16 穴埋め 【16-1】


【16-1】


「風さん……」

「こんばんは」


メールの交換から数時間後、風は定時に仕事を終えて、

神部と待ち合わせをした駅前に到着した。

神部も『今週は、ちょうど仕事と仕事の間でして……』と、

すぐに会えるのはラッキーなことですと、自分の忙しさをアピールする。

風は愛想笑いを浮かべながら、どこまでも自分がトップに出てくる人だと考える。


「えっと……」


神部が自分が決めている店に向かおうとしている気がして、

風は『あの……』と声をかけた。


「神部さん、先に聞いてもいいですか?」

「あ……はい、何を」

「以前、私にはおつきあいをしている人がいると、お話ししたはずです。
メールでもあらためて書かせていただきました」


風は悠真と終わったことなど、あらためて説明することもないと考え、

また続いているという芝居をする。


「もちろん、結婚しているわけではないですし、こうして別の方と会うことを、
非難されるようなことはないでしょうけれど……」

「はい、そう思います。ですから僕も……」


神部はその通りだという意味で、頷いた。


「いただいた文面は読みました。
『会って比べる』、その通りだなという思いもあったので、それならばと今日……」

「そうですか」


風は周りに人が来ない状況を確認し、神部の方に1歩出ると、耳元に口を近づける。

そして、誤解されないよう聞き返されないよう、ゆっくりと言葉を送り出す。

風の言葉を聞いた神部は、驚いた顔で風を見た。





水曜日、伊吹は『梶木原』に配達へ向かう前、『カリポリ』に立ち寄った。

駐車場に車を止めて中に入る。

いつもなら、畑のどこかで水をやったりして動いている道佳の姿が見えないため、

事務所の方へ顔を出す。中を覗くように見てみるが、道佳はいない。


「どうした、何か困ったのか」

「あ……こんにちは」


声をかけてきたのは道佳の父、完太だった。

カレンダーを見て『そうか、水曜か』と笑い出す。


「あの……道佳さんは」

「道佳は今日、別の場所で仕事をしているんだ。『カリポリ』はここの他にも、
いくつかあるから。夕方には戻ってくるが……なんだ、あいつに何か用か」


完太は『俺なら空いているぞ』と、伊吹に両手を振ってアピールする。


「いえ、畑のことではなくて。前に、森嶋さんとここで初めて会って」

「おぉ……そうそう、昴と仕事を一緒にしているらしいな。道佳から聞いたよ」

「はい。道佳さんは僕に驚いてもらおうと思って、隠していたようなのですが、
僕が驚きすぎてしまって、それが逆に、困ったように見えてしまったのかと……」

「ん?」


完太は首を傾げる。


「あ、いや、また来ます。
とにかく、道佳さんに『こちらこそすみません』と沼田が言っていたことだけ、
伝えてください」


伊吹はそういうと、完太に頭を下げる。


「おぉ……伝えるぞ。忘れなければな」


完太はそう言った後、楽しそうに笑い出す。

伊吹は完太らしい返答だと思いながら、

『芽が出てきているので、水をやって帰ります』と言うと、

じょうろを借りて、水を入れ始めた。





そして金曜日、伊吹は『Breath』の販売促進部の会議に出席した。

お盆休みが終了してからは、初の会議になる。


「おはようございます」


いつものように、お互い挨拶を交わすと、

用意してもらっている小会議室に向かい席に座る。

伊吹が資料を出し始めると、他の部員も到着し、

お盆休みの前に、上司に借り案を出してみたこと、反応は悪くなかったが、

もう少し詰めるところがあると言われたことなど教えてもらう。


「詰めですか」

「そうです。いいたいこと、やりたいことはわかるけれど……と」


伊吹が社員から状況を聞いていると、昴が部屋に入ってきた。


「あ……沼田さん、おはようございます」

「おはようございます」


伊吹が何やら説明を受けていたので、昴は自分の席に座った。

伊吹は資料にチェックをし、自分の場所に戻ろうとする。


「沼田さん、昨日、道佳から連絡がありました。
わざわざ立ち寄ってもらってって。でも、あいつ嬉しかったみたいです」


昴は笑顔で頭を下げてくれる。


「いえ……配達の途中なので、わざわざではないですし、
気になっていたのは僕の方なので。あの後、お盆休みに入ってしまって、
すみません、遅くなって……」


伊吹が思っていた通り、道佳の反応を昴から聞くことが出来た。

完太は忘れずに、きちんと話してくれたのだということもわかる。


「おはようございます。営業部の金沢です」


そこに現れたのは、営業部の金沢という社員だった。


【16-2】



コメント、拍手、ランクポチなど、みなさんの参加をお待ちしてます。 (*´∇`)ノ ヨロシクネ~♪

コメント

非公開コメント