つい、手にしてしまいます

                        つい、手にしてしまいます
              これほどまでに、見事な刈り上げの子供は、いませんねぇ……


夏休み終了を前に、今日は子供達を連れて近所の『理髪店』へ。

上のお兄ちゃんはもう、すべてOKなのですが、

下はまだまだくすぐったくてああでもない、こうでもない……なのです。


それでも、まぁ、少しは落ち着いている時間があって、

お金を払うだけの母はその間に、店の中にある数ある漫画のうち、

必ず『コボちゃん』を手にとって読んでいます。


わが家の新聞にも、毎朝載っている漫画なのですが、4コマですからね、

いつ子供の散髪が終了して、『お支払い!』となっても、


『あぁ……続きが読みたかった』


とはならないし、そんなに涙を流したり、逆にお腹が痛くなるほど笑えるわけでもない。

それでも読み終えた後も嫌じゃないし、なんだかほんわかとなっている、この漫画が好きですね。

そうそう、6月に妹が産まれたんですよ。ご存じの方も多いのかな?

まだ寝ているだけなんですけど、なんだかかわいいの……


小学校6年のお兄ちゃんには、新聞を読みなさい! なんて言っているくせに、

自分が一番最初に読むのは、いつもこの『コボちゃん』です。


息子よ……口ばっかりの母を、許せ(笑)






ちょっと意地っ張りの友海
そして、『碧』をめぐる恋の物語



夏のちょっとしたお楽しみ リミット spin off
『国内旅行担当 紺田真紀 運命の3日間』
よろしかったら、おつきあいください。



小さな幸せ、大きな喜び!
励ましの1ポチ、よろしくお願いします。

コメント

非公開コメント