『JAM』の豆話(7)

                  『JAM』の豆話

               『JAM』も色々、創作も色々。お好きな『味』を探してください。 



『JAM』の第7話、最終話を、サークルにUPしました。

このお話を作ったきっかけは、最初に書いた通り、サークルが『1周年』を迎えたことです。

そうか、もう1年か……という気分の中に、なんだか色々あったなと、自分の想いが浮かび上がりました。


『1年』って言ってしまうと簡単そうなんですけど、続けていくってことは、とても大変なことですよね。

私もこの1年、色々な出来事があったり、

連載していた『TRUTH』をサークルからブログに移したり……と、

スタート当初の想いとはまた、別の想いが浮かんできたりしたこともありました。


でもこれって、おそらく読んでくれているみなさんにもあるわけで、

たとえば、仕事が忙しくなってしまったり、家族の事情で思うようなPCタイムが取れなくなったり、

また、気持ちが変わってしまって、PC前に座らなくなったり……。

時は、見えている人だけじゃなくて、自分から見えない人達にも、同じように進んでいるんですよね。


私は、自分が好きで創作を書いていて、好きでブログに載せているけれど、

おそらく、誰も読んでくれなくて、誰も反応をしてくれなくて……という日々が続けば、

気持ちが折れてしまったのではないかと思います。


色々な事情がありながら、それぞれの時の中で、

変わりなく楽しんでくれる人がいるってことは、とても幸せなことですね。


つぐみの父が、弟の慶太が『JAM』にこだわりを持つように、

私も自分の味を探しながら、書き続けられたら、

そんな『味』の中に、みなさんの好みがあれば、嬉しいです。


なんて色々とセンチメンタルに書きましたが(笑)、

これからもお気楽に、お好きな時間に、おつきあいください。

これからも、貧乏な人の話が多いと思いますけど(笑)


それでは最終話、よかったらサークルに飛んでくださいね。

他にも色々な方の作品(創作、画像、レポ)があります。

新しい扉を開けてみることも、また、楽しいですよ。

      







小さな幸せ、大きな喜び!
励ましの1ポチ、よろしくお願いします。

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは。
サークルで読み終えました。
いつもそうなのですが、ももんたさんの創作を読み終えると、心がほっとします。
幸せに向かうだけではなくて、何かほっとするんです。じーんとするような、あたたかい気持ちになれます。
これからも楽しみにしています、楽しんで続けてください。
コメント、あちらに書こうと思ったのですが、長くなると書きにくいのでこちらにしました。

どこまでも・・(迷惑か?)

続けることは大変です。
続かないダイエットで何時もそれを感じます。

一人の俳優を好きになって、あちこち巡って色々な人と知りい合い、今こうしてももちゃんのブログを覗いてる。
もう何年続いてる?凄いなーと自分に感心してしまう。

継続は力です。続けていって!付いて行くから!

楽しいことが一番ですね

あんころもちさん、こんばんは
『JAM』にお付き合い、ありがとうございました。

>ももんたさんの創作を読み終えると、心がほっとします。
 幸せに向かうだけではなくて、何かほっとするんです。
 じーんとするような、あたたかい気持ちになれます。

うわぁ……、この感想をうかがって、
私の心の方が『じーん』としています。
読み終えた後、また次も読んでみようと、
思ってもらえたらな、なんて。

>これからも楽しみにしています、楽しんで続けてください。

はい! 楽しんで続けます!(笑)
どうか、これからも、お好きな時間に、遊びに来て下さい。

迷惑だなんて、とんでもない

yonyonさん、こんばんは!

>続けることは大変です。
 続かないダイエットで何時もそれを感じます。

エ! yonyonさん、成功したんじゃなかった?
失敗続きなのは、私の方です。
近ごろは、取り組むことも忘れ、失敗すらしてません(笑)

>もう何年続いてる?凄いなーと自分に感心してしまう。

そうだ……そうですよ。
サークルにUPしてから、ずっとつきあってもらってるもん。
本当に嬉しいです。
yonyonさんのレスに、何度励まされ、笑わされたことか(笑)
これからも、ぜひぜひ、どこまでも……

バランスがね

yokanさん、こんばんは!

>弟君、やったね^^会社に怒鳴り込むなんて

いやいや、やりましたよ、慶太。
姉ちゃんのために、頑張りました。

>遠くはなれている人は今も変わらず同じ思いで暮らしている。。。

そう、つい見えているものを見るだけで、
精一杯になるんですよね。
和馬は、慶太の怒りで、そのことに気付きました。

彼のファン(私達)も色々と変わっている。
もちろん、彼も変わっている。
でも、変わらない部分もある。

どうも、そこら辺のバランスが、
近ごろずれている気が私もしています。

難しいですね……