7 恋するお弁当 ② 【7-1】

7 恋するお弁当 ②


【7-1】


『10万円』入りの封筒に対して、明らかに不満そうな大吾の顔。

なんだ、こっちは『金額が低い』と言いたいのか。


「その顔は、足りないと言うことか」

「違いますよ。あり得ないくらい高いです」



『高い』?



「高いですよ、そもそもなぜ10万なのですか」


大吾は、彼女が座っていた場所に座る。


「なぜって……」

「はい」

「高浜屋の聚楽邸弁当はいくらだ」

「5000円ですが……」

「だろ、前に食べたことがあったはずだ。うちの人数は12名。
かけたら6万。それに……消費税だと思って、お金を足しただけだ」

「消費税?」

「だから、区切りのいい金額にすれば、何か開店準備にと……」


あぁ、もう、どっちでもいい。

大吾から漏れた大きなため息に、俺はあえて胸を張って見せた。


「手作り弁当のお礼に10万円。それは、湊さんの感覚で考えることです」

「いや、だから……」

「だからじゃないですよ。尾崎さんにしたら、今の俺と同じように、
なぜ10万なのか驚いたと言うことです。手作り弁当に10万なんて考えません、
何かあるのかと、誰だって構えますよ」


大吾は、彼女が作る弁当は、そんな金額ではないだろうと言い始める。

しかし、俺にとっては『特上』のさらに倍くらいの価値も味もあったわけで。


「なら、松花堂弁当くらいにすればよかったのか」


あれは確か3000円。

そうか、まだ開店前だ、練習を兼ねてと言うことなら、

そっち路線でいけばよかったのか。園田がこの間、妙なことを言い出すから、

つい……少し対抗意識が……


「いえ、そういうことではないですよ。食べたことないですか、コンビニの弁当とか」

「……ない」


そう、そもそも外で弁当を買おうと思ったことがない。

PC前から離れ、食事の時くらい全然違う景色を楽しみたい。

どうして仕事と同じ場所で、食事まで済ませないとならないんだ。


「尾崎さんの『お弁当』という意識は、もっとリーズナブルなはずです。
コンビニ弁当と同等くらいの……そうですね、高くて600円とか、700円とか……」


600に700?


「おい、その値段で、いくつ作るつもりだ」


コンビニ弁当がそれくらいの値段で済むのは、全国にチェーン店を持ち、

工場で大量生産するからだ。おかずを全て自分で作るとなったら……


「ひとりでしょうから、100も作れるのかどうか」


700円だとしても、100で7万。

そこから材料費もあるし、光熱費もかかる。

店の中を借りるのだって、タダではないだろう。


「そんな金額で……」

「彼女の生活はそういうものだと、瑛士さんに言われてましたよね、湊さん」


コンビニの弁当を美味しいと思い、1500円の時給で文句も言わず、

生活していくという話。


「価値観を押しつけたらダメですよ。尾崎さんが困るだけです」


価値観の押しつけ。

俺のしたことは、そんなことなのだろうか。


「押しつけたわけじゃない。ただ……」


出来るのだから、出来ることをしてあげたいと思っただけだ。

違うと言った大吾も、辞めろと言った瑛士も、細かい彼女の事情など知らない。

尾崎さんは今、弁当の店を出すために、仕事を辞めている。

それでも日々お金はかかる。お金があって、邪魔なことはないはずだ。

俺がしていることは、彼女に押しつけることなのか。


「仕事を始める、材料費もかかる。だから……」


1を10にしてはダメだと、瑛士に言われた。

言い返したいのに、言い返せないような状態、さすがに言葉が出なくなる。



それなら、どうすればよかったんだ。

俺は別に……

この金額で彼女を縛るつもりなど、何もないのに。

そんなふうに思われたのなら……



「これ……下にいると思うので返してきますね」


百花は『東京タウンタウン』にいる尾崎さんに、タッパを返しに行くため、

『アチーブ』を出ていった。





『アズミルク』

飲むつもりで開けたのに、全然進まない。

10万円が失敗だと言うのなら、園田のように、彼女に対して味を見るなど言えない俺は、

どうすればよかったのか、誰か正解を教えてくれ……


「社長、これ」


戻ってきた百花から渡される、1枚のメモ。


「尾崎さんからです。先ほどは取り乱してすみませんでしたって」



『きちんとお話も聞かずにすみません。
お気持ちはとても嬉しかったので、それだけ受け取ります。
また、お弁当のお店が始まったら、ぜひ、買いに来てください』



「谷本編集長に謝られました」

「編集長に?」

「はい。取材の後、編集長が尾崎さんをからかったそうです。
社長が、尾崎さんの起業に興味を持ってくれているし、
応援してくれる気持ちもあるみたいだから、
思い切って、お店を出したいと言ってみたらどうだ……なんて言って」


百花の話だと、谷本さんが店先を借りるようなまどろっこしいことをしないで、

俺にスポンサーになってもらったらどうだと、彼女をからかったらしく。


「尾崎さんは、そんなことは失礼だからとすぐ否定したそうですが、
でも、ここへ来たら社長がお金を出してきたので、その話と色々、
ごちゃごちゃになったみたいですよ」


尾崎さんは、自分がお弁当を作ったことで、

逆に俺がお金を出さなければならなくなったのではないかと、気にしたという。


「社長はそんな人ではないですよと、話をして……。尾崎さん、頷いてました。
真面目なんですね」


百花の言葉を、聞き終えるか終えないかくらいのタイミングで、

俺は会社を飛び出した。尾崎さんに直接言いたい。

お金がどうのこうのではないことを。



今まではこうだった。

そう、お金をかけておけば、そこに心があろうがなかろうがそれなりに……



でも、あなたが求めるものが違うのなら……それを教えて欲しい。

俺はただ……

ただ、純粋に、あなたの『夢』の役に立ちたい。



エレベーターを待ち、たいした意味はないとわかりながらもボタンを連打した。


【7-2】



コメント、拍手、ランクポチなど、みなさんの参加をお待ちしてます。 (。-_-)ノ☆・゚::゚ヨロシク♪

コメント

非公開コメント