4 言い過ぎの日 【4-1】

4 言い過ぎの日



「それで菜生、仕事はいいところあった?」

「うーん……まぁ、色々と情報はもらった。
気持ちが動いたら、連絡をくださいと言われたけどね」


母の隣に立ち、洗い終えたお皿を拭くと食器棚に収めていく。

『寿司幸』の湯飲み、また1つ増えたな。


「つまり、菜生の気持ちは動かなかったということ」

「ごめん」

「別に謝る必要は無いわよ。少しゆっくり探せばいいと、そう言ったでしょう」


予想のついた、母の優しい台詞。


「でも、ただ家にいるのもね、みんな働いているしさ」


理子も洋平も、もちろんうちの両親も鬼ちゃんも、そして、日本中の人達。

みんな社会人になったら、働いてお金を得るのが当然で。


「おい、菜生、携帯鳴ってるぞ」

「はい」


布巾を置き、携帯を見ると、相手は理子だった。


「理子だ」

「あら……」


私はすぐ、携帯を通話状態にする。


「もしもし……」

『もしもし、菜生? 今から行ってもいい?』

「いいけど、どうしたの」

『就職のことなの、もう決めた?』


理子は、私が東京から戻ったことを知ったおじさんが、

『もしよかったら』と、病院での仕事があると教えてくれたため、

それを話に来てくれるという。

私もカレンダーを確認し、理子に言いたいことがあったので、

『おいでよ』と受け入れた。



今日の曜日は、水曜日。



洋平が言っていた日曜日は、もうとっくに過ぎた。





「どうぞ」

「ありがとう」


家の中で話すのは、違う気がしたので、許可を得て工場に入る。

麦茶を2つ置き、小さな椅子を出してきて向かいあった。


「電話でも話したでしょう。高瀬病院の事務なのだけれど、
パソコンがある程度理解出来れば、仕事はすぐに覚えられるって」

「うん」

「もちろん、菜生の仕事だから、菜生が嫌なら無理にとは言わないよ。
父も、そう話していたし。通勤時間もね、電車が絡むと1時間くらいはかかるから」


理子のお父さんは、内科医だ。

昔は東京の大きな病院に勤めていたが、出世争いなどが嫌になり、

組織を離れようとした時、大学の知りあいから跡取りのいない病院を紹介され、

その病院ごと受け継ぎ、この街に暮らすようになった。

理子のお母さんは、当時、一緒に病院にいた同僚。

理子のお父さんと将来を約束し、一緒に着いてきた女性。

そのため、関口家は、親世代からずっと『七海』という家ではない。

でも、理子のお兄さん基(もとき)さんが生まれ、さらに理子が生まれる頃には、

『関口内科、産婦人科』はすっかり街に溶け込んでいて、

このあたりではなくてはならない存在だった。


「へぇ……こういうのか」

「うん。『ハローワーク』でもらってきた。何が嫌だとかではないけれど、
どれも気持ちが前向きに動かないと言うのかな」

「うん……」


理子は近くがいいのなら、

『配送センターの人が、この間人が足りないって言っていたけれど……』と、話す。


「配送センターって、市場の」

「うん。午前中は荷物を動かす体力勝負だけれど、午後は事務だって」


『体力勝負と言っても、重たいものは持たないと思うよ』と、

さらに情報を付け足してくれる。


「センターか……」


高瀬病院だと、確かに電車を使っても1時間くらいかかるけれど、

配送センター、あの場所なら、電動自転車で通えるな。

配達の助手と、事務……仕事内容はこんなところだろうか。


「うーん……もう少し考えてみようかな、ごめん、せっかくおじさんが話をくれたのに」


私は理子に向かって頭を下げる。

みんなが心配してくれているのがわかるだけに、

申し訳ない気持ちだけは大きくなってきて。


「そんなこと、謝らなくていいよ。菜生ちゃんが希望する職種ならいいけれどと、
父も言っていたし……」


希望する……か。

私の希望は……



『菜生さん……』



「菜生、どうした? 今、眉毛が動いたけど。何かあるの?」

「エ……あ、うん。ほら、この間話をした『目の保養』。芹沢椋さん」

「あぁ、うん」


私は『龍海旅館』で話をした後、偶然、『ドリームコイン』で再会したことを話した。


「『ドリームコイン』って、あの『三田島』にあるゲームセンター?」

「そう、急に現れたからビックリしちゃった」

「菜生がどうしてゲームセンターに? 就職を紹介されたの?」


理子は麦茶を一口飲む。


「違う違う、職安に行って、それで立ち寄ったの。
私、東京で『クレーンゲーム』にはまっていて……」


私と『クレーンゲーム』の付き合いが始まったのは、『東京』に出てから。

理子は『クレーンゲームって、アームでぬいぐるみとかを取るのでしょう』と、

手でアームの真似をしながら、応えてくれた。


【4-2】



コメント、拍手、ランクポチなど、みなさんの参加をお待ちしてます。 (。-_-)ノ☆・゚::゚ヨロシク♪

コメント

非公開コメント