとがらせるようにしながら、視線を動かすが、

その場で両目を閉じ、首を横に振る。


「いえ、もういいです。次はみずな」

「どうして、話をしないの?」

「いいったらいいの。なんだか二人にからかわれているだけな気がする」


藍子は、今日は報告だけでと笑顔を見せる。

私は幸せそうな藍子に『よかったね』と言葉を贈ってあげた。


「私の話かぁ……藍子のような素敵な話はないんだよね。あ……」

「何?」

「ううん……全然違う話よ、ただ、そういえば」


みずなは『SANGA』がスポンサーになっているドラマの撮影が、

販売店内で行われたことを話し出した。


【6-3】



コメント、拍手、ランクポチなど、みなさんの参加をお待ちしてます。 (。-_-)ノ☆・゚::゚ヨロシク♪

コメント

非公開コメント