『碧』の家は?

              『碧』の家は?
               波の音が、のんびり聞けるような場所で、過ごしたいなぁ……



私の創作は『アパート創作』なのだそうです(笑)。

私自身がそう言ったことはないのですが、

よくいただく感想の中に、こんな言葉をつけてくれた方がいました。

その意味は、アパートに住むくらいの経済力の人達が、繰り広げるお話……なのだそうですけど。


なるほどなぁ……と思いつつ、いや、豪邸ものだって書いたことがあるぞ! と

(【again】という作品です)鼻息を荒くしましたが、

そう、あれも片方は豪邸でしたが、片方は公営住宅でした。


お金持ちにも段階があるのでしょうね。

全国で順位をつけられるくらいの方もいるでしょうが、

私にとっては、仕事をしながら時々見かける、大きな門から玄関が見えないお家、

もう、あれは完璧なるお金持ちです。(あくまでも私のイメージですけど)。

きっと、お部屋にはピアノ、車は外車、エビと言えば伊勢エビ! そんなところでしょうか。


『碧い海のように』に登場する新谷家は、

まぁ、この3つはクリアしている家庭というつもりで書いています。

でも、部屋が5つ以上もあるような家が、思い浮かばないの。

週末になると住宅情報のちらしが入ってくるので、よく見てはいるのですが、

そんな大きなお家、あんまり買う人も売る人もいないから、見本になるものがない!


BSで、結構放送される、『豪邸訪問』みたいな番組を見ながら、

頭の中で空想、妄想を繰り広げている今日この頃です。

家具だって『ニ○リ』じゃダメなんだろうね。

(わが家は結構、重宝させてもらってますけど・笑)



P.S 本日、無事、子供達の下着をゲットしました。夏休み終了が待ち遠しい母です(笑)






ちょっと意地っ張りの友海
そして、『碧』をめぐる恋の物語



夏のちょっとしたお楽しみ リミット spin off
『国内旅行担当 紺田真紀 運命の3日間』
よろしかったら、おつきあいください。



小さな幸せ、大きな喜び!
励ましの1ポチ、よろしくお願いします。

コメント

非公開コメント

豪邸なんていらない

『アパート創作』ナイスなネーミング。

でも凄くリアルで、身近に感じます。

今回の『碧い海のように』の友海ちゃんは
今までに無いビンボ・・・ヘヘ

何処までもその路線で頑張って欲しいな^^

友海さん

yonyonさん、こんばんは!

>でも凄くリアルで、身近に感じます。

ありがとう。
隣に住んでいるようだ……と言ってもらったこともあり、
そうか、そうなんだと納得した私です。
でもね、『豪邸』も書きたいの!(笑)

『碧い海』の友海は、貧乏だけれど、
心まで貧乏は女性ではありませんよ……

まだまだお話は、これからなので、
お付き合いお願いします。