あとがきさん……と 『お礼』 に 『お知らせ』

                   あとがきさん

                  どうせなら、悲しい涙より、嬉しい涙の方がいいよね


『ももんたの発芽室』 2周年記念創作に、お付き合いありがとうございました。

2週間、14話の長さで、みなさん途中で嫌になってしまうのではと心配しましたが、

話が進む中で、拍手の数などもUPし、反応が思ったよりももらえたことに、ほっとしてます。

さて、ここからはネタバレになりますので、まだ読み終えていない方は、

ぜひ、読み終えてから進んでください。


『涙のあとが消える前に』 は、こちらから …… 


読み終えた方は、右端の(more)から、続きへ入ってくださいね。



上の写真を見たとき、ふっと頭に浮かんだのは、

雨上がりの公園に、どこか下を向いている母親と娘の姿でした。

水たまりのせいかなぁ……景色が映っている、それが逆に切ない気がして、こんな内容になりました。


私の創作アイデアは、ママ友さんとの会話の中から拾ってくることが結構あって、

誠一のモデルも、そんなたわいもない会話の中から出て来たんです。


『仕事、仕事って言って、全く家のことはしないし、子供を見てって頼むと嫌な顔をするらしい』


実際、その人にお会いしたこともないので、どれくらいのものなのかはあくまでも想像ですけど、

今回も誠一のおかげで、一気に盛りあがってくれたような気がしています。


子供が産まれ、それを喜ぶでもなく、むしろ邪魔だというような扱いをされ、

藍は彼の元を飛び出しました。

最初は、ひとりで生きていくことの意味合いを自分に植え付けるためにも、

誠一が間違っていて、自分は間違っていない……という構図だったのでしょうが、

それが色々なことを経験し、別の人に思いを向けるようになり、

少しずつ変わっていきました。

『もしかしたら、私……』そんな気持ちが芽生えたのではないかと。



会社の合併、研究室が福岡へ行くこと……

そんなニュースを聞いた藍の気持ち、聞いた時期が違えば、また反応も違ったはずで。

そして、卒園式の日、思いがけない場所で再会した誠一


みなさん、それぞれに色々と想像してくださって、嬉しかったです。

藍の目から見た事実だけを書いて、実際の誠一の表情、姿は記していません。


たとえば……


福岡に行くことが出来ず、エリートから転げ落ち、東京にいる……ともとれるし、

福岡には自ら行かずに、藍ではない別の人と再出発……ともとれます。


それをどう想像するかは、みなさんにお任せしました。



今回は藍の語りだけで話が進んでいます。

これが誠一だったり、また那央(ナオ先生)だったりしたら、また雰囲気が変わるかも知れないですね。

……というのも、書きながら那央側から、誠一側から書いてみたい! 

いや、堀田さんで書いてみたいと何度思ったことか。(冗談じゃなく、本当に)


那央は、藍への気持ちがありながら、それでも何もなかったように過ごし、

トコ先生と友達の恋、他のお母さん達との会話……

心を隠している人ほど、色々と葛藤があったはずだし、

また、誠一には生い立ちの中にも、少しだけそうなってしまう原因もあり、

エリートならでは、逃げていく人を、どう追えばいいのかわからかった……

堀田さんもね、一見、うるさいだけの人に見えているけれど、

大勢をまとめていくって大変で、多少強引さもなければやっていられなかったり……

そんな表現出来ていない部分を、小さな脳みそをグルグルさせながら、考えてました(笑)


だからと言って、書き上げることは無理だと思いますけど。

(空想と、書き上げるのとは、また別なんですよ)




そうそう、昔、流行った、岡本真夜さんの『TOMORROW』という曲をご存じですか?

私、あの歌が大好きで、

特に『涙の数だけ……アスファルトに咲く花のように……』の最初のサビ部分。

今回は、この作品を書きながら、何度も聴いてました。

藍は、咲くことに懸命な花になっていたかな……



あらためて、『涙のあとが消える前に』にコメント、ありがとうございました。

初めて! の方も何人かいらっしゃって、また輪が広がったかな? と

嬉しく思っています。順番にお返事を書いていくので、お待ちください。

もちろん、これからでもOKです。書き込み、お願いします!


いつも、何かコメントを! と書くのですが、もちろん書けない方がいるのもわかります。

普段より拍手やランキングのポチが増えて、

みなさんの『なんとかアピールしたい』の気持ちが伝わりました。

このブログには、作品だけではなくて、書いている私に拍手! っていうのもあるんです。

こちらにも、たくさん拍手をいただきました。

毎日、数字が増えていくのが、とっても嬉しかったです。

お名前はわからないけれど、懸命な応援、心から感謝します!

今年も『ブログランキング』小説部門で、1位を取ることが出来ました。

今のうちに記念なので、しっかり保存しておきます(二次小説とBL物が強いんですよ……・笑)



そして、今回の作品で、『ももんたの発芽室』を初めて知った方がいらっしゃったら、

他の作品にも、ぜひ、触れてみてください。

何か、心にピタッ! とくるものがあれば、嬉しいです。



さて、明日からはまた『3歳!』を目指して、いつものブログに戻ります。

『創作3兄弟』(碧い海のように・TRUTH・はーとふる)とつぶやきです。

これからも、お気楽におつきあいください。


今日はとっても長い文章になってしまいました、すみません。

みなさんの限られた時間の中で、ここに来ることを選択してもらえて、本当に嬉しく思ってます。



……ありがとう!




小さな幸せ、大きな喜び!
励ましの1ポチ、よろしくお願いします。



コメント

非公開コメント

今さらながらおめでとうございます♪

ももんたさん、2週間お疲れさまでした。
ここしばらく日々に追われて書き込みできてませんが
毎日ちゃんと読んでいました。

私は、どうしても誠一の存在が気になって
どこかで誠一が変わるんじゃないかとかすかに期待していたのですが
誠一が藍にかかわってくることはありませんでした。

それが引っかかってたんだけど
今日、あとがきさんを読んですっきりしました。
悪者というだけではないとわかったので。。

これからも楽しみにしているので
ずっと書いてくださいね♪

ありがとうございました。

ももんたさん、初めてのメールだと思います。
初めての読んだリミットにはまり、それから次々と読んでいました。

スーッと私の心の中に入ってくるももんたさんのお話が大好きで、今回も喜怒哀楽や切ない気持ちを堪能させていただきました~!

いつか今回の続きもチョットで良いからみてみたいなぁ・・・
これからもお話楽しみにしていますね♪♪

おめでとう!そしてこれからも・・・


   こんばんは!!

 改めて、2周年おめでとうございます。

そして記念小説をありがとうございました。<m(__)m>

いつもどのお話でも、共感したり、泣いたり怒ったり、考えさせられたり
ほっこりしたり、いろんな感情を楽しまさせて頂いています。

たまに、それ違うんじゃない?とか、失礼な勘違いコメントをしてるかもしれませんが
3周年、4周年、5周年・・・とお付き合いさせて頂きたいと思いますので
これからもヨロシクお願いします(^o^)/
『涙のあとが消える前に』お疲れさまでした。

これから寒さも日々増してきますからお体大切にしてください。

    では、また・・・(^.^)/~~~

2周年&1位おめでとう

お、今度はアパートでなくて寮か?(爆)

何時も最後に元気をくれる創作に励まされながら毎日生きてます。

ランキングにも度々ポチさせてもらってます。
1位になってると自分の事みたいに嬉しいです。

これからも益々励んで!応援していきますyon♪

ありがとうございました。

ももんたさん、こんにちは。

二週間お疲れ様でした。
そして、一位もおめでとうございます。

いつもホロっとさせられるお話ばっかりで
あったかくしてくださってありがとう。

よくあんなに湧いて出るなぁ


私はあのあと誠一さんがどうなるのかなぁ。
って心配というか興味あるんです。

藍とあゆみに対してはいい夫、父親ではなかったけれど、
いつか彼も馬車馬のように働いて、
ふと、疲れた時に二人を思い出して・・・なんてことがあるのかなぁ。
(ある意味願望です)

↑こうして読んでみると、わ~いろいろなこと考えて書くんだね。って

>脳みそをグルグルさせながら
きっとももんたさんの頭は人の倍の速さでしょうね。

今回、初めて読むのが書くスピードに合ったわ。^^

ならばよかった

れいもんさん、こんばんは!

誠一のことが引っかかっていたんですね。
彼は……というコメントも、結構いただきました。
話の進め方が、藍の感情なので、
別れようと決めた以上、誠一に対しては厳しくなりました。
(もちろん、彼の態度は夫として、父親としてまずいと思うし)

でも、それだけじゃなかったはず……

その思いを持ってくれた方、彼なら当然と思った方、
それは読んでいる方、それぞれの思いだと……。

なので、卒園式の再会、
あの場所での誠一の細かい描写を避けました。
みなさんの想像で、思い浮かべてください。

よかった、スッキリしてもらえて(笑)

こちらこそ、いつもありがとう。
また、れいもんさんの
美味しいものや、楽しいもののレポ、
読みに行きますね!

コメント、嬉しいです

mihiroさん、こんばんは!

>初めての読んだリミットにはまり、
 それから次々と読んでいました。

おっと、それはここで?
それともサークルで?

でも、『リミット』から広がったんですね。
嬉しいことです。

楽しんで書いたものが、また皆さんを楽しい気持ちにさせたのなら、
これほど嬉しいことはありません。
ぜひぜひ、これからもお気楽におつきあいください。

初めてコメント、とっても嬉しかったです。
また、よかったら浮上してね(笑)

お疲れ様でした

yokanさん、こんばんは!

>この2週間、この作品を読むために必死でついてきました(笑)
 これからは少し余裕を持って読むことができるかしら~^^;

キャー! ごめんなさい。
ポンポン出て行くから、読む方が大変だと思います。
あの……お気楽に、気長に、お好きな時に、
お好きなものをと言うことで。
あまり、プレッシャーにならないでね。

登場人物の数だけ、物語がある……そう、そう思います。
誰の目で見るかで、違った展開もあると。

これからも、遊びに来て下さい。
私も、『ニュースなyokanブログ』を
楽しみにおじゃましますね!

話の花を咲かせましょう

mamanさん、こんばんは!

>いつもどのお話でも、共感したり、泣いたり怒ったり、
 考えさせられたりほっこりしたり、
 いろんな感情を楽しまさせて頂いています。

いえいえ、こちらこそ、いただくコメントに、
色々と楽しませてもらっています。
書くのって、大変ですよね。
本当にそう思うので……。

>たまに、それ違うんじゃない?とか、
 失礼な勘違いコメントをしてるかもしれませんが

いえいえ、ブログの内容はきっかけに過ぎません。
そこから話が広がること、これが楽しいのですから。
気にしないでどんどん広げて下さい。

ぜひぜひ、これからもよろしくお願いします。

平々凡々な人々

yonyonさん、こんばんは!

>お、今度はアパートでなくて寮か?(爆)

そうそう、貧乏な人達が私の頭でウロウロしてるの(笑)

>ランキングにも度々ポチさせてもらってます。
 1位になってると自分の事みたいに嬉しいです。

ありがとう。みなさんのおかげです。
ここのところ、急に上に上がったので、
なんだろう……とのぞいてくれる人達が増えてました。
(訪問者さんでお初の方が、たくさんいたので)

こちらこそ、これからも一緒にあそんでね!

誠一の葛藤

tyatyaさん、こんばんは!

>よくあんなに湧いて出るなぁ

うーん、なんだろうね。
頭が半分現実で、半分夢見状態なのかも。
だから、忘れ物をよくするのか?(笑)

>私はあのあと誠一さんがどうなるのかなぁ。
 って心配というか興味あるんです。

そうそう、tyatyaさん、想像、空想してください。
誠一もきっと、冷静になった時、藍とあゆみのことを考えたのだと思いますよ。

関わってこなかったのは、その方が二人のためだと
思ったのかもしれないしね。

あぁ、また、色々と巡り始めるぅ……(笑)

>今回、初めて読むのが書くスピードに合ったわ。^^

す、すみません……
お気楽に、適当に、お好きなものだけ……
つまんで下さい。
本屋さんのように、いつもその辺にありますので。
これからも、あっちこっちで、遊んで下さいね。