7 恋するお弁当 ② 【7-3】


【7-3】


「笑うな、そんなに」

「いやいや、笑えるぞお前。全くもう、女を追いかけるとか、気を引こうとか、
お前にしては慣れていないことをしようとするから、おかしくなるんだよ」

「気を引くとかじゃない。俺は純粋に、何か役に立てばと思っただけだ。
彼女は編集部で雑用をしている間、ビルの掃除を辞めたから、収入がないし……」

「あぁ、はいはい。そういうことか。ようは、彼女と園田の過去のつながりに、
ライバル心が目覚めて、で、自分もと。その金額を弁当代だと言われたら、
確かに構えるよ、普通」


『過去のつながり』

確かに、そこは大きかったかもしれない。

このままだと、何がまずいのかわからないが、まずいというような……


「あぁ、そんなつもりはなかった……と、すごく辛そうな顔をされた」

「ふーん」

「弁当代として払えば受け取りやすいと思った。
開店の準備をすれば予想外に出費もある。何かに使ってくれたらと、そう……」


彼女のための行動だった。

こっちの行動に向こうが驚き、でも、それも申し訳ないと謝られ、

結果的には、プラスマイナスゼロのような状態。


「そうか、お金、受け取らないのか。真面目な人なんだな、本当に。
ちょっと知り合いが何かをするとなったら、まぁ、俺もそれくらいは出すけど」


瑛士の言葉に、そこは素直に頷く。


「どんなことを言ってもきっと、受け取らないんだろうな」


近いし、楽になるよと手を差し伸べられても、彼女はそれを握らない。

自分の脚で、1歩ずつ進み確認することを望んでいる。


「あぁ……だから、『七王子バンク』のことも、自分からは言わないことにした。
でも、彼女が何かして欲しいと頼みやすいように、扉だけは開いておくつもりだ。
お金もダメ、先回りして手を出すのもダメらしいから」


『クローバー』の前で、雑談をしたように。

この人なら話が出来ると思ってもらえることが、今は必要な気がして。


「湊……」

「ん?」


瑛士は俺に話しかけたくせに、自分のグラスをじっと見ている。


「お前をそこまでにする人は、どんな人なんだろうな」


瑛士のどこか寂しそうな顔を見ながら、俺も自分のグラスを取る。


「商売始まったら教えてくれ。俺も買ってみたい」

「あぁ……」


大吾は自分の酒を作りながら、どんなメニューになりますかねと笑った。





尾崎さんの望むこと。

仕事をしながら、そんなことを考えていると、紗弓さんと約束をした土曜日がやってきた。

実家に戻ると、親父も参加することがわかる。


「そうか、紗弓さんが」

「まぁ、一度くらい出ておいてもいいかなと思って」


『七王子バンク』

俺にとって意味があるのはそこだけだ。

あとは仁坂家と地元の農家がどうタッグを組もうが、あまり興味はない。


「なんだか、お父さんの思惑通りに湊が動いている気がするけれど」


先日の続きだろうか、不機嫌なお袋の顔。


「紗弓さんのやろうとしていることに、湊が賛同しているだけだろう。
あれこれあるように言うな」

「お父さんが嬉しそうなのが、腹立たしいのよ」


揉めそうな両親は置いたままにして、俺は一足先に、会場へバイクを走らせる。

このあたりで一番大きな学校の体育館で、その会合は行われるらしく、

すでに色々な情報で、仁坂先生の登場を知る地元の人たちが、

少しでもいい席に座ろうとしているように見えた。


「あ……こっち、こっち、ほら若菜」



若菜……



名前に振り向くと、両肩に荷物を運ぶ、尾崎さんがいた。

その前に立つ女性は、知り合いがいたのか、急に立ち話をし始める。


「あら、どうも」


持っているあの荷物、何が入っているのかわからないが、そうとう重く見える。


「村井さん」


紗弓さんは、仁坂隆三よりも先に会場入りしていた。


「園田さんもいらしてますし、他にも……」

「すみません、後から行きます」


声をかけてくれた紗弓さんにそれだけを告げ、走り出す。

両肩に荷物を乗せた尾崎さんを、放っていくことなど出来ない。


「尾崎さん」

「あ……村井さん、こんにちは」


立ち止まって、頭を下げてくれていると思える彼女。

でも頭はあまり下がらない。それはそうだろう、荷物が見るからにキツそうだ。


「持つよ、それ」

「いえ、大丈夫ですよ、重いですし」


そうだ、重い。それはわかっている。だから持つつもりになっている。


「いいから」


片方を受け取ると、予想以上の重さがあった。

中身はかぼちゃだのじゃがいもだの、色々入っていて。


「これ、どこに」

「あの奥に……」

「あ、若菜、何しているの。さっさと運んでよ。こっち」

「はい」


どうして、そんなに身軽な状態でものが言える。


「あの人は……」

「叔母です」



叔母……



「今度、『ファームステーション』に、
花角のものも、出品させてもらうことになったみたいで。
で、今日は味見をしていただこうと」


あの女性が、叔母さんか。

確か、地元の農家に嫁いで、お父さんの妹と言っていた……


「ほら、若菜、早くこっち」


手でこっちこっちと合図をしてくるけれど、何をせかしているんだ。

両手が空いているのだから、そんなに急ぐのなら、自分で運べばいいだろう。


「貸して」

「あ……」


もう片方の荷物も、俺が持つ。

たったこれだけの時間の中で、彼女が『七王子』でどう過ごしてきたのか、

いや、今も、過ごしているのかがわかった気がした。

両肩にかかる荷物の重み。

男の俺でさえ、『重い』と思うのに。


「あら……」


荷物を届けると、明らかに『あなたは誰』という顔をされた。

別にあなたに名乗ろうとも思いませんけど。


「こちらでいいですか」


彼女の叔母さんは、尾崎さんに『人に持たせて何しているの』と文句を言い始めた。


【7-4】



コメント、拍手、ランクポチなど、みなさんの参加をお待ちしてます。 (。-_-)ノ☆・゚::゚ヨロシク♪

コメント

非公開コメント