22 未来への約束

22 未来への約束

深見家に小さな星が輝く日、東京本社では小田切が人事担当の大網と専務室の中にいた。

以前、塚田がもってきた茶色の封筒を差し出し、ソファーへ座るように指示をする。


「これが深見亮介の全てだそうだ。入社時からの成績が全て調べられている。
塚田は、自分が思っていた以上に、深見が優秀な社員だとここまで来て報告をした」


大網は、あの塚田さんが部下のために動いたのかと、驚きの声をあげる。

小田切はすぐにコーヒーを運ばせ、大網に顔を近づけた。


「確かに、これだけの社員を横へ逸らすのはもったいないな。
深見を評価している坂口専務の復帰も、ちらほらと噂になっている。
ここは……その実力ぶりを身近に評価できる場所へ、
異動させた方がいいのではないかと思うんだが……」

「評価……ですか」

「使える者は、使えるように磨かないと……損をする」


そう言うと小田切は塚田のファイルをもう一度開き、何やら笑みを浮かべながら読み続けた。





トラブルは思っていたより複雑にはならずに、敬老会のメンバーは元気に会場へ到着した。

遅れを取り戻すために、あれこれ手伝った亮介と太田は、やっと解放されて会場の外へ出る。

時間を見るとすでに3時を回り、咲の電話から4時間以上も経過した。


「太田、支店へ戻ろう」

「あの……、駅へ送りますので、そこから電車で向かって下さい。
車だと道路が混む可能性もありますし、それに……」

「それに?」

「深見部長が、後部座席で落ち着かないのを見ていると、事故になりそうです。
トラブルも無事処理できましたし、報告くらいなら僕だって出来ますから」

「あ?」


太田はそう言うと笑いだし、亮介を車に乗せ、最寄り駅へと向かった。

トラブルが無事済んだからなのか、それとも、亮介を送っていることの優越感なのか、

太田はハミングを車に響かせながら、順調に進んだ。

ナビで一番近い駅で降ろされた亮介は、後から必ず会社に戻るからと太田に伝言し、

仙台までの切符を買い改札へ向かう。


「深見部長!」

「何だよ」

「次にお会いするときは……パパですね!」


太田は背筋をしっかりと伸ばし、亮介に向かってそう言った。

ほんの何ヶ月前には自信を失い下を向いていたその顔は、しっかりと上を向き、

頼りがいすら感じてしまう。


「あぁ……」


亮介はその太田のセリフに笑顔で返事をし、1秒でも早い電車に乗るため、

足早にホームへ消えた。





時刻通りに到着した電車に乗り、亮介はすぐにでも外へ出られるように、扉の側に立つ。

景色は少しずつ流れ、緑の森に囲まれた病院が姿を見せ始めた。

ホームへ降り階段を下り、二人の待つ病院へと急ぐ。


「深見ですけれど……」

「あ、はい。奥様、少し前に分娩室へ入りましたよ。もうすぐ産まれるはずです」

「そうですか……」


産婦人科のある3階の奥に分娩室があった。前に置かれた椅子に座り、ただライトを見る。

なんとかここへ駆けつけたものの、出来ることは何もない。



『次にお会いするときは……パパですね!』



太田が笑いながら言った通り、次にここが開いた時には、自分は父親になっている。

そう思うと、どこかこそばゆくなるが、側にいてやれない咲がどんな状況なのか、

気になった。看護師に言われるまま、咲の荷物を分娩室から病室へ運び、また廊下に座る。



そして……それから1時間後、その瞬間は訪れた。





「もしもし、母さん? 亮介だけど。うん、やっと産まれた」


亮介は病院から外に出ると、横浜で知らせを待っている深見の両親へと連絡を入れた。

受話器の向こうにいる母は、お産が始まったことは、すでに咲から連絡を受けていたようで、

無事出産が終わったことに大きく息を吐く。


「ん? 女の子だった。小さかったよ……。うん、まだ咲は分娩室から出てこないんだ。
とりあえず報告だけ……。エ……あぁ、長野のお母さんにはもう連絡した。
よかったって泣いてた。何? あぁ、うん……少しだけ抱かせてもらった。軽くて驚いたよ」


横浜の母も無事咲が出産を終えたことに安堵し、何度もよかった……を繰り返した。

少し落ち着いてから仙台へ行くことを約束し受話器を切ると、亮介はすぐに分娩室の前へ戻る。

出産から2時間後くらいして扉が開き、車いすに乗った咲が姿を見せた。


「亮介さん……仕事の方、トラブル大丈夫だった?」

「うん……」


咲の頬は少し赤みがあり、額は汗を拭いた様子が見て取れた。

大きな仕事をした自分のことより、すぐに会社のことを心配する咲は、

やはり同じ職場にいた女性だと思いながら、亮介は看護師から代わり車いすを押す。

咲はまっすぐに進めば新生児室だと示し、亮介を導いた。


「なんだか病気をしたわけでもないのに、こんなことしてもらうの悪いわね」

「いいよ……頑張ったんだから。ベットに寝たままとかで出てくるのかと思ってたけど」

「ううん、そんなことないみたいよ。私の前にお産をした人なんて、3人目だって言って、
歩いて病室へ行ったもの」

「そうなんだ……」


空はすっかり日が暮れ、時計は夜の7時を回る。亮介の押した車いすは、

ゆっくりと新生児室の前へ進み、そこで止まる。

咲はゆっくりと立ち上がり、『深見咲』と書かれたネームプレートの下に、

小さな手をしっかりと握ったままの、新しい命を見た。


「もう立って大丈夫なのか? 咲」

「大丈夫よ……、ほら、あの子」

「あぁ……10か月経ったんだな、咲が守り続けて」

「……ほっとした」

「そうだな……」


隣の男の子は急に泣き出したが、二人の子供は全く気にならないように、ぐっすりと眠っている。

亮介はじっとその姿を見つめていたが、隣に立つ咲の手をつかみ、そして強く握る。


「咲……俺は会社を辞めないよ、たとえどんな部署になったとしても、そこが終わりじゃない。
自分の力で、必ず上がってみせる」

「はい……」

「苦情処理なんてとんでもないって気持ちも、どこかにあったけど、この子の顔を見たら、
そんな思いは吹っ飛んだ。泣き言なんて言えないよ」

「はい……」

「与えられた場所で、ベストを尽くすから」


咲はそう言った亮介の横顔を確認し、大きく息を吐いた。

たとえ亮介の場所が辛いところであったとしても、

最大限の努力が出来るように、自分も一緒に頑張ろうと心に誓う。


「あなたが一番、私はいつでもそう思っているから……」

「うん……」

「これからは3人で一緒だもの。この小さな力が、たくさんパワーをくれるはず」

「あぁ……」


亮介は咲に無理をしないように言うと、車いすに座らせた。

荷物を入れ準備の出来ている病室へ、ゆっくりと進み始める。


「会社に戻るんでしょ?」

「太田がさ、今度会う時はパパですねって手ぐすね引いて待っているかと思うと、
戻りたくないんだけどね」

「そんなこと言わないの。亮介さんのかわいい部下でしょ……」

「……かわいくなんかないな。うちのお嬢さんを見てしまったら……」

「それはそうだけど、比べるなんて変よ」





夜の色を見せ始めた夏の空に、輝く星たちが姿を見せ始めた。

病院の廊下をゆっくりと進む咲と亮介に、優しい光を送り続ける。


その広い空の中に、新しく産まれた小さな星が一つ、かわいい光を地上に送り始めた。




                            亮介の赴任先がわかるまで……あと185日



                                             リミットⅢ(終)



『リミットⅢ』


結婚した二人なので、あまりハラハラドキドキな恋愛模様ではないのですが、
ずっと短編でしかお届けできなかったので……。
深見家のチビちゃん誕生! を、こんな形で連載にしてみました。

さて、最後の数字ですが、
これはリミットの特徴になっています。(必ず数字が入るんです)、
みなさんも亮介がどこへどうなるの? は気にしてくださっていると思うので、
それはまた後ほど……とさせてもらいました。

どんな形になるのか、結果だけは報告しようと思っています。
その時、深見家チビちゃんのお名前も、お知らせできるでしょう。
二人の育児の様子も、セットでお届けしますね。

他の作品の感想の中に、『リミットが好きで……』とか
『リミットから読んでいます』と書いていただくことが多い作品です。
始めは、試練を乗り越えた二人が、互いの気持ちを告白する……。
そこで終わりになる予定だったのですが、いつの間にか、
子供が産まれるところまで進んでしまいました(笑)

私にとっても大切な作品なので、こうしてⅢを作ったことを、
受け入れていただけて、ほっとしています。

感想など、いただけたらとても嬉しいし、励みになります。
よろしければ、ご参加下さい。
最後まで、お付き合いありがとうございました。



ランキング参加中です。よかったら1ポチ……ご協力ください。

コメント

非公開コメント

No title

とうとう終わってしまいましたv-7

深見家の新しい命の誕生とともに、何だか幸せも運んで来てくれたみたいですね。

このシリーズ、それぞれの魅力をもった人たちばかりで、本当にずっと追い続けてみたいです。

いつのひか、続きがあると予言してくださってありがとうございます。

楽しみに待っていますね。

ほんわか、そしてたくましい

連載終了おめでとうございます(*^▽^)/★*☆♪
そして、かわいいあかちゃん誕生待っていました

赤ちゃんいいですね。自分の経験を思いだしながら、読んでしまいました。
私は、パパちゃんが仕事終えている時偶然出産していました。三人とも立ち会いでした。陣痛室内では、パパが付き添い、次第に強くなる腰痛の時、腰をぐ~っと押してもらっていました。それが一人目の時は下手でいろいろ指示したものです。三人目のときは、さすがに上手になり、誉めたのを思い出しました(^o^ゞちなみに三人目の名前は咲希です

……咲は、陣痛に一人で耐えたのですね。助産師さんが時々居たとしても、病気のこともあるし、母となるたくましさが垣間見えるました。それと同時に、ネックレスを握っていることで、亮介がそばに居る一人じゃないと信じれたのでしょうね。

たくましさは亮介にも感じられました。この子のためにもがんばらねばと、父性愛を感じました。

私も、リミットがももんたさんとの出会いです。あの咲がまた成長したなあ…と感慨深いです。次回いつか深見ファミリーに会えますね。赤ちゃんの名前も気になるし、仕事の方もいろいろ人間模様があるし、たのしみです。半年たったら赤ちゃんも大きくなっていますね。可愛いだろうなぁ(*^-')b

おめでとう♪

亮介&咲 赤ちゃん誕生おめでとう。

そしてももんたちゃん リミットⅢ完成おめでとう。

お話でも赤ちゃんの生まれる瞬間は
やっぱりドキドキしますね。
そして無事生まれたことがわかると
ホッとしてうるっとしちゃう。

このお話は一つ一つの区切りがそのストーリの終わりになっているのね。

付き合いの始まり
結婚
出産

どのお話にも二人の成長を感じられるし
何より強い結びつきを感じます。

これからももれてくるエピソードを楽しみにしています。

お疲れ様でした。

(^∇^*) いっぱ~いおめでとう

女児無事出産おめでとうヽ(〃^-^)/★*☆オメデトー
新米ママ本当にご苦労様でした
新米パパもトラブル無事解決し出産には間に合いました分娩室には入ったのかな?

パパはどんな部署に転勤になっても頑張る決意を表明
護るべき妻に、新たな可愛い娘できたんだもの新米パパは踏ん張り時ですよね。

亮介なら絶対やるだろうね、
優秀だもの。頑張り屋だもの。協力惜しまない友人沢山いるもの
ガンバ!(*゚ー゚)ノ"☆/;^-^)ノベシャッ~¥ミルク代、オムツ代¥かかるよ~~^^v

>「塚田は、深見が優秀な社員だとここまで来て報告をした」
ちょっと驚きですが、塚田が根性悪オヤジでなくて良かった・・・場合によっては人間性疑われるところでした。  誰から?って・・もちろん、ここに集う心美しきおねい様方ヨン

そしてお話ここで一区切りなのね。  イイモンイイモン・・(。_ _)シュン・・・我慢する
長らくの連載楽しかったです&有難う

カキカキφ(^∇^*) いっぱ~い♪ありがと♪(v^_^)v

おめでとう&お疲れ様

娘に激甘なパパになりそうだね、亮介。

亮介の赴任先…

待ってたら教えてもらえるのも嬉しいな。

このシリーズ大好きなので、この回で終わるのは寂しいけれど(ρ゚∩゚) グスン

ももんたさん、お疲れさまでした。

素敵なお話、ありがとう

おめでとう!ありがとう!

おはようございます!!e-454

深見ご夫妻、ご息女誕生おめでとうございます。
ちょっと畏まってお祝いを・・・。
そのくらい2人とも頑張りましたよね。

そしてなによりも、ももんたさんe-420「リミットⅢ」ご苦労様!e-420
ありがとうございました。e-466

赤ちゃんが生まれて区切りのいいところではありますが
亮介さんの今後や咲ちゃんの健康、赤ちゃんの名前、育児、亮介パパのデレデレぶり・・・
なーんて気になるところがいっぱいっです。
続きもあるそうなので、首を長~~~~~くしてまっています。

次の敵は、専務?
あの含み笑いが気になる・・・。

楽しみにしています!!!


     では、また・・・e-463

お疲れ様、ありがとう~♪

亮介さん、咲ちゃん無事赤ちゃん誕生おめでとう!

トラブルも片付いて
とにかく出産に間に合って良かったわ!

「与えられた場所で、ベストを尽くすから」
赤ちゃんを前に、新たな決意を固める亮介・・・

うんうん、絶対大丈夫だよ!
誰よりも自分を信じて付いて来てくれる咲ちゃんに
温かい仲間達!
そしてこれからは小さいけれど大きなパワーを送ってくれる我が子も居てくれる^^

何処へ行ってもきっと亮介さんならやってくれると信じてます!

亮介さんのために動いた塚田支店長
逞しく成長中の太田君!

二人とも良い方向に変わってきてるのに
相変わらずなのは小田桐だけか・・・
たぬきオヤジの意見を聞いて人事はどんな結論を出したのかしら?
・・・気になる亮介さんの処遇は、後ほどなのね^^

あぁ~それにしても赤ちゃんは女の子♪
亮介さん、きっとデレデレの甘~いパパになっちゃうんだろうなぁ~

赤ちゃんの名前や新米パパママの奮闘振り
楽しい報告が聞ける日を楽しみに良い子で待ってるね!

ももちゃん、本当にお疲れ様!
大好きなリミット、ありがとう~~☆

親ばか?

あー何だろう?よく知ってる近所の若夫婦が出産したみたいだv-308
待ち遠しかったし、凄く嬉しい。

早くも親ばか振りが見て取れますね。

「嫁にはやらない!!!」なんて言い出しそう(プ)

小田切専務、やはり侮れない上司です。
ベビーの名前と勤務先、早く知りたいわ。

No title

お疲れ様でした!

 ホームドラマじゃないんだけど、リミットは初めのこ

 ろからゆっくりと、読んでて、心が暖かくなるようで
 
 この二人が幸せになると、周りの人たちも幸せになっ

 て行くこのストーリー展開が良いのかな?

 きっと、赴任先の報告も聞ける事でしょうね

 楽しみに待ってます・・・

未来…

v-282おめでとう~~~v-315
いやぁ、産まれたねぇv-308
待ちに待った深見家のニューフェイス
いの一番に駆けつけようと思っていたのに
今頃になっちゃいましたぁv-389

リミットの最初は二人が“家族”になるまでお話が
続くとは思っていなかったからなんだか嬉しいですねv-218

未来…
亮介の未来、咲きの未来、そしてチビちゃんの未来…
それぞれの未来にはきっといろいろな事が待っている事でしょう
でもその先には“幸せな未来”が約束されていると思いますv-352

どうやら“リミット”はまだまだ未来があるようなので
また、会える事を楽しみにして待っています

ももんたさんもお疲れ様でした
少し休んで英気を養ってv-254
また素敵はお話をお願いしますヨンv-392

たどり着きました

hiroさん、こんばんは!

>このシリーズ、それぞれの魅力をもった人たちばかりで、
 本当にずっと追い続けてみたいです。

ありがとうございます。
ここまで長くなるとは、思ってなかったんですけど、
職場が旅行代理店だからなのか、エピソードは とめどなく作れそうな気がします(笑)

また、いつか……
深見家に会ってやってください。

咲希ちゃんかぁ……

milky-tinkさん、こんばんは!

>赤ちゃんいいですね。自分の経験を思いだしながら、
 読んでしまいました。

私も自分のことを思い出しながら、書きました。
でも、私のところは車いすなんて、貸してくれなかったですけどね。

>ゞちなみに三人目の名前は咲希です

おぉ! それは! 頑張り屋でかわいいお嬢さんなはず!

>私も、リミットがももんたさんとの出会いです。
 あの咲がまた成長したなあ…と感慨深いです。
 次回いつか深見ファミリーに会えますね。

はい、ここまで来たら、名前と勤務先はちゃんとしないといけないですよね。
すぐ……には無理ですけど、ちゃんとその後をお知らせしますよ。

また、2人……、いや、今度は3人に会ってやってください。

ひと区切りです

azureさん、こんばんは!

>このお話は一つ一つの区切りが
 そのストーリの終わりになっているのね。
 付き合いの始まり
 結婚
 出産

はい、カウント終了が、お話の終了になっているので、自然と区切られています。
これはもう、このお話の特徴なので、これからもこのまま……

>どのお話にも二人の成長を感じられるし
何より強い結びつきを感じます。

夫婦になりましたからね、ドキドキ感は減ったけれど、
もっと深いものが出せればいいなと……想ってました。

また、いつか深見家のメンバーに会ってやってください。

新米誕生です

ナタデココさん、こんばんは!

>新米パパもトラブル無事解決し出産には間に合いました
 分娩室には入ったのかな?

いえいえ、亮介は分娩室には入っていません。
病院に着いた時には、咲はすでに中でしたから。
ちゃんと廊下で待ってましたよ。

>ちょっと驚きですが、塚田が根性悪オヤジでなくて
 良かった・・・場合によっては人間性疑われるところでした。

あはは……塚田にも色々とあるんですよね。
家族のこと、出世のこと
でも、亮介と本音でぶつかって、得た物もあるんじゃないかと。

また、いつか……深見家に会ってやってください。

亮介のパパぶりは?

ゆき☆さん、こんばんは!

>娘に激甘なパパになりそうだね、亮介。
 亮介の赴任先…
待ってたら教えてもらえるのも嬉しいな。

こんなふうに、続きがあります! と、宣言するのも珍しいんですよ。
全てを解決させようとすると、話がぶれちゃう気がしたので、今回はここで区切りました。

ずっと追いかけ続けてくれている、ゆき☆さん。
また、いつか、深見家に会ってやってくださいね。

深見家

mamanさん、こんばんは!

>赤ちゃんが生まれて区切りのいいところではありますが
 亮介さんの今後や咲ちゃんの健康、赤ちゃんの名前、
 育児、亮介パパのデレデレぶり・・・
 なーんて気になるところがいっぱいっです。

あはは……そこまで気にしてくれて、嬉しいです。
全てを解決させようとすると、大変だったので、
今回は最初からここまでと決めてました。

もう少し、お待ちくださいませ。

ここまで長くなると思わずに、書き始めたものですが、
咲も亮介も、すっかり頭に生活している気分です。

また、会いに来てやってくださいね。

父になる時

バウワウさん、こんばんは!

>「与えられた場所で、ベストを尽くすから」
 赤ちゃんを前に、新たな決意を固める亮介・・・

父になった瞬間って、どんなものなのでしょうね。
私達女性は、お腹にいるからそれなりに感覚が
あるけれど、やはり男性は生まれて初めて
感じるものがある……そんな気がします。

>あぁ~それにしても赤ちゃんは女の子♪
 亮介さん、きっとデレデレの甘~いパパに
 なっちゃうんだろうなぁ~

あはは……。もう、最初から咲のお腹の中は
女の子だ! と私は感じちゃってました。
理由は定かではないのですが(笑)

あれこれ……の続きは、またいつか!
ぜひ、深見ファミリーに会いに来て下さい。

付き合い長いもんね

yonyonさん、こんばんは!

>あー何だろう?よく知ってる近所の若夫婦が
 出産したみたいだ
 待ち遠しかったし、凄く嬉しい。

yonyonさん、ここ爆笑!
そんなふうに感じてもらえて、嬉しいですよ。

>小田切専務、やはり侮れない上司です。
 ベビーの名前と勤務先、早く知りたいわ。

それはもう少しお待ち下さいね。
必ず、連れてきますので。

ホームドラマ

BABARさん、こんばんは!

>ホームドラマじゃないんだけど、
 リミットは初めのころからゆっくりと、読んでて、
 心が暖かくなるようで

ありがとうございます。
登場人物が多いので、ホームドラマ的なところも
あるかもしれないですね。
仲間達がいてこその、咲と亮介なので。

この後の気になるところは、また……
ぜひ、深見ファミリーに、会いに来てやってください。

未来はバラ色で……

Arisa♪さん、こんばんは!

>リミットの最初は二人が“家族”になるまでお話が
 続くとは思っていなかったからなんだか嬉しいですね

みなさんの励ましで、なかったストーリーが
ここまでたどり着きました。
もう、完全に咲と亮介は、私の頭の中で
生活してますので(笑)

>それぞれの未来にはきっといろいろな事が
 待っている事でしょう
 でもその先には“幸せな未来”が約束されていると思います

はい、私はいつも、どの作品でも
常にこのことを考えています。
何も問題がない人などいないし、他人から見たらどうでもいいことでも、その人にとったら、
すごく重要なことだったりするし……

そんな小さなこととかに、悩んだり、笑ったりする人達が好きなんですよね。

深見ファミリーにも、色々なことがありますが、亮介を中心に頑張って乗り越えていくことでしょう。

また、いつか、みんなに会ってやって下さいね。

>少し休んで英気を養って
 また素敵はお話をお願いしますヨン

ありがとう!
素敵……かどうかは微妙だけど、書きたいものを書ける場所があるのは、
とっても幸せなことですね

天使ちゃん

hujiyamaさん、こんばんは!

>ももんたさん朝から幸せです~女の子^^いいですね♪

なぜなのかわからないのですが、咲がおめでた! となった時から、
深見家は絶対に女の子だ! と思ってました。
そちらの天使ちゃんも、かわいいでしょ?

亮介……メチャクチャかわいがりそうな気がします(笑)

>大地君のその後もお願いします

あはは……そっちで来ましたか
うーん……

報告義務

yokanさん、こんばんは!

>赤ちゃん誕生の亮介さんの喜びに負けないぐらい、続編のお知らせが嬉しいわ。

ありがとうございます。
Ⅳとなるのか、短編なのかは、まだ決めてないんですけど、
名前と赴任先は報告しないといけませんよね。

その後……またいつか、深見家に会ってやって下さいね。

ほかほか

拍手コメントさん、こんばんは!

>私も初めから読んでいますので、子供が生まれて感無量です。今回も涙が溢れてきました。

最初から読み続けてくれていると、そんな気持ちになってもらえるんですね。
咲も亮介も幸せ者です。

>読み終えて、心がぽかぽかしました。

そういっていただけたら、私の心もホカホカします。

またいつか、深見家に会ってやって下さいね。

深見家バンザイ!

ももんたさん、連載お疲れ様でした。
今回も楽しく毎回読ませていただきました。

今回はハラハラ、ドキドキは少なかったですが、
読み終わった後の心が温まる感じは同じでした。

ぜひこの後の亮介&咲の子育て奮闘記も宜しく
お願いします。
楽しみにしています!
ありがとうございましたv-254

遅れまして・・・

お疲れ様でした。
無事にbabyが誕生して、また張り切る2人が
素敵ですね。

続編も心待ちにしておりますヨン!

読み心地

junjun55さん、こんばんは!

>今回はハラハラ、ドキドキは少なかったですが、
 読み終わった後の心が温まる感じは同じでした。

うわぁ……よかったです。
結婚したカップルの話なんて、ドキドキ感ないから
どうかなと思ったんですけど、ほっとしました。

この後の展開も、形は未定ですが、赤ちゃんの名前を含めて、
ちゃんとお伝えするつもりですので、また深見家に会いにきてやってくださいね。

新米パパ誕生です

yukitanpooさん、こんばんは!

>無事にbabyが誕生して、
 また張り切る2人が素敵ですね。

子供が産まれるって、気持ちが切り替わるきっかけになりますよね。
特に男性は、姿を見て初めて父になるような気がします。

続編……となるかはわかりませんが、その後は必ずお伝えします。
また、会いに来てやってください。

深見ファミリー

拍手コメントさん、こんばんは!

>咲ちゃん、赤ちゃん誕生おめでとうございます!
 深見家にまた幸せが訪れましたね。

はい、訪れました!
架空の人物ではありますが、深見家はしっかりと頭に生活しています。

この先のことも、いつだとは宣言できませんが、必ずお伝えしたいと思っていますので、
また、深見家に会いにきてやってください。
ありがとうございました。

お祝いが遅れました^^;

やっと生まれたんですね。おめでとう!
亮介パパはめろめろですね。これからもいろんなことが起きるでしょうが深見家は乗り越えていくことでしょう。どうぞお幸せにに~。

ももんたさん、お疲れさまでした。
リミットは当初から好きなお話です。なんか元気になるんですよ。ありがとうございます^^
これからも深見家の近況など聞かせていただければ嬉しいです。

深見家、おめでとう~♪♪

ももちゃん 遅くなってごめんね~
インフルエンザ騒ぎで、お誕生祝いが遅くなってしまいました^^;

赤ちゃんは女の子だったのね~♪
きっと…しっかり者の、可愛い長女になるんだろうね^m^
名前も、亮介さんの新しい異動先も気になるぅ~
また、続編が読めるのですね^^嬉しいです!

リミットも最初のⅠの頃に比べると
咲ちゃんが、すご~い成長していてしっかり者になっていて
亮介さんを支えてあげられるようになって頼もしいって感じます^^

彼女のママぶりも、亮介パパの奮闘ぶりも…また楽しみにしていますね♪

元気になってね!

kippycooさん、こんばんは!

>やっと生まれたんですね。おめでとう!
 亮介パパはめろめろですね。

はい、やっと産まれるところまで書けました。
亮介、めろめろに見えます? そうでしょうね、きっと。
女の子ですから。

>リミットは当初から好きなお話です。なんか元気になるんですよ。
 ありがとうございます^^

元気になるのなら、こちらもとっても嬉しいことです。
書く方も、読む方も楽しく! をモットーにしてますので。
深見家のその後、ちゃんとお届けしますので、お待ちください。


咲の成長

eikoちゃん、こんばんは!
遅れてなんて、気にしないで!
インフルを完治させる方が、重要だもの。

>リミットも最初のⅠの頃に比べると
 咲ちゃんが、すご~い成長していてしっかり者になっていて

そうですね、Ⅰは、仕事にも人生にもどこか甘かった咲が、
事故から起こる出来事で成長していく過程を書いたので、
今に比べたら、メチャクチャわがままです(笑)

亮介との出会いは、大きかったんだわ……

深見家のその後について、またお届けしますので、
ぜひ、見に来てあげてくださいね。

おめでとう!

リミットⅢ 完走 おめでとう!
亮介&咲 お嬢ちゃま誕生おめでとう!

ふたりが出会った頃、すでに「できる男」だった亮介・・・のように見えたけれど、彼のかたくなさは、咲によって柔らかくなったような気がします。

また、すべてにおいて自信がなく、いつも不安を抱えていた咲・・・のように見えたけれど、諦めない強さを秘めた女性だったのよね。
亮介によって、一歩ずつ前に進んでこんなにも強くなって・・・

このふたりが親になったんだね。
なんだか感慨無量だわ^^

家族ができたんだもの、働かなくちゃ!(笑)
どこにいっても全力投球の亮介だよね。

しかし・・・専務室のやりとり、いいですね~
狐なのか狸なのかわからないけれど、一筋縄ではいかないやり取りに、思わず頬が緩む^^v

人事の行方、赤ちゃんの名前
知りたいことだらけだわ!

いつか・・・ではなく、早めにお知らせしてね~^^

まずは、連載お疲れ様でした。

最後までありがとうね

>リミットⅢ 完走 おめでとう!
 亮介&咲 お嬢ちゃま誕生おめでとう!

ありがとう!!
まだ、問題を残しても終了だけどね。
まぁ、これがリミットなので、許してもらおう。

>ふたりが出会った頃、すでに「できる男」だった亮介・・・
 のように見えたけれど、彼のかたくなさは、
 咲によって柔らかくなったような気がします。

男の人って、若い頃より年齢を重ねてきてからの方が、魅力的だと思うんだよね。
顔もそうだと思うし……。
何かを乗り越えるたびに、それぞれに互いを思い合い、支え合った二人なので、
いい意味で変化したのでしょう。

>人事の行方、赤ちゃんの名前
 知りたいことだらけだわ!
 いつか・・・ではなく、早めにお知らせしてね~^^

ありがとう。
名無しちゃんじゃ困るので、ちゃんとしますね。