今年のその日は……

                     今年のその日は……
               背景にお借りしているのは、【素材通り】さんの作品です。



もうすぐ、誕生日です。

私ではありません。私が応援している俳優さんの誕生日です。

(俳優のはず、ちょっと近頃ビジネスモードに入ってますが・笑)


実は、毎年、参加しているサークルで、誕生日になると、色々と作品を出し合っているのですが……

そう、どこか間の抜けた高校教師カップル、それを思い浮かべた方、いらっしゃいます?


考えて見たら前回の6話が1年前で、思い切り空を見上げてしまいましたが(笑)、

いやぁ……構想がしっかりとまとまらないのです。

ネタはあるのですが(ネタというか?)、あの話は、普通に終わることが出来なくて、

最後にオチが必要で(漫才じゃないのにね)。ですので、もう少し7話はお待ち下さい。

密かに待っています! とブロメをくれた方、もう少し時間を!!


その代わりと言ってはなんですが、別の作品をUPし始めました。

最初は前後編と思ってましたが、書いたら4話になりまして。


『彼を男性主人公に脳内変換して……』がコンセプトのサークルなのに、

今さらこの場で白状すると、あれこれ数は書いているくせに、

あまり彼自体を意識して書いたことはないんですよ。

読み手のみなさんが、想像力たくましくして読んでくれていますが、

言葉づかいから、性格から、ひっくりかえったように違う人物もいますからね。


でも、俳優だし、何でもこなせないとね!

と、自分勝手に自己満足してきた、何年間でした。


そんな私が、初めて『彼』を強く意識したのが、今回の作品『はーとふる』です。

でもね、意識したのは顔でも、声でも、性格でもなくて、『俳優』という職業なんです。

もう、青春なんてとっくに過ぎてしまった私の、ものすごく理想を込めた話(笑)


主人公は、前島史香(ふみか)、就職難から芸能事務所に潜り込んだ女の子。

そして、史香の恋のお相手は、人気俳優の日向淳平。


普通の、何も秀でたところがないように見える女性が、

なぜかトップスターに好かれてしまう……なんて、いいじゃないですか。

美人で才能のある女性が好かれても、『ふーん……』とウジウジしそうなので、

作品の中では思い切り、自分の理想、空想で書きました。


あ、いつもそうか(笑)


さて、二人はどんな恋模様を描くのか……ということで、中身はサークルで読んでください。

感想など、いただけたら嬉しいのですが……。



なお、誰でも入れる場所ではないので、

ブログで作品を楽しんでくれている方には、のちほどお持ちします。

脳内変換ですからね、誰に変換してくれてもOKです!

もちろん、ご主人でも!(これを書くと、いつも怒られるのだが・笑)





『TRUTH』も2話、UPしました(【可憐な花】と【春の夜】)。

まだ読んだことのない方、読み直してみよう! という方、お付き合いください。

TRUTH はこちらから






ちょっと意地っ張りの友海
そして、『碧』をめぐる恋の物語



夏のちょっとしたお楽しみ リミット spin off
『国内旅行担当 紺田真紀 運命の3日間』
よろしかったら、おつきあいください。



小さな幸せ、大きな喜び!
励ましの1ポチ、よろしくお願いします。


コメント

非公開コメント