8 サービス失敗

8 サービス失敗


夜は8時から朝9時までが比菜の時間だった。

『フリーワーク』は基本的に365日、仕事さえあれば動くため、曜日の休日はない。

始めの何日かは、仕事探しに動いていた比菜も、居候生活が1週間になる頃、

邦宏が事務所にいる時には、事務所の中で雑誌をめくり、ため息をつくようになる。


「難しいですね、仕事を探すのって」

「まだ、バイト見つからないの?」

「バイトなんてすぐに見つかると思っていたんですけど、案外苦戦してます。
時間的に短かったり、勤められる日数が限られていたり……」


比菜は岡山にいた頃、レストランのウエイトレスをしていたのだと楽しそうに語る。

邦宏はそんな比菜の話を聞きながら、1枚の注文書類をファイルから取り出した。

半年に一度、必ず電話がかかってくる、男性からの依頼だ。


「だったらさ、明日、これやってみないか? お墓の掃除なんだけど、
半年に一度、必ず頼まれるんだ。場所は……」


邦宏はそう言うと、また、得意のイラスト付きで地図を書き始める。

教師を退職した真面目なお爺さんが、半年に一度奥さんの墓を磨くのだという。

二人はとっても大恋愛で結婚して、子供もなく、

一緒に住んでいるネコが唯一の楽しみなのだと付け加えた。


「まぁ、基本的には雑草を抜いて、墓を拭いて、花を供えたりお線香をあげたり……。
墓のことで頼まれたことに関しては、出来る限り聞いてあげてください。どう? 
やってみる? これならすぐにお金が手に入ってくるよ。
基本的に金額の3割は会社側がもらうことになるけど……」


邦宏は料金表を取り出すと金額を指差し、比菜はやってみますと頷き、

地図と書類を手に取った。





比菜の初仕事の日は、日差しが眩しいくらいの快晴だった。

窓を開けていると、心地よい風が部屋の中を吹き抜けていく。

大和は『フリーワーク』のHPを更新しながら、画面の右下の時計が示す時を確認する。


「あいつ、現場には着いたのか?」

「あぁ……場所には着いたって連絡はくれたんだけど」


邦宏が壁にかけてある時計を見ると、仕事に出かけてからすでに3時間が過ぎていた。

あの程度の仕事なら現場に1時間もいることなく終了するはずなのに、

どこか別の場所へ行ったのだろうかと、邦宏は携帯電話を開け、比菜に連絡を入れる。


「もしもし……、今どこ?」

「あ、もうすぐ戻ります。車のお掃除も手伝っていたら、ちょっと遅くなりました」


比菜は、依頼人の三枝さんに約束通り墓地の前で会い、仕事を済ませたのだが、

駐車場へ戻った時に、汚れていた車が目に入り、

そのままそこで一緒に車の掃除をしたのだと、歩きながら語った。

腰を痛めていた三枝さんはとても喜び、その代金も追加で支払うと言ったのを、

断ったのだと報告をする。


「は? 車の掃除? 何やってるんだ」

「あぁ、俺がちゃんと言わなかったからまずいんだよ、まぁ、今回は……」

「邦宏、臨時だろうが急だろうが、あいつを行かせた以上、
やったことは『フリーワーク』の仕事なんだぞ、全く……お人好しにもほどがある」


大和はそう言うと、入力途中の用紙をテーブルに放り投げた。

自分が来ることを知りながら、会社のお金を持って逃げた康哉を信じ、

その代金を肩代わりしてまで、ここで待とうとする比菜のことを考えると、

これからも同じような失敗を繰り返すことは、目に見えていた。


「ただいま戻りました。坂本さん、駅前で移動メロンパンのお店が出ていたんです。
匂いがとっても……あ……高杉さんもいたんですか」


邦宏の名前を呼んだ時には、明るく高めだった声が、

大和の名前を呼ぶときには、明らかにトーンが低くなる。


「悪かったな、一応社員なもので」

「いえ、別にそういう意味じゃないんですけど、心が叫んでしまいました」


比菜は邦宏と大和が座っているテーブルの上に、メロンパンの袋を置いた。

たしかに焼きたての温かい香りが、尖っている気持ちに、

ふんわりと入り込み、勢いがそがれそうになる。


「これ、サインをいただきました。三枝さん、とっても喜んでましたよ」

「そりゃそうだよな、特別大サービスしてきたんだから」

「ん?」


大和の嫌みにも、意味がわからない比菜は、自分の分のパンを手に取り、

助けを出してくれそうな邦宏の方を向く。邦宏は袋からメロンパンを出し、

ほおばった後、書類に目を通す。


「何かまずいんでしょうか。私が仕事を終えて、手伝っただけなんですよ」

「まずいも何も……」

「いいよ、大和。俺が説明する」


邦宏は、感情的になりそうな大和を抑え、『フリーワーク』の仕組みから説明するからと、

比菜を椅子に座らせた。大和はちょうど鳴った自分の携帯を取りだし、

二人に背を向けるように話し始めた。


「もしもし……何? そんなに大きな声じゃなくても、聞こえるよ」


大和は、横で話しをする邦宏と比菜の声から逃げつつ、妹の言葉に耳を傾けた。





9 エールの封筒


いつもありがとうございます。
続きがきになるぞ! の方は、よろしければポチしてください。


コメント

非公開コメント

厳しいんだなあ~

プラスαを引き受けるのはいけないことなのね。。
邦宏たちのOKが必要だったのかな。。

比菜はいいことをしたと思ってるから凹むかなあ~
私なら凹むな~

おっと!大和の妹も登場するのね。
さ、人物関係図を見に行って、次回に備えます(笑)

生きるって難しい…オーバー?

こんにちは!!

比菜の対応の違いがあからさまなのがおかしい
怖いもの知らずみたいに「心が叫んでしまいました」
などと、はっきり言っちゃて・・・

これから先大丈夫か?いづらかったり、いやりづらかったりしないか?

こんな風な二人がくっつくのも面白いと思っちゃいました。貴恵さんごめんね・・・


雑用とサービスが仕事だからその上にサービスしたら
仕事になんないかもね

誰かが聞きつけて「うちにはそんなのなかった、うちにもサービスしてよ」
なんて言われたら大変だしな

当然だけど、仕事も人を使うのも難しいですよね

     では、また・・・e-463

仕事の範囲は?

比菜は親切でした事なのでしょうが、相手がそれを当たり前と受け取ってしまったら困るのは会社ですものね。
まだ慣れないから仕方ないけど・・・

邦宏君がちゃんと教えてあげるでしょう、誰にでも優しい。それはそれで心配だけど。

『相関図』はありがたい(^^)

サービス業って難しいね。

仕事である限りやっぱりサービス残業になるのかなぁ。
大和はそこのところ仕事は仕事とはっきり区別しているんだね。

邦宏は一応?お目付け役だから自分にも非があると考えるけど・・・
比菜のあからさまの態度の違い。
苦手な大和に・・・これってやっぱり身構えちゃうよね。

妹から電話・・・もしかしてちょっと手を焼く妹なのかな?^^

『相関図』の邦宏の家族がなかったんだけど・・・なんかある?

組織の決まり事

れいもんさん、こんにちは!

>プラスαを引き受けるのはいけないことなのね。。
 邦宏たちのOKが必要だったのかな。。

ねぇ、つい気持ちで引き受けたくなるところなんだけど、
それについては、次回、邦宏がちゃんと説明しますよ。

大和の妹も登場し、これから彼らの『家族の問題』へ話が進んでいきます。
人物相関図を見て、備えてね(笑)

比菜の本来の姿

mamanさん、こんにちは

>比菜の対応の違いがあからさまなのがおかしい
 怖いもの知らずみたいに「心が叫んでしまいました」
 などと、はっきり言っちゃて・・・

あはは……。住まわせてもらうことに決まったら、
比菜だってぺこぺこはしていないんですよ。
最初の登場でもそうですが、結構負けん気の強い女性ですから。

サービスの面は、線引きが難しいところがあります。
邦宏と大和、それぞれの違いも感じながら、
先へ、先へ、おつきあいくださいませ。

経営者の立場

yonyonさん、こんにちは!

>比菜は親切でした事なのでしょうが、
 相手がそれを当たり前と受け取ってしまったら
 困るのは会社ですものね。

邦宏と大和は、使われている身ではないんですよ、今回。
自分たちが責任を取らないとならないので、
自分勝手を許してはならないのです。

>邦宏君がちゃんと教えてあげるでしょう、誰にでも優しい。
 それはそれで心配だけど。

そうそう、そうなんですよ。
相関図、時々のぞいてみてね。人が増えるかもしれないよ(笑

邦宏のうちは……

tyatyaさん、こんにちは!

>邦宏は一応?お目付け役だから自分にも非があると考えるけど・・・
 比菜のあからさまの態度の違い。
 苦手な大和に・・・これってやっぱり身構えちゃうよね。

邦宏と大和の対応の違いも、楽しんでもらえるといいのですが。
比菜も、住むところが見つかったので、感謝の気持ちを邦宏だけに
感じています(笑)

>『相関図』の邦宏の家族がなかったんだけど・・・なんかある?

この先、出てきますが、まだしばらく出番がないので、書いてません。
(名前も決めてないの……・笑)

大丈夫だよ!

yokanさん、こんにちは!

>大和君の周りにたくさんの名前(@@)これから、
 これらの人も出てくるのか~複雑そうだわ^^;

常に出てくるわけではないので、名前が出た時に、『相関図』を活用してくださいね。

大和と邦宏。性格の違い、環境の違いで、こんなふうになっております。

妹登場!

比菜の性格が見えてきたわね。
おせっかいなのか、お人よしなのか、人を信じすぎるんだ・・・

大和の妹、あれ?異母兄弟だっけ?(って勝手に思い込んでます 笑)
電話が気になるので次へ!

大和のこと

なでしこちゃん!

>大和の妹、あれ?異母兄弟だっけ?
 (って勝手に思い込んでます 笑)

はい、そうですよ。
詳しくは『相関図』を参考にしてくださいね!
私も次へ!