14 守るべきもの 【14-5】


【14-5】


「数値も安定しているし、疲労だろうな」

「そうですよね、ありがとうございます」


『近江クリニック』の最上階、特別室。

去年、人間ドックをする時、この部屋に泊まった。

ここなら『ヴォルクスタワー』からも近いし、騒がしい音も聞こえてこない。

身体をじっくり休めるには、いい場所だろう。

診察した後、『少しここで休んでいて』と言われてから、尾崎さんは安心したのか、

ぐっすりと眠ってしまった。


「今日はたまたま私が外出せずにいたし、この部屋も空いていたけれど、
常に受け入れられるとは限らないぞ、村井君」


近江先生ご夫妻。

タクシーが到着した時間は、すでに受付が終了していた。

本来なら昼休みで、先生は外に行くことが多いのだが、来たのが俺だとわかり、

特別に入れてもらった。


「すみません、でも、ゆっくり休ませるにはここしかないなと……」


大きな病院だからとか、救急だからと言って連れて行かれても、

その後、入る病室は、どんなところになるのかわからない。

8人もいるような大部屋に入れられたら、

隣のいびきや歯ぎしりが気になってしまい、寝ることに集中出来なくなる。


「彼女は、お知り合い?」

「……まぁ」


関係性を聞かれると、それしか言えない。


「とにかく、ぐっすり休んでおけば、大丈夫だろう。
何かあれば看護師から『アチーブ』に連絡を入れるようにするから」

「はい」


近江先生に頭を下げて、眠っている尾崎さんを見る。

秋に仕事を始めてから、風の強い日も、雨が降っても、お弁当作りを続けていた。

その中で、真実など一つも無いビラが貼られる嫌がらせと、商店街からの嫌みが重なる。

どうすればいいのかと必死に一人で考え、奮闘し、なんとか年を越した。

それなのに、また新しい妨害が、彼女を叩こうとしている。



『七王子』に戻る。



彼女が納得して戻るのなら何も言うところではないが、そんなことはありえない。

しかも、花角家の、自分たちの新しい事業が始まるからという理由はなんだ。

どうしてそこに絡めようとする。

少し目を開けかけた時もあったが、よほど疲れているのだろう。

また、すぐに眠ってしまう。彼女を起こすのは悪いので、とりあえず廊下に出ないと。


『ゆきこ』に連絡を入れると、

女将さんが谷本編集長にも連絡を入れておくと、そう言ってくれた。



数冊の雑誌が入った棚と、テレビがここにはある。

まぁ、目覚めた後の時間つぶしは出来るはずだ。



だとすると……

足りないものはなんだ。



いつも業者への手みやげを頼む店に連絡し、

すぐに果物を持ってきてもらう手はずを整える。

メロンでも、イチゴでもなんでもいい。こういう時には『ビタミンC』。



……だと思う。



ん?



『阿部百花』

なんで百花から?


「もしもし……」

『社長! コンビニって言いましたよね。どこまで出かけているんですか!』


そういえばと思って時計を見ると、会社を出てから2時間近くが経っていた。





「『近江クリニック』に運んでもらった。あそこならここからも近いし」

「そうですか……」


百花に話すと、やはりストレスだろうと返された。

何がどうしてなどと聞かなくたってわかる。

尾崎さんの救急車騒ぎで、結局、食べ損なった昼食を食べるために、

俺は『ホテルヴォルビ』に向かい、遅めのランチを頼んだ。

美味しいお弁当を食べる割り箸ではなく、ナイフとフォークを使う。

見える景色は、冬らしく、どこかグレーがかっていた。





午後4時過ぎ『近江クリニック』から連絡が入った。

何が起きたのかと最初は驚いたが、尾崎さんがあれから目覚め、

『帰宅する』と言っているようだった。

確かに疲労だと言われ、病気とは言えない状態だが、

その疲労をしっかりとってもらうため、ゆっくり出来るようにとあの部屋を選んだのに。


どうしよう……

隣を見ると、大吾はいない。


「百花」

「はい」

「大吾はどうした」

「高村さんですか? えっと……あれ? 何も聞いていません」


珍しいな、あいつが行き先も言わずに出て行くなんて。


「ちょっと出てくる」

「またですか?」



また……



そういえばそうだな。



「だからちょっとと言っただろう。用事が済んだら戻る。急ぎなら携帯を鳴らしてくれ」


『近江クリニック』までは、ここから歩いても10分かからない。

百花の『本当でしょうね』という視線をあえて無視したまま、外に出た。





「すみません、村井です」

「あ……お願いします」


最上階まで向かい、部屋をノックする。

『はい』と声が聞こえ、扉を開けると、

立っていたのは、このまま出て行こうとしている尾崎さんだった。


「尾崎さん、まだ寝ていないとダメだろう」

「いえ、もう大丈夫です」


尾崎さんは『ご迷惑をかけました』と俺に頭を下げる。


「いや、迷惑だとかそういうことではなくて、先生は疲労だと言っていた。
とにかく休んでくれ」


そう言って部屋の中を見ると、届けてもらった『ビタミンC』たちは、

まだ、誰一人として、手をつけてもらっていない。


「果物、何も食べていないの?」

「こんな高価なもの、いただけませんから」

「いや、それは違うだろう」


食べて欲しくて、ここに持ってきたもらったものだ。

美術館じゃないんだぞ、見て終わりにしてどうする。


「本当に大丈夫です。たくさん寝かせてもらって、もう、体力も戻りましたから。
すみません、村井さんの前で倒れてしまったのでご心配をおかけしました。
お部屋の代金や治療費……あ、あと、タクシー代金も後からお支払いします。
全部いっぺんには無理かもしれませんが、なんとか……」

「そんなことはいい」


この費用をもらおうだなんて、思っていない。そんなもの必要ない。


「大丈夫ではないのに、大丈夫だと言わないでくれ」


扉に近づき、出て行こうとする彼女を引き寄せた。限界だとそう思った。

これ以上、『やたらにご親切な知り合い』でいられる自信がない。


「君から欲しい言葉は……大丈夫ではないんだ。いい加減、わかってほしい」


人を好きになるってことが、

相手を思うと言うことが、どういうことなのかわからなかったから、

それを、どうやって伝えたらいいのか……


でも、このまま帰してしまうことは、どう考えても間違っている。


「君が……好きだ」


32歳になっての『初恋』だろうが、おかしな表現だろうがどうだっていい。

そばにいて欲しい、そばにいたい。この人ならと、ただ、そう思って欲しい。

それだけで、思いを告げた。


【15-1】




コメント、拍手、ランクポチなど、みなさんの参加をお待ちしてます。 (。-_-)ノ☆・゚::゚ヨロシク♪

コメント

非公開コメント