1 フリーワークの男達【1】

1 フリーワークの男達【1】


東京のとある場所の空の下。

全ての部屋を合わせて20ほどの小さなワンルームマンションの一室が、

彼らの事務所になっている。


高杉大和はいつものようにPCと向かい合い、得意先のデータと、

メンバーのスケジュールを打ち込んだ。

大学で知り合った坂本邦宏と、遊び感覚で始めた『フリーワーク』も、

いつの間にか8年の月日を重ねる。

始めは空欄とにらめっこをしていることが多かったが、

今ではそんな作業はほとんどなくなった。

大学生が趣味で作った会社だと甘く見られたものの、

小さな仕事を確実にこなしているうちに、得意先も少しずつ増え、

営業が得意な邦宏が外を回り、管理の出来る大和が事務所へ詰める形が、

自然に出来上がった。


仕事が増えた分は、自分たちの後輩を会員メンバーとして登録させ、

携帯でスケジュールをチェックし、空いている学生に声をかけていく。

そんな登録お助けメンバーも7人に増え、邦宏の幼なじみの靖史と、

バイト仲間の康哉を含め、『フリーワーク』メンバーは11人となった。


「はい、『フリーワーク』です。あ、笹本のおばあちゃん。何? どうしたの? 
ハヤトの散歩? うん……」


4年前から事務所兼、仮眠部屋であるワンルームマンションを借り、

ここを拠点として動き始めた。駅からもほどほどに近く、

24時間営業のスーパーは目と鼻の先にある。


「そうだなぁ……一番早くて、1週間後のお昼間かな。ん? それじゃ死んじゃう?
しょうがないなぁ、笹本のおばあちゃんだから特別だよ。
よし、俺のスケジュールをとことん詰めて、明日の朝一番でそっちに向かいます。
これでどう?」


向かい側のデスクに足を乗せ、女の裸が載っている雑誌をめくりながら、

邦宏は営業トークを繰り出した。わかりすぎるくらいの話なのに、

こんなふうに自分を相手にしてくれるのが楽しいのだろう。

笹本のおばあちゃんこと笹本イネさんは、買い物から犬の散歩、

そして庭の雑草抜きまで、色々なことを頼んでくる、『フリーワーク』の上得意先だ。

ほんの少しの世間話をつけた邦宏の電話は、それから3分後に受話器を置く。


「はぁ……金はあっても、寂しい婆さんだなぁ……大和。明日行くって言ったら、
声のトーンが変わるくらい喜んじゃって。なんだかさぁ、かわいそうな気になるよ」

「じゃぁ、料金割引でもすればいいじゃないか」

「うぅーん……いけずぅ。そんなことするはずないこと、知っているくせにぃ……」

「気持ち悪い声、出すなって」


邦宏は雑誌の綴じ込み付録の端を、ものさしで丁寧に開け始めた。

ピリピリという音が聞こえ、大和の視線も少しだけPCからそっちへ向かう。

男なら当然の期待感が、その雑誌の1ページに集中した。


「はぁ……低俗雑誌め、何がお宝フォトだよ、騙された! ったく金返せ!」


邦宏の叫びを聞いた大和は、一瞬だけ動かした視線を元に戻し、

打ち込んだデータを印刷し始める。

順調に紙が送り出されるのを見ながら、デスクの上に乗せてあった封筒を手に取ると、

上着を羽織った。


「邦宏、これから『サイクル』に行ってくる」

「はいはい、貴恵ちゃんによろしくお伝えください」


その言葉に、大和が思わずにらみ付けると、邦宏はニヤリと笑った。

山根貴恵(きえ)は『サイクル』の女子社員で、大和とはそれなりの関係が、

ここ半年ほど続いている。邦宏は綴じ込みページを1枚ずつめくりながら、

見えないものを見ようと、必死に誌面を動かし、何度もページを行き来させる。


「怒るなよ大和。そりゃ向こうからつきあって欲しいって言われたんだ。
俺だってOKするよ。貴恵ちゃんかわいいし……どうして睨むんだ」

「康哉が戻ってきたら、スケジュール渡しておけよ。あいつ、大久保工務店の支払金、
持っているんだろ」

「あぁ、そうだった。大久保工務店は康哉の縁で大きい仕事を寄こしたからな。OK!」


大和は部屋を出ると、そのまま駅へ向かった。全国でも優秀な大学として名高い

『成北大学』を卒業した大和には、それなりに大手の企業からの採用も予定されていた。

しかし、組織に入ることを嫌い、邦宏と会社を立ち上げた。



『大和君の好きなようにすればいいじゃないの』



安定した場所を避けたことを責めた父と違い、母は大和の意見を尊重した。

これまでも母には何かを反対されたことなどなく、周りには理解ある親だと、

そう言われ続けてきた。



『お兄ちゃん……』



年齢が10才離れた妹、女子高生になった美帆は何も躊躇なく大和をそう呼ぶ。

どこか素直になりきれない大和は、だんだんと家族の輪から遠ざかる生活を

好むようになった。





「こんにちは、『フリーワーク』の高杉です。城所社長はいらっしゃいますか?」

「あ……はい、すぐに呼びますので、お待ちください」


事務所の受付の女性がすぐに電話をかけ、大和は4階にある営業部へと足を運んだ。

『サイクル』との付き合いは、模様替えの手伝いを頼まれたことから始まったが、

大和がPCに強いことを知った社長が、企業PRのためにホームページを立ち上げ、

その仕事を個人的に頼むことになった。


「おぉ! 高杉君、忙しいところ悪いな」

「いえ……」


城所社長は今時珍しいくらいのパンチパーマで、

サングラスをかけると違った世界の人に見えてしまう。

しかし、気持ちは優しく、社員からの評判も上々の人だった。

社長はPC前に座り、うまく機能しない部分をあれこれ説明し始める。

そのPC画面に集中する大和の視線の隅に、一人の女子社員が入り込む。


「高杉さん、コーヒーこちらに置きますね」

「あ、すみません……」


綺麗に整えられた爪は、軽くつけられたマニキュアが少しだけ光り、

いつもの黄色いカップが大和の横に置かれた。

丁寧に頭を下げ自分のデスクへ戻ったのは、

『サイクル』で経理事務を担当する山根貴恵だ。


「ほぉ……そうか、そういうことか」

「はい、このボタンをお客様が押すことで、すぐに注文がこちらに届きます。
今までよりもさらに大きくしたので、見やすいのではないかと。
それにこれなら他のボタンに触れることなく、コメントも入ります」

「おぉ、確かに見やすい。いやぁ、ありがとう。高杉君の説明はわかりやすいよ。
PCオンチの私でも、すぐに理解できる。これならお客様が迷うこともないだろう」

「ありがとうございます」


大和はそう言うと社長の隣に腰かけ、貴恵が置いてくれたコーヒーを手に取った。

ミルクは入れず、砂糖だけをティースプーン半分くらい入れ、

少し濃いめに仕上げる大和の好みを、しっかり知っている。


大和は城所社長から、近頃の業界の動きなどを20分くらい聞いた後、

丁寧に頭を下げ、席を立った。

入り口から奥に見える貴恵の元へ、今日分の請求書と、先日頼まれた書類を渡しに向かう。


「お疲れ様でした」


そう言うと貴恵は手のひらを上に向け、大和の書類を受け取る態度を見せた。

手のひらを上に向けるときは、『今日、空いている?』のサインになっている。


「また、よろしくお願いします」


大和はそう言うと、人差し指と中指で請求書をつまむようにしながら、貴恵の前に出した。


『また、よろしくお願いします』というセリフは、OKのサインで、

親指1本を見せるように書類を渡すときは『食事だけ』、

人差し指と中指2本を見せるように渡す時は『部屋に行く』の合図になる。


「失礼します」


軽く頭を下げた大和の目に映ったのは、嬉しさを隠しきれない貴恵の、微笑んだ顔だった。





2 フリーワークの男達【2】


いつもありがとうございます。
続きがきになるぞ! の方は、よろしければポチしてください。


コメント

非公開コメント

おはようございます!

新作、一番乗りでしょうか?
少しばかり恥ずかしいv-398

どこにでもあるような、そし何気ない日常の中から創作って誕生するんですね。

またまた、こちらを覗く楽しみがふえました。
続きが気になりますね!

ナイショさんを返上です!
これからも頑張ってください!!

No title

こんにちは!!e-454

新しいお話ありがとうございます。

・大和君はなんで家族から一歩引いてるんだろう?

・明るくてお調子者そうの邦宏君もなんか抱えてる?

・貴恵ちゃんはどんな娘?2人のこれからは平穏無事?
 波乱万丈?

などなど???がたくさんで、これからが楽しみです。

登場人物が多くなるそうで、ついてけるでしょうかね。
しょっちゅう相関図見に行かなきゃならなかも、最近
頭のネジが緩んできたから・・・。

忙しくて、淋しい世の中になって来たから
便利屋さんの需要って結構あるんでしょうね。


     では、また・・・e-463

新作♪♪

新作、ワクワクドキドキv-238

しかし「フリーワーク」のメンバーが11人に「サイクル」の城所社長、貴恵ちゃん、笹本のおばーちゃん。
本当に出演者多いね~~

こりゃ何度も相関図を行ったり来たりだな(爆)

大和君のお母様は義理の母かな?妹とは血が繋がってない、と読んだ。(え?深読み杉?^^;)

若者の頑張る姿を楽しみにしています。

そこらへんの人達

アルバトロスさん、こんばんは!
一番乗り、ありがとうございます。
恥ずかしい……だなんて、言わないで。

私はとっても嬉しい気持ちです!


>どこにでもあるような、そし何気ない日常の中から
 創作って誕生するんですね。

私の場合は、そうですね。
いつも主人公達は、そこら辺にいそうな人達なので(笑)
セレブを書くことが出来るのは、いつになることやら。

ナイショさん返上、ありがとうございます。
お気楽に楽しんでくださいね。

相関図はもうすぐです

mamanさん、こんばんは!

すでに3つほどの質問が(笑)
しかし、それには今、どれも答えることが出来ません。
読みながら、それぞれの事情を、知ってください。

>登場人物が多くなるそうで、ついてけるでしょうかね。
 しょっちゅう相関図見に行かなきゃならなかも、

あはは……。しばらくは大丈夫ですよ。
頭がからまる頃までには、相関図も完成させる予定です。

>忙しくて、淋しい世の中になって来たから
 便利屋さんの需要って結構あるんでしょうね。

だと思います。
昔は近所づきあいとかが、盛んでしたけど、
都会はそういった感覚が、間違いなく薄くなっている……
そんな気がするんですよね。

大和の秘密

yonyonさん、こんばんは!

>しかし「フリーワーク」のメンバーが11人に
 「サイクル」の城所社長、貴恵ちゃん、笹本のおばーちゃん。
 本当に出演者多いね~~

あ、そうか。
『フリーワーク』は、主要人物4人だけで大丈夫ですよ。
そのうち2人は、今回出た大和と邦宏。
あとの二人のことについては、次回に出てきます。
貴恵とイネさんは……覚えておいて(笑)

とにかく、こんがらがる前には、ちゃんと相関図作ります。

>大和君のお母様は義理の母かな?
 妹とは血が繋がってない、と読んだ。(え?深読み杉?^^;)

いひひ……さてはて(笑)
それも徐々に知ってちょうだい!

それぞれの事情

yokanさん、こんばんは!

>大和君の家庭には何か事情がありそうだし、
 スタッフ11人それぞれに何か出てきそうですね。

『フリーワーク』は主要人物4人だけ、覚えてください。
大和と邦宏は、今回出てきていますし、
次回に残りの2人のことが出てきます。
読み進めていくうちに、なんとなく固まるとは思いますが、
こんがらがる前に、ちゃんと相関図、出しますからね。

……相関図、相関図……急ぎますので!(笑)

また新しい場面設定ですね

もう始まっていたんですね。^^

もう溢れる溢れるお話の数々。
とその想像力にただただ感嘆のため息。
やっぱり底なしだわ。^m^

フリーワークの男11人がそれぞれ出てくるのね。
こりゃ出演者が多いわ。^^
それぞれに特徴ある男達なんでしょうね。
大和君をはじめ、それなりに分けありそうな気もするんだけど。

うふっ、これからまた楽しみで~す。

新作、ありがとう♪

新作始まったんですね!

私も『フリーワーク』のメンバー11人!!
にちょっとビックリしたけど
↑・・なるほど、『フリーワーク』は主要人物4人だけで
後は貴恵ちゃんと笹本のおばーちゃんをまず覚えておけばいいのね^^v

恋のお話だけじゃなく
それぞれの『家族の想い』も絡んでくるようで
これからがとっても楽しみです!

こんがらがる前に相関図も待ってるね~~♪

病気なんです

tyatyaさん、こんばんは!

>もう始まっていたんですね。^^

あぁ……もう、すみません。
これは病気なので(笑)、適当につきあってやってください。

>フリーワークの男11人がそれぞれ出てくるのね。

えっと、『フリーワーク』の主要メンバーは4人です。
今回出てきた大和と邦宏。そして残り2人は次に……
11人は覚えなくて、大丈夫ですよ。

それなりの、わけありについては、のちのち……

家族と恋と

バウワウさん、こんばんは!

>恋のお話だけじゃなく
 それぞれの『家族の想い』も絡んでくるようで
 これからがとっても楽しみです!

はい、今回はそこに重要なポイントがあるので、
なかなか恋モードに発展していかないかも知れないですけど、
(あ、こんなことを言ったら、みんな嫌になる?・笑)
よろしくお願いします。

頑張ります

拍手コメントさん、こんばんは!

>大きな会社という組織もいいけど、
 自分で会社を動かすのも凄く魅力的だね(^O^)/

ありがとう!
楽しくなるといいんだけど、自分の中で出来ていても、みなさんのところにうまく届けられるのか(笑)
恋と、家族と、仕事と、友達と……。
ぜひぜひ、よろしくお願いします!

遅くなりました。。

ももんたさん、おはようございます^^

やっとここに来られました。

私は、ちょっと大和くんが羨ましいかなあ~
自由な立場で仕事をするということは
全部自分に責任がくるから大変だということはわかっているんだけれど、
素直に羨ましいなあと思います。
縛りだらけの中で仕事をしていると、ふと自由に仕事をしたいよな~
って、飛んでっちゃいそうになります~

って、お話の感想なんだかわからないことを書いてしまいました。

これは伏線かしら?!と横目でいくつかチェックしつつ、
これからの展開を楽しみにお待ちしてま~す♪

いえいえ、遅くないですよ

れいもんさん、こんばんは!

>縛りだらけの中で仕事をしていると、
 ふと自由に仕事をしたいよな~
 って、飛んでっちゃいそうになります~

あはは……。大和と邦宏は優秀な大学を出ているけれど、組織には入らずに、
あえて自分たちで会社を立ち上げているという設定です。
色々な人と直接関わりを持たせたくて、こんな形にしてみました。

れいもんさんが羨ましい……と思い続けてくれるのかどうか、
それはこれからにかかっているのかも(笑)

>これは伏線かしら?!と横目でいくつかチェックしつつ、

いいですねぇ、伏線を疑いつつ読んでもらえるのは。
次の2話で、主な4人の顔が揃いますので、お付き合いお願いします。

新作へ!

おはよう^^

気になっていたお話・・・
これからじっくりとお付き合いさせてね!

会社を立ち上げたいきさつから、大和の複雑な家庭が見えたような気がしたんだけど。

お客さんあっての商売だから、登場人物も多いでしょうね。
相関図、待ってます^^

貴恵ちゃんとの「手の合図」にニンマリ
大和、お主もやるな!^^v

高杉、坂本って・・・もしかしてフリー枠のメンバーの名前は幕末?^m^
(違ったらごめん~ん)

幕末なんだよ

なでしこちゃん、こんばんは!
ごめんね、1話から来てくれたんだ。
1話は短いくせに、回数だけは多いから、あまり気にせずに。

>お客さんあっての商売だから、登場人物も多いでしょうね。
 相関図、待ってます^^

出来てるんだけどね、もうちょっと待って。
今出しちゃうと、ネタバレになっちゃうの(笑)

>貴恵ちゃんとの「手の合図」にニンマリ

携帯で確認すればいいんだろうけど、貴恵はサインが欲しいのよ、
不安なんだろうね、なぜか……。

>高杉、坂本って・・・もしかしてフリー枠のメンバーの名前は幕末?^m^

そうです、幕末です! 正解!