15 嫉妬心 【15-3】


【15-3】


栞は、閉店前に陽人からのメールを見た。

相手方がとても喜んでくれたと書いてあり、

自分の仕事が役に立ったのだと、どこか誇らしくなる。


「バケツ、全部洗いました」

「ありがとう、こっちもOK」

「はい」


華と片づけをしていると、お店の前にバイクが止まった。

ヘルメットを取る前に、栞にはそれが良牙だと言うことがわかる。


「良ちゃん……」

「よぉ、どうだ、足は」


良牙はヘルメットを栞に向かって放り投げる。


「お店は?」

「うちは年中無休じゃないよ、今日は休み」

「休み? あ、そうか」


良牙が自分を心配してくれたと思い、栞はヘルメットを持ったまま、前に出た。

良牙は仕事が終わったのなら、どこか食事にでも行こうと誘ってくれる。


「……うん」


栞はすぐに終わるからと良牙に声をかけ、さらに片づけをスピードアップさせた。





「ラジコン飛行機」

「別に特別興味があったわけではないけれど、気分転換というか……」


栞は、良牙の顔を見る。


「会ってませんから、多田さんとは」

「……そうか」

「うん……ちょうどというか、その飛行機の会で、足、怪我してしまって、
誘われているけれど、この2週、断って」

「そのまま断ち切れ」

「うん……」


良牙はメニューを栞の前に置く。


「どうした。まだダメか」

「そうじゃないの……そうじゃなくて……」

「なくて?」

「このまま逃げるようにするのは、悪い気がするから」


栞は、足を治したあと、一度多田と会うつもりだと、そう言った。


「会ったら、また色々と言いくるめられるぞ」

「言いくるめられるって……」

「そうだろうが、離婚はしない。家族は冷たいけれど守る。
その姿勢がある以上、お前のことなんて、思っていないことは明らかじゃないか」


良牙の言葉に、栞はなんとか微笑もうとするが、表情がこわばってしまう。


「だから、もう少し間を開けようかなと、考えたりして」


ウエイトレスがご注文は決まりましたかと、テーブルの横に立った。

良牙はメニューを開くと、ハンバーグの入ったドリアを注文する。


「おいしそうだね、それ」

「じゃぁ、もうひとつ」


結局、二人は同じものを注文し、ウエイトレスはその場を離れた。

栞は、メニューをめくっていく。


「で、ラジコンの体験は、どうだったんだ。足を怪我してしまって、
もうイヤだってことか」

「あ……ううん、違うの。そうは思わなかった。飛行機、飛ばしているときは、
確かに嫌なことも忘れていられたし、思い通りに動くと、
ちょっと楽しいと思えたりして」

「楽しいねぇ、あれが楽しいか」

「良ちゃん、やってみたことないでしょう。朱音だって家でやってみたら、
思っていたよりもおもしろいって、そう言ったよ」

「あいつも参加しているのか」

「ううん……していないけれど」


栞は、ラジコン飛行機をくれた陽人のことを思い出す。


「そのラジコン飛行機くれた人、お店のお客様なの」

「は? また……」


良牙は、斜めになっていた体を、前のめりにする。


「違うよ、花屋のお客様」

「……なんだ、そうか」


栞は良牙の態度がおかしくて、自然と笑顔になる。


「どうして笑う」

「良ちゃん、おもしろいんだもん」

「真面目に心配しているんだぞ、おもしろがるな」


栞は、陽人との出会いを身振りを入れながら語った。


「花の扱い?」

「そう。私の花束作りが見事だったって、それでいらないのにまた花束買ってくれて」

「ふーん」

「その後も、雨宿りの時に、おにぎりあげることになったりして、
なんだろう、ちょっとしたことで関わることが増えたんだよね。新堂さんとは」

「新堂さんっていうのか」

「うん……その人が、飾っているだけでもいいですよって、くれたの、飛行機」


栞は、おにぎりやお店のアイデアなどをもらったお礼のつもりで、

寄こしたのだろうと、そう言い、お冷に口をつける。


「ふーん」

「最初はね、『しなくら』っていう大手の社員さんだし、
なんだかおかしな出会い方ばかりだったから、話しにくかったけれど、
新堂さんも結構挫折したり、失敗したりする人で、
なんだかその姿を知ったら、すごく話しやすくなったの」


良牙は栞の穏やかな表情を見ながら、少し下を向き鼻の下を軽くこすった。

栞本人が、自分の感情の変化に、まだ気付いていないのだと思うとどこかおかしくなる。


「それで、お前はまた飛行機の会に参加する……と」

「うん。失敗したままじゃ、新堂さんに悪いし」

「そうか」


良牙が、足の怪我は癖になるから気を付けろよと言うと、栞は素直に頷いた。


【15-4】



コメント、拍手、ランクポチなど、みなさんの参加をお待ちしてます。 (。-_-)ノ☆・゚::゚ヨロシク♪

コメント

非公開コメント