21 今日という日 【21-5】


【21-5】


とりあえず、着替えを何か貸さないと。

トレーナーとか、そういうものの方がいいのかな。


「なぁ、こんなものでいい?」


スウェットやトレーナー、シャツなども出してみる。

サイズは大きいだろうが、今日は我慢してもらわないと。


「すみません、お借りします。どれにしようかな」


尾崎さんはクロのトレーナーとグレーのスウェットを取り、風呂場へ向かう。

数分後に首だけが、扉から現れた。


「笑わないでね」

「ん?」


出てきた彼女の裾や袖は、何度も折り返されている。

身長の差があるのだから、当然と言えば当然で……


「笑えるくらい、ブカブカです」


首筋や肩のあたり。

気にしながら整えようとする彼女。



笑える? いやいや、笑えないぞ。

なんだこの、『かわいらしさ』は。



ジャンプアップして、どこまでも連れて行きたい気持ちに歯止めをかける、

彼女の右手の包帯。

ここで怪我など気にせず、本能のままに飛びついたら、それはもう人間じゃない。



そう、人間じゃなくなるからな……



そう、ここは理性にしっかりガードさせる。

いいか湊。お前は32歳の独身男性だけれど、企業の社長だ。



「何がいい? 何でもよければ勝手に決めるけど」

「あ……この姿を、笑いたいから逃げるでしょう」



そんなことではありません。

むしろ、冷静でいられる自信がないから、本能の暴走をさけるために消えるわけで。



「手でも食べられるから、寿司でも買ってくる」

「すみません、ベルとおとなしく待ってます」


扉がパタンとしまり、『ふぅ』と息を吐く。

『男の少し大きめ』を着る女性か。

よく噂には聞いていたが、予想外の攻撃力だった。

洋服がないのなら、毎日、あの格好でいてくれていいのだけれど。

エレベーターのボタンを押すと、他に貸せる大きめの洋服はなかったかと、

あれこれ考え続けた。





『しばらくお休みします』



頑張ろうと決めた矢先に、こんな事故。

右手を怪我したため、商店街の気持ちを動かせたのに、

『なちゅあ』は、しばらく休業せざるを得ない。

今日は病院に行き、消毒をしてもらった後、それなりに着ることが出来る服を、

買ってくると宣言して出て行ったが。


炊飯器にポット。

いくつかの鍋や、それなりの調理器具。


せめて、ここでは好きなように過ごして欲しいから準備したいけれど。

自分で食事を作ったことがないから、何が必要なのか、全くわからない。

ここは彼女に全て任せた方がよさそうだ。





「うん、ここまではこれでいいと思う」

「ありがとうございます。でも、相手の要求とは少しずれている気がして」

「どこだ」


『かりん堂』の仕事で、岸川がポイントだと示した箇所。

確かに、要求は通してあるが、文字数を考えるとスペースが少ない。

商品が前面に出ないとならないので、削るのはどうしても文字になる。


「日本語だけとか、せめて英語がプラスくらいなら乗り切れますが、今回は数が多くて」

「そうだな」


情報量が多ければ、見た目よりも負荷がかかる。

俺が依頼主なら知識があるので、これでOKを出すが、

向こうはどう思うのか、先に進む前に、一度確認をした方がよさそうだ。


「大吾、『かりん堂』に連絡を取ってくれ」


大吾が岸川に連絡をすると、向こうから『わかりました』とすぐに返事が戻った。





携帯の店にも行き、事情を説明して新しいものも買ってくるとは言っていたが、

今日1日で全てが整ったのかどうか、わからないため、

その日は仕事を終えて、すぐに部屋へ戻る。

無言で鍵を開けて中に入ると、『美味しい』とわかる匂いが、すぐに届いた。


「お帰りなさい」

「あ……ただいま」


『おかえりとただいま』か。

一人暮らしばかりしていたので、『声』を出して入ることなんてなかった。


「料理したの?」

「しました。今日1日、私、すごく精力的に動けて。病院でしょ、それから服を買って。
で、それをリュックに入れたまま、携帯ショップ、一度荷物を置きに戻ってから、
さらに電気店」



尾崎さんの立つ横には、『炊飯器』



「これ、前から買ってみたかったから。思い切って買いました」


彼女の言う、炊飯器の良さがあるのだろうが、正直俺にはよくわからなくて。

でも……


「そんなに動いて、怪我は大丈夫なのか」

「大丈夫です。傷みも昨日より少なくなってますし」


とはいえ、まだしっかりと巻かれている包帯。


「もっと色々と作りたかったけれど、左手がメインだと時間がかかって。
今日は丼になりました」

「うん」

「お着替え、どうぞ」

「あ……うん」


自分の部屋なのに、イニシアチブを取られていて。

でも……


「ベル、ほら、キッチンでは足下に来ないでって言ったでしょう」


嬉しさの方が、数倍も勝っている。

部屋に入り着替えを出しながら、視線は自然とベッドに向かう。

昔から狭い場所が好きではないから、一人なのにダブルベッドだ。

瑛士や大吾から、色々と言われてきたけれど、この部屋に女性を入れたことは、

そういえば一度もない。

すぐ上に『ホテルヴォルビ』があるし、この部屋だけは自分のものだという、

意識が強かったのかもしれないが。

その場所に、来て欲しいと願う人がいるというのは、



やはり、それだけ彼女は特別だと言うことで。



作ってくれた食事が冷めないように、そこからは少し忙しく着替えをこなした。


【22-1】




コメント、拍手、ランクポチなど、みなさんの参加をお待ちしてます。 (。-_-)ノ☆・゚::゚ヨロシク♪

コメント

非公開コメント