なぜかあるもの

                なぜかあるもの
            刃の向きが変わるんだろうね。逆の手で使っても、使いこなせないんですよ



この私、両親の話によると、幼い頃は『左利き』だったそうです。

その名残なのか、今でも歯ブラシ、消しゴムは左で持ちます。

そして、テニスや卓球のようなラケット競技も、左に持ってプレーします。


でも、鉛筆とか主だった物はちゃんと右に修正されたんですよね。

昔は今ほど『左利き』用のものがなかったから、親も大変だと思ってみたいで。

なので、こんな中途半端な私を含め、とりあえず、今現在、わが家は全員『右利き』です。


しかし、テレビ横のペン立てには、

もう何年も前からハサミが入っているんですよ、しかも『左利き』の。

父や母に聞いても、買ってきた覚えはないと言うし、パパさんに聞いても知らないと言われるし。

子供達に、お友達のものを持ってきてしまったってことはないかと聞いても、

そうじゃないと言われてしまって。

結局、誰も覚えがないのに、なぜかわが家にあるんです。


うーん……


空から落ちてくるはずはないし

  (落ちてきたら死んじゃうでしょ、凶器だもの)

ポストに入っていたはずもないし

  (そんなに恨みをかうようなことは、した覚えがない!)


未だになぞのまま、でも捨てられずになぜかそこにあります。

家の修理でもしてくれた職人さんが、忘れて行ったのかなぁ……。

誰か遊びに来てくれた人が、忘れて行ったのかな……なんて、あれこれ考えると、

使い道もないのに、捨てられない私です。




お話が始まっています。

じっくり読んでいきたい方は『碧い海のように』。

とりあえず笑っておきたい方は『リミット spin off』へどうぞ。


あ、もちろん、両方! という方、大歓迎ですよ(笑)








新しいお話がスタートしました。
よろしければまた、おつきあいください。



夏のちょっとしたお楽しみ リミット spin off
『国内旅行担当 紺田真紀 運命の3日間』
よろしかったら、おつきあいください。



小さな幸せ、大きな喜び!
励ましの1ポチ、よろしくお願いします。

コメント

非公開コメント

私の休み

なんだか暑くて身体が重い、ブログにコメント入れるのも中途半端でごめんなさい。

左利き用のハサミ、家の主人のか?
なんてね。
主人は左ききなので、右用のハサミだと上手く使えない。でいつも『このハサミは切れない!』と文句を言いながら使ってる。
自分の利き腕を忘れてるみたいだ・・・

その主人も夏休みも終わり、明日には
あちらに戻っていく。ハァ~~長かった。

これでやっと私の夏休みが始まる。

お疲れ様です

yonyonさん、こんばんは!
中途半端だなんて、言わなくていいですよ。
みなさん、夏の予定があるのだから。

出来る時に、出来る形でお願いします。

yonyonさんの旦那様は、左利きなんだ。
そう、右利き用だと切りにくいよね。
私が左用のを前に使った時、本当にそう思ったもの。

>その主人も夏休みも終わり、明日には
 あちらに戻っていく。ハァ~~長かった。

そうか……、妻仕事だったんだね。
たまだと疲れちゃうかもしれないわ、確かに。
夏休み、しっかりと取ってください(笑)