12 未熟者 【12-6】


【12-6】


伊吹が立ち上がったのは、自分に対する怒りだと思い、

風は、この後、逆にまた辛い台詞が飛んでくるのではないかと、少し後ろに下がる。


「僕は……」


伊吹は、風が一歩下がったことで、表情が怒りから恐れに変わったことがわかった。

そして、あのときのことを今風に話して、『自分にもどうにも出来なかった』と語った後、

さらに困るのはどちらだろうかと考える。



『この世で一番嫌な男になる』



あのとき、強く心に誓ったのは自分自身だと、

ここでは何が起こっても、全て受け入れていくと決め、社内に入ったはずだった。

伊吹は、ぶつけられた言葉を全て受け入れるつもりで、もう一度席につく。

『怒り』で何かが発散されるのなら、あの時言い返せなかった気持ちが、

表に出ることで消えていくなら、自分は耐えていようと考える。


「すみません……」


風は、言い返してこない伊吹に、謝った。

『伊吹』といいそうになる口を一度閉じ、一度深呼吸をする。

どこで仕事をしようが、誰を選ぼうが、それは伊吹の自由になる。

こんなつもりではなかったと思っても、出した台詞は戻らない。

悠真に振られた自分のことを棚に上げて、その怒りまでプラスした状態で、

言いたいことを言うのは正しくない。


「ごめんなさい」


風は自分の言葉を前に出すことが、『必要とされていない』ことに気付く。

ここに伊吹を呼んだのは、兄の昴であり、『Breath』になる。


「今言ったことは、どこかに流してください」


今悔し紛れに言った台詞も、何もかも、忘れて欲しい。

風は一度息を吐く。


「私は何もない……未熟な人間なので……」


『森嶋社長のお嬢さん』

周りからそう呼ばれ、声をかけられていることが自分の全てだと思った風は、

『何もない』と自分自身を評価した。

『森嶋風』という人間の価値は、この家がなければ何もない。


「本当にすみません……」


思いを不完全な状態で言葉にするたび、平然と、仕事をすることはやはり無理だと、

風は自分の座る場所に資料を置くと、そのまま外に出ていこうとする。

こんなことを言うつもりではなかったのに、言葉が勝手に飛び出していて、

とどまっていると、さらに何を言い出すのか怖くなっていく。


「風……」


伊吹の声に、風の足が止まった。



『風……』



伊吹が自分の名前を呼ぶ声は、昔と変わっていない。



優しく……限りなく温かく……



「何もないって、どうしてそんなことを……」

「兄を、よろしくお願いします」


風は、会話を終わりにするためにそう言うと、部屋を出ようとする。

そして、もうここへ来るのはやめようと考えた。

自分から引き受けておいて無責任だとは思うが、心が着いていかない。

『幸せ』という文字から、自分だけがどんどん外れていくことが、辛くてたまらなかった。


「何があった……」


伊吹は思わず風に問いかけた。

辛く、苦しい表情をする風の8年間に、自分が知らない8年間に、

何があったのか知りたいと思ってしまう。


「あなたに、話をしてどうなるの?」


もう一度名前を呼ぼうとした伊吹の声を、遮るように風は言葉を押し出した。

伊吹は、当たり前のことを言われ、声が出せなくなる。


「惨めになるのは……もうたくさん」


伊吹は、風が営業部の代表として自らここに来たことで、

『前向きになってくれているかもしれない』と淡い期待も抱いていたが、

それが違うことが、今ここでハッキリわかってしまった。

傷は癒えるどころか、自分のせいでより深くなっている。

伊吹は、やはり、あのとき何が起きて、自分が別れを選択したのか、

ここで何もかもを語って謝るべきではないかと、そう思い始めた。

風は何も悪くない。誰に何を思われてもいい。



風の心だけを、守るために……



「風……」

「呼ばないで」


伊吹が立ち上がり、風の方に1歩出ようとした時、小会議室の扉が開き、

『販売促進部』のメンバーが戻ってきた。

互いに会話をしながら戻ってきたため、この部屋の中で風と伊吹が交わしていた話は、

耳に入っていないように見える。

伊吹は最後に入ってきた昴から、『部長からこっちに行けと言われたもので』と

予定が変更されたことを聞くことになった。


「すみません、行ったりきたりで。どうした風……何か忘れたのか」

「……ううん」


伊吹と風の間に、数名の社員が座り、話は続けられない状態になった。

風も出て行くタイミングがなくなり、そのまま席に戻ることになる。

資料が配られ、コピーボードの準備がされていく中、伊吹の視線だけは風を捉える。

風は一度も顔を上げることなく、会議の間、ずっと下を向いていた。


【12-7】



コメント、拍手、ランクポチなど、みなさんの参加をお待ちしてます。 (*´∇`)ノ ヨロシクネ~♪

コメント

非公開コメント