歳末だ! よし、『3兄弟大宣伝祭りだ!』(2)

                夏です、海です、碧なんです!
               書くのは楽しいんだけどね、読むのは大変だと思うのです。


自分の干支が終わってしまうのは寂しいと、今朝、突然言い出した息子(小学校6年生)。

そんなかわいらしいことを言おうが言いまいが、

机周りが汚くて、じぃじに怒られて泣こうが、時は確実に過ぎていくぅ……(笑)


と、いうことで、今年も残り、あと2日です。みなさん、『山ごもり』いや、

『正月ごもり』の買い出しはお済みですか?


……あ、どうしよう……と思ったそこのあなた、大丈夫です。

今は昔とは違います。『コンビニ』もありますし、

いざとなったら、ネットで宅配もありますので(笑)

とまた、関係ない話をした後ですが、本題へ。


勝手に始めた『3兄弟大宣伝祭り!』の2回目

『碧い海のように』

になります。


こちらは、サークルにも連載中なので、そちらで読んでくれている方も多いのかな……と

思っているのですが。すでに向こうでは30話まで行きました。

『長いのね……』と思われるでしょうが、実は、お話的にはまだ、半分くらいしか進んでいません。


エ! と叫んでしまったあなた、すみません……

なんだか、近ごろ、1作品が長くなる傾向にあるようです。





しょうがないなぁ……と温かく広い心で、お願いします。




さて、あらすじですが、ガソリンスタンドに勤める、ちょっと意地っ張りの友海が主人公。

そして両親の想いを抱え、母の実家、『SI石油』へ入ってきた航(今さらですが読みは『こう』です)。

この二人を中心に話が動きます。

最初は互いに主張し合い、それがずれていたところもある二人ですが、

航の探していた『碧い海の絵』を友海が持っていたところあたりから、変わり始めます。

そして、友海の過去を知り、互いへの気持ちに気付き始め……。


実は、ここから話の展開が大きく変化します。

今までは、友海と航を中心とした小さな輪が『天神通り商店街』という場所で動いていましたが、

周りを囲む人々が動き出し、伏線が重なり出し、それが大きな輪を生むことになるんです。


長編ってね、登場人物が多くなるんですよ、どうしても。

少ない数だと広げられる話題も限られるし。

メモには矢印がたくさん引いてあって、それぞれのキャラをつないでいます。

読み手の方には大変だと思いますけど、相関図もありますので、

確認しながら、さらに広がる輪に、おつきあいいただけたらなぁ。




……いや、いただきたいなぁ(笑)




友海が過ごした思い出の海、それは『伊豆』の設定になっているのですが、

私の頭の中では、3カ所くらいの海が、色々混ざっている状態で思い浮かべています。

海って好きですねぇ。

見ているだけでもいいし、黙って音を聞いているだけでも、本当に癒されるので。

父が釣り好きだったのと、親戚が海のすぐ近く(箱根駅伝でもよく出てくる場所)なので、

小さい頃は、よく泳いでました。


でも碧くなかったな、ちょっと黒に近い?(笑)


旅行で見た、日本海はきれいでした。

でも、ちょっと波が荒くて、演歌を想像してしまったけど(笑)


……と、話が大きくそれてますけど、ようは、もう少し話が続きますので、

どうかおつきあいくださいと言うことです。

貴重なお時間、おつきあいいただき、ありがとうございました。

ではまた、明日。






   
いいよねぇ……経営者の息子、そう、お金持ちとの恋、人生で1度だけでも経験してみたかったよ……私(笑)
『碧い海のように』は【26 守るべきもの】まで更新中




小さな幸せ、大きな喜び!
励ましの1ポチ、よろしくお願いします。
 

コメント

非公開コメント

ぎゃお~^0^

ももんたさん、まずこのネコのお顔にビックリ~
ん~、かわいい!のどをごろごろしてあげたい~

私も珍しくホントの大掃除をしています。
昔の服を思い切ってばんばん捨てることにしました。
大きなゴミ袋4つ分♪
クローゼットがちょっとスッキリしました~
物って増えるんですよね。

『碧い海のように』は中盤といったところなんですね。
そうですよ!まだ終わりが近い感じはしません。
では、まだまだ楽しめるということですね♪
どこまでもついて行きますよ!

明日も楽しみにしております!

読むのも楽しい♪

まだ半分?大作なのね。

航と友海、海人と聖そして多恵。 それぞれがそれぞれの思いを抱いて
どこに行き着くのか?

ますます続きが楽しみ。

書くのも楽しいですが、私は読むのも大好き!

他の方のコメントも興味深い。 自分とは違った捕らえ方してると特に・・

来年もその次もずっと・・・楽しませてくださいね。

良いお年をお迎えください。

捨てないとね

れいもんさん、こんばんは!
うわぁい、やはりネコに反応してくれましたね(笑)
あぁ、tyatyaさんがお留守なのが残念です。
いいでしょ? 私、犬派なんですけど、
あまりにも……で、連れてきました。

>昔の服を思い切ってばんばん捨てることにしました。

あぁ、そうそう、ありますよね。
私は、子どもの服を、捨てました。
あっという間に大きくなって、
男兄弟なので、二人で着たんですけど、
それでもまだ着れそうなものもあったり……

何年もそのままに。

でも、どんどん増えていくので、
今年は捨てましたよ!

>『碧い海のように』は中盤といったところなんですね。
 そうですよ!まだ終わりが近い感じはしません。

はい! 終わりません。
ありがとう、来年も、お気楽におつきあいください。
私も、れいもんさんのレポ! 待ってます。

お世話になってます

yonyonさん、こんばんは!

>まだ半分?大作なのね。

大作じゃないのよ、長いだけなの。
色々な要素を混ぜてしまったので、
それを解決していかないとね。

>書くのも楽しいですが、私は読むのも大好き!

読むのが好き! のyonyonさんに、
支えられている発芽室です。
こちらこそ、来年もその先も、
ずっと、ずっとおつきあいください。

良いお年を!